スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

青沼潤ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

"青色好き"の皆様へ!

2014年07月29日

25日(金)に、北米から戻りました。
今回訪れたのは、世界初の国立公園であるイエローストーンと、山や湖などの
大自然が美しいグランドティートン国立公園です。

イエローストーン国立公園の色鮮やかな温泉はどれも本当に綺麗でしたが、
"青色好き"の私にとって透き通るブルーの温泉は、特に印象に残るものでした。

それはまるで南国リゾートのプールのようでもあり、
湯気さえ立ち上っていなければ、南の島の美しい入り江を見ているかのようでした。

観光中は日差しも強く暑かったので、
"ああ~、なんて綺麗なプール! 飛び込んで泳ぎたい・・・!" と考えてしまいますし
いい感じで立ち上る湯気と透明なお湯を見ていると
"おお~、なんて気持ちよさそうな天然露天風呂・・・!"といかにも日本人的な発想をしてしまうのです。
※70℃以上の熱湯なので決して触ってはいけません!

そんな温泉の中でも、特に見事な青色だった2箇所をご紹介します。

青沼が選ぶ印象的だった青、第1位は
ビスケットベイスンのその名も"サファイアプール"です! 
            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
正にサファイア色のプールのようです(撮影:青沼)

 飛び込んで泳ぎたくなりませんか?(撮影:青沼)
そして第2位は、
ミッドウェイガイザーベイスンの"エクセルシオール・ガイザー・クレーター"です!
              ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
湯気さえなければ海ですね!(撮影:青沼)適温だったら、いい露天風呂なんですけどね~(撮影:青沼)


いかがでしょうか?
"青色好きの皆様" きっと世界中の美しい海の青や空の青、湖の青を堪能されてきたことと思いますが
「イエローストーンの青」もかなり素敵でしたよ!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2014年07月29日 07:00 ) |  メッセージを送る(0)

似てますか??

2014年07月16日

お客様が封筒に書いてくださった似顔絵


先日の南部アフリカの添乗で、お客様がアンケートの封筒に書いてくださった
私の似顔絵(?)です。

Tシャツにはしっかり「クルーガー」の文字が!

どうでしょう? 似てますか?? 
ちょっと可愛すぎるような気がしますが、太めの眉毛と髪型が似てるかもしれませんね(笑)

ありがとうございました! 大切にしますね!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2014年07月16日 08:00 ) |  メッセージを送る(0)

シロサイの親子!

2014年07月15日

今回ご参加いただいたお客様の中で、「どうしてもサイに会いたい!」と、
特にサイに対する思い入れが強い方がいらっしゃいました。

そして、クルーガーのカパマ私営保護区で、幸運にも2回、シロサイに出会うことが
できました!

1回目は母親と赤ちゃん。 2回目は大人2頭&かなり大きめの子供1頭。

最初の母親と赤ちゃんは車が通る道からずいぶん離れた、繁みのずっとずっと奥にいて、
レンジャーさんとトレッカーさん(サファリカーの前方に腰掛け、足跡や糞などから動物を探す人)が
「あそこにいるよ!」と指差しても、どうにか大きな灰色の塊が確認できる程度で、
「ただの岩なんじゃないの?」でも望遠レンズや双眼鏡で見ると「確かになんか動いてるかも・・・」
という感じでした。

国立公園であれば基本的に車道からそれることはできませんが、
こんな場合でもより動物へ近づけるのが私営保護区の良いところ!
サファリカーはなるべく警戒されないように繁みの中を進み、あっという間に親子の目の前へ。
こんなに近づくことができました。

サイの親子(撮影:青沼)
こんなに巨体で立派な角を持った母親と、その傍らにぴったりと寄り添う
こんなにあどけない風貌の赤ちゃんサイ。

サファリカーに負けないくらい大きな体をした母親サイは圧巻の迫力で
(事実、私は以前、乗っていたサファリカーがサイに体当たりされそうになり、
急アクセルを踏んでギリギリ数センチで逃れた経験があります・・・)
こちらをチラチラと気にかけながらも、ムシャムシャと草を食べ、ちょこんと腰掛ける
赤ちゃんサイの姿は本当に可愛らしかったです。

親と同じ姿、同じ振る舞いをしながらも、角だけはまだ生え始めた筍みたいで、
そんな未熟なところがまた可愛いのです。

どうか病気や怪我をすることなく、したとしてもきちんと乗り越えて、
元気に、幸せに、長生きしてくれればいいなと思うのでした。

ちょこんと座ったような様子が可愛いですね!(撮影:青沼)
母親サイの角は立派です!(撮影:青沼)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2014年07月15日 08:00 ) |  メッセージを送る(0)

ライオンの家族

2014年07月14日

初めに申し上げておきますが、私のカメラは接写と動きのあるものの撮影が苦手です。
料理や花の写真を撮ろうとして、接写モードにしても何故かブレてしまいますし、
動物たちが動いていると、だいたいブレてしまって決定的瞬間を逃してしまいます。

本当は一眼レフを持っていきたいのですが(特に野生動物を観察するツアーでは)、
ただでさえ荷物が多い添乗員、やはりその重さがネックになります・・・。
ズームがなかなか優れているので今のカメラを使っていますが、
そういう訳であまり良い写真が撮れなかったのでお許しください。

仲良く水を飲むライオンの家族(撮影:青沼)残念ながら後ろ姿です(撮影:青沼)

父親の後を追う子供たち(撮影:青沼)今回は、運良く父親、母親、子供2頭の家族に出会うことができました。
夕暮れ時、昼寝から目覚めて活動を始める前に、喉を潤しに来たのでしょう。
まだ少しダルそうな両親に対して、元気いっぱいでじゃれ付く子供たちの姿が
本当に可愛かったです。

母親にじゃれ付く子供ライオン(撮影:青沼)父親にじゃれ付く子供たち(撮影:青沼)

子供ライオン(撮影:青沼)子供ライオン(撮影:青沼)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2014年07月14日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

チョベ国立公園の空

2014年07月10日

今回の旅行で、私にとって動物たち以上に印象的だったもの、
それは「チョベ国立公園で見た空」かも知れません。

私が今まで見た空で1番印象に残っているのは、カラハリ砂漠の空。
見られなくなった昔のブログで紹介したことがありますが、立体感と奥行きのあるその空は
アフリカの大地の大きさを目の当たりにさせてくれるものであり、
空を「平面」ではなく「立体」として感じたのは、初めての経験だったかもしれません。

夜空で言うならばナミブ砂漠近郊で見た空。
一晩中降り注ぐ流れ星は、ずっとずっと見ていても決して見飽きることのない美しさで、
"星って、流れ星って、こんなにたくさんあるんだ~!"と感動したものでした。


今回印象に残った空は、"亀裂が入ったような空"、"ぽっかり穴が開いたような空"とでも言いましょうか・・・。

チョベ国立公園の空(撮影:青沼)
美しい朝焼けの後、空一面は雲に覆われ一時はどんよりとした印象でしたが、
やがて雲に亀裂が入り、その隙間から青色が現れ、丸い光の穴が出現しました。

私の表現力ではお伝えするのが難しいのですが、雲の上や丸い穴の奥には
普段見ている空ではなくて、光の世界(異次元?異空間?)が広がっているかのような気がして、
そんな不思議な空にずっと目を奪われていました。

まるで別世界の入り口のようです(撮影:青沼)
日本でも(都心でも)稀に、とてつもなく綺麗な空(夕焼け)が出現して見入ってしまうことがありますが、
やはりアフリカや南米で見る"立体的な空"、"奥行きのある空"は、素敵だなって思います。

ちなみにこの日の朝焼けと青空はこんな感じでした。↓ ↓ ↓

チョベの朝焼けとレンジャーさんの横顔(撮影:青沼)

 チョベ国立公園の空(撮影:青沼)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2014年07月10日 08:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

青沼潤

(あおぬまじゅん)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

青沼潤 プロフィール

やると決めたらとことんやり遂げるJTBグランドツアーきっての企画職人。
仕事中は超ストイックで細かい事まで気が付くが、プライベートは野良猫のように自由気ままで、何故か動物には好かれるらしい。
鋼のような腹筋と打撃系格闘技の経験で小柄な割に戦闘力が高く、JTBグランドツアー1の大食いでもある。

------------------------------
■プロフィール
静岡県沼津市出身、富士山と駿河湾を望む環境で毎朝アジの干物を食べ、虫取りや魚釣りをしながら育った自然児。海に潜り山にも登るが、あくまで"楽しむ"レベル。理論より気持ちで動くタイプで、情が移りやすく、涙もろいのが欠点。

■添乗モットー
添乗員としても、旅人としても、初心を忘れずにいること。

■好きな国・地域
大自然を感じられ、生き物が見られる場所ならどこでも大好きです。一番印象に残っているシーンは小笠原の父島で巨大なマッコウクジラの群れに、水中でわずか10mほどの距離まで近づいたこと!感動&恐怖心で興奮しっぱなしでした。天国だと思える場所はタヒチ・ボラボラ島のラグーン、自分の死に場所と決めているのは、知床岬先端の大草原。オホーツクに沈む夕日を眺めながら、静かに目を閉じたい。

■趣味・特技
趣味は打撃系格闘技をやること&観戦すること。高校時代は空手部所属。現在はムエタイ&キックボクシングの修行中(修行歴10年)。雑貨屋めぐりも好き。特技は野良猫と仲良くなること。

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/31(金)発 催行決定!】迫力のヤスール火山と手つかずの大自然バヌアツ紀行 9日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求