スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

青沼潤ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

南部アフリカに負けず劣らず!!

2017年03月03日

マサイ・マラでは様々な草食動物たちが、仲良く暮らしています!(8月青沼撮影・イメージ)
2016年度から2017年度にかけて、JTBグランドツアーでは
南部アフリカ方面ツアーのお申込みが絶好調です!

例えば・・・
◎4/29(土)発、5/13(土)発、6/10(土)発は催行決定!
〇8/6(日)発、9/16(土)発は催行予定!
コースNo.1432/1433
ビクトリアの滝・チョベとクルーガー、喜望峰をめぐる 南部アフリカ周遊 9日間

〇8/3(木)発、9/16(木)発は催行予定!
コースNo.1442/1443
豪華列車ブルートレインで往く 南部アフリカ 9日間


先日のグランドツアーニュースでも紹介されていますが、
南部アフリカの魅力は、滝あり、野生動物あり、喜望峰あり、ワインあり、
シーフードあり、花あり、雰囲気の良いホテルあり、豪華列車あり、と
決して飽きることのない様々な楽しみがあふれていることです。

私も何度も訪れ、昨年もこんなブログを書いています。
■やっぱり南アはいいな~!!
■ケープタウンを訪れるたびに気になって仕方がないもの。




緑の大草原を移動するヌーの群れ(8月青沼撮影・イメージ)さて、前置きが長くなってしまいましたが、私がこっそり言いたい事。
それは「ケニアやタンザニアもいいのにな~」という事です。

アフリカと聞いて、サバンナの大草原を思い浮かべる方も多いと思いますが、
ケニアのマサイ・マラやタンザニアのセレンゲティは正にイメージ通りの世界!
南部アフリカツアーで訪れるチョベやクルーガーは、どちらかと言うと灌木帯なので
「目の前一面、どこまでも大草原が広がっている」というのとは少し違います。

象の群れ(8月青沼撮影・イメージ)マサイ・マラやセレンゲティだけではなく、ケニアのアンボセリでは、
キリマンジャロ山の麓に広がる平原で草を食んだり、大移動する、
複数の象の群れに遭遇することができますし、
クレーター内に広がるンゴロンゴロでは、多くの種類・数の動物たちが交わって暮らす姿を
見ることができます。

アンボセリにて、圧巻の象の大移動!(4月青沼撮影・イメージ)

マサイ・マラにて。 チーターの兄弟の向こうに、たくさんの草食動物たちが(8月青沼撮影・イメージ)

ただし、自然保護区や国立保護区なので規制が厳しく、決められた場所しかサファリカーで走ることはできず、
やたらと草原を突っ切ったり、バリバリと茂みへ入っていくことはできません。
ですから、例えば道から遠く離れた場所にサイやライオンを見つけたとしても、
向こうから近付いてきてくれない限りは、遠目に見守るしかありません。

動物により近づけるという点では、クルーガーの私営保護区に軍配が上がりますが、
野生動物の種類と数では、ケニア・タンザニアの方が上かも知れませんね。

■可愛い! カッコいい! 惚れ惚れするライオンたち。
■本当はとっても可愛い! ハイエナたち

マサイ・マラにて。サファリカーの周りはヌーがいっぱい!(7月青沼撮影・イメージ)

そして、例年7~8月になると、ヌーやシマウマの大群がセレンゲティからマサイ・マラへ大移動をします。
運が良ければ、ケニアのマラ川を渡るシーンを目撃できるかも知れません!

マサイ・マラにて。川渡りのタイミングをうかがうヌーとシマウマたち(7月青沼撮影・イメージ)

並んで川を渡る、ヌーとシマウマたち(7月青沼撮影・青沼)

こんな感じで、サファリカーから川渡りを応援します!(7月青沼撮影・イメージ)

南部アフリカに比べたら、道路事情や電気事情、ホテル設備など
まだまだ発展途上なところはありますが、野生動物の営みと大自然を
存分にお楽しみいただけると思います。

初めてアフリカを訪れてみたいとお考えの方も、南部アフリカで
すっかり野生動物&サファリの魅力にはまってしまった方も、
是非、ケニア・タンザニアを訪れてみてください!!

グランドツアーでは、アンボセリ⇔マサイ・マラ間を往復飛行機で移動しますので、
「ナイロビはちょっと・・・」という方もご安心ください。
サファリカーは1台4名限定なので、空いた席に荷物を置いたり、
天窓から身体を乗り出して野生動物を存分に見学できますよ!!

〇6/16(金)発、8/4(金)発は催行予定!
コースNo.1451
ンゴロンゴロ、アンボセリ、マサイ・マラをめぐる タンザニアとケニア 10日間
おすすめですよ~。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2017年03月03日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

凄すぎる!! 小笠原!

2017年02月06日

当社でも、小笠原ツアーの販売を開始いたしましたが、あそこは本当に凄い場所です!

このブログのプロフィール欄にも記載がありますが、
私は、小笠原でマッコウクジラの群れと間近で遭遇したことがあります。

社会人になって丸5年間務めた会社を辞め、"時間がある時じゃないと行けないから"と思い、
小笠原を訪れることにしました(この時も次を決めずに辞めてしまった為、たっぷり時間がありました)

2000年の7月20日(当時の海の日)、フェリーで小笠原へ向け出発。
宿は決めていなかったので、とにかく安いドミトリーを探して宿泊し、
食事は小さな商店で買ったココナツサブレばかりを食べていた記憶があります。

父島と母島に宿泊&南島を訪れましたが、島内の移動も全部徒歩。
島から島への移動はもちろん船でしたが、島中のビーチやジャングル、山を自分の足でめぐりました。

小笠原では一度もスキューバダイビングをしなかったのですが、
その辺の砂浜から海へ入ってちょっと泳ぐだけで、1メートル以上あるロウニンアジの姿を見ることができたり、
ものすごい数の魚に出くわしたりしました。

ドルフィンウォッチングの際、イルカの群れに遭遇すると船から飛び込んで一緒に泳ぐことができるのですが、
ちょっとした岩場の近くを覗いてみると巨大なサメが潜んでいたり・・・(おとなしいサメです)

そして極めつけは、マッコウクジラの群れとの遭遇です。
ドルフィンウォッチング同様、マッコウクジラの群れを見つけて海へ飛び込んだのですが、
透明度が本当に高いので、マッコウクジラの目、巨大な口、鋭い歯、体の傷などがはっきりと見えました。
母子クジラが授乳している様子や、頭を下げて深海へ潜っていく姿もバッチリ!

当時、"生き物地球紀行"というテレビ番組がありましたが、そういうテレビの中でしか見られないと思っていた世界が
目の前に広がっていて、ものすごく興奮して感動したのを今もはっきりと覚えています。

巨大なマッコウクジラの群れが少しずつ近づいてきて、そのまま海の中にいれば、すれ違ったり、
触ったりすることもできたと思います。
ですが、相手は約13メートル以上もあり、あの"ダイオウイカ"を捕食するとも言われる大きな口と鋭い歯をもっています。
船員さんに " 命の補償はないよ!! " と言われ、さすがにすれ違う勇気はありませんでした・・・。


5年間務めていた会社は、当時、南の島・ビーチリゾート・スキューバダイビングの旅行を専門に扱う会社で、
モルディブ、フィジー、パラオなどで潜り、タヒチやモーリシャスなども訪れましたが、はっきり言って、
小笠原のマッコウクジラに勝るインパクトはありません!

また、南島ではたくさんのカツオドリの親子や、アホウドリを見ることもできました。
"東洋のガラパゴス"と呼ばれますが、「 いやいや小笠原の方が凄いでしょ! 」と思ってしまいます。
(本物のガラパゴス、ごめんなさい!)

よく添乗中に" 今まで行った中で一番良かった場所は? " と聞かれますが、
私の中では「 小笠原が最強!(笑) 」 です。

ドルフィンウォッチングで泳いでいる時にカツオノエボシ(毒のあるクラゲ)の触手が首に絡み付いて真っ赤に腫れたり、
母島の誰もいないビーチで素っ裸で泳いだり、炎天下のジャングル内を歩き続けたりと、いろいろな事を経験した小笠原。 

あれからもう16年以上がたち、今、どんな姿をしているかわかりませんが、
きっと透明度の高い、真に青い海が出迎えてくれることでしょう。
泳ぎが嫌いな方、苦手な方は、船上からイルカやクジラを見るだけでも大感動ですよ!

宣伝じみたことは嫌いな私ですが、小笠原は本当におすすめです。
長い時間をかけても訪れる価値が絶対にあると思います!
※1枚も写真を撮っていないので、ご紹介できなくてすみません・・・。

★注:マッコウクジラが見られる季節は例年7~9月頃、ザトウクジラが見られるのは2~4月頃です。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2017年02月06日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

インドやスリランカを訪れて、いつも思う事。

2017年01月06日

押し寄せる観光客を全く気にせず眠る2匹のワンちゃん(イメージ)撮影:青沼

3日(火)に、無事にインドより戻りました。

人口の約80%がヒンドゥー教徒の国ではありますが、西暦の年末年始もしっかりお祝いします。
タージ・マハルを擁するアグラでお正月を迎えましたが、アグラ城の観光時、あまりの人の多さに驚き 
"さすが人口12.5億人の国のお正月は凄い!!"と思いました。
(帰国後、カウントダウンで渋谷に集まる人々の映像を見て、もっと驚きましたが・・・笑)

約4年ぶりに訪れたインドですが、何点かをのぞいて、あまり、
いや、ほとんど変わっていないように感じました。 いい面も悪い面も。
(4年前は結婚式シーズンだった為、今回以上に交通渋滞がひどかったですが・・・)

以前にも、そしてスリランカを訪れた後にも同じような感想を持ち、書いたことがありますが、
" 街中で、人と、牛や犬やサルが普通に共存しているのは、いい事だよな~ " って思います。

確かにそのせいで、街が汚れていたり臭いが漂ったりしているかも知れませんが、
(汚れの原因の大部分は人間が無秩序に捨てたゴミだと思いますけど)
日本だったら、野良犬はすぐに捕獲され殺処分されてしまいますよね。

やれ " クマが出た! "  " イノシシが出た!! " って騒ぎ立て、挙句の果ては
すぐに撃ち殺してしまいますよね。

もちろん、インドでは(ヒンドゥー教では)牛が神聖視されていたり、サルの神様がいたりするからですけど、
大きな体をした牛が自動車やバイクに交じって悠然と歩いていたり、野良犬たちが誰に危害を加えられることも
誰に追いやられることもなく、幸せそうにお昼寝をしている。

それが当たり前の国って素敵だな~て、訪れる度に私は思います。

ご参加いただいた皆様はどのように感じられましたでしょうか。

今年は、皆が穏やかに暮らせる1年になるといいですね。


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2017年01月06日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

本年もよろしくお願いします。

2017年01月01日

カンボジア、シェムリアップの農村で遊ぶヒヨコちゃんたち! 可愛い!(撮影:青沼)
皆様、新年おめでとうございます。

公私ともに、どんな1年になるのか全く想像がつきませんが
1日1日を過ごしていこうと思います。

直接にでも間接的にでも関わっていただく方々、
どうぞよろしくお願いいたします。


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2017年01月01日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

今年もありがとうございました。

2016年12月26日

一目見たらメロメロになる、ワオキツネザルの赤ちゃん!ベレンティにて(撮影:青沼)


以前もブログに書きましたが、今年は数年ぶりの再会に恵まれた年でした。
最近も学生時代の友人と10年以上ぶりに電話で話したり、
12月に入ってからも、昔、とってもお世話になった方と約5年ぶりに再会し、
デート?を楽しんできました(笑)

また、これも約5年ぶり。 キックボクシングを再開したことも、少しは自信になりました。
もう44歳で、特に誰からも必要とされない毎日でも、まだまだ身体は動くし殴る蹴る、
殴られる蹴られるが楽しいと思える!!(笑)

ヘトヘトになっても、イルミネーションを楽しんだり清々しさを感じながら家に帰る事ができるし、
体中が痛くて土曜日は動けなくても、月曜日になればちゃんと復活する。

新しく前に進むことができないから、昔のことに目を向けてみようと思って生きてきた1年だったのかも知れないけれど、
「再会と再開」のお陰で少しは救われた1年だったのかなと、今は思っています。

ご一緒していただいた皆様、間接的にでも関わってくださった皆様、どうもありがとうございました!

では、29日からインドへ行ってきます! よいお年を!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2016年12月26日 20:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

青沼潤

(あおぬまじゅん)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

青沼潤 プロフィール

やると決めたらとことんやり遂げるJTBグランドツアーきっての企画職人。
仕事中は超ストイックで細かい事まで気が付くが、プライベートは野良猫のように自由気ままで、何故か動物には好かれるらしい。
鋼のような腹筋と打撃系格闘技の経験で小柄な割に戦闘力が高く、JTBグランドツアー1の大食いでもある。

------------------------------
■プロフィール
静岡県沼津市出身、富士山と駿河湾を望む環境で毎朝アジの干物を食べ、虫取りや魚釣りをしながら育った自然児。海に潜り山にも登るが、あくまで"楽しむ"レベル。理論より気持ちで動くタイプで、情が移りやすく、涙もろいのが欠点。

■添乗モットー
添乗員としても、旅人としても、初心を忘れずにいること。

■好きな国・地域
大自然を感じられ、生き物が見られる場所ならどこでも大好きです。一番印象に残っているシーンは小笠原の父島で巨大なマッコウクジラの群れに、水中でわずか10mほどの距離まで近づいたこと!感動&恐怖心で興奮しっぱなしでした。天国だと思える場所はタヒチ・ボラボラ島のラグーン、自分の死に場所と決めているのは、知床岬先端の大草原。オホーツクに沈む夕日を眺めながら、静かに目を閉じたい。

■趣味・特技
趣味は打撃系格闘技をやること&観戦すること。高校時代は空手部所属。現在はムエタイ&キックボクシングの修行中(修行歴10年)。雑貨屋めぐりも好き。特技は野良猫と仲良くなること。

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【5/12(金)発 催行決定!】クルーズ船に泊まり、絶景のハロン湾を堪能する ベトナム縦断 8日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求