スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

青沼潤ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

地球の裏側、ベネズエラで!

2016年02月10日

添乗で世界中を飛び回っている私たちですが、だからと言って不安がないわけではありません。

お客様と一緒に旅を楽しませてもらいながらも、もちろん仕事ですから様々なプレッシャーを
抱えていることもあります。

添乗中は特にトラブル等がなければ、基本的には会社や他のスタッフに連絡することはありませんが(私の場合)、
例えば遠い遠いアフリカや南米の地で他のスタッフとニアミスすると、実際に顔をあわせたり連絡をとらなくても
何だか心強く感じる事があります。

自分がヨハネスブルグへ到着する日、ちょうど○○は現地を出るんだな~とか、
これからウユニへ向かう○○と、ウユニから戻ってきた自分と、ラパスでメッセージのやりとりをしたり。
日本から遠く遠く離れた場所なのに、同僚がすぐ近くで同じような仕事をしているなんて
何だか不思議な気持ちになる事があります。
もしかしたら、上空で飛行機同士がすれ違っているなんて事もあるかも知れません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2012年にベネズエラのギアナ高地を訪れた時、思いがけずに同僚の名前を目にしました。

           ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

皆様お馴染みのあの名前が!(撮影:青沼)

もう詳細は忘れてしまいましたが、カナイマの小さな小さな空港でセスナを待っている時、
現地の方(どこかの旅行会社のスタッフ? 空港スタッフ?)が持っていた荷物に付いていたタグが
たまたま目に入りました。

これより前に綾部がこの地を訪れたのは2010と2009年ですから、2年、もしかしたら3年前のタグですが、
とにかく綾部からもらったそうです。
おそらく彼は"自分は日本の旅行会社と仕事している"というアピールもあって付けていたのかも知れませんが、
"数億年前の太古の姿が残るザ・ロストワールド"と呼ばれるギアナ高地の何にもない空港でそれを目にした時、
思わず微笑んでしまったたともに"綾部さんはさすがだな~"と思ったのでした(笑)


あの人、ひょっとしてまだ使ってるのかな~?
綾部ファンの皆様、確かめに行ってくれませんか?(笑)

まあ、綾部さんのタグはさておき、ギアナ高地のテーブルマウンテン、エンジェルフォール、
深緑の世界は、一見、そして一度足を踏み入れる価値が絶対にありますよ!!

★9月15日発は催行予定!★
  空から、陸からアプローチする
  落差世界一の滝、エンジェルフォールに迫る ギアナ高地 9日間

ボートでエンジェルフォールを目指します!(イメージ)撮影:青沼落差世界一!の滝を展望スポットより(6月青沼撮影・イメージ)果てしなく広がる深緑の世界!(イメージ)撮影:青沼

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2016年02月10日 08:30 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

青沼潤

(あおぬまじゅん)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

検索

青沼潤 プロフィール

やると決めたらとことんやり遂げるJTBグランドツアーきっての企画職人。
仕事中は超ストイックで細かい事まで気が付くが、プライベートは野良猫のように自由気ままで、何故か動物には好かれるらしい。
鋼のような腹筋と打撃系格闘技の経験で小柄な割に戦闘力が高く、JTBグランドツアー1の大食いでもある。

------------------------------
■プロフィール
静岡県沼津市出身、富士山と駿河湾を望む環境で毎朝アジの干物を食べ、虫取りや魚釣りをしながら育った自然児。海に潜り山にも登るが、あくまで"楽しむ"レベル。理論より気持ちで動くタイプで、情が移りやすく、涙もろいのが欠点。

■添乗モットー
添乗員としても、旅人としても、初心を忘れずにいること。

■好きな国・地域
大自然を感じられ、生き物が見られる場所ならどこでも大好きです。一番印象に残っているシーンは小笠原の父島で巨大なマッコウクジラの群れに、水中でわずか10mほどの距離まで近づいたこと!感動&恐怖心で興奮しっぱなしでした。天国だと思える場所はタヒチ・ボラボラ島のラグーン、自分の死に場所と決めているのは、知床岬先端の大草原。オホーツクに沈む夕日を眺めながら、静かに目を閉じたい。

■趣味・特技
趣味は打撃系格闘技をやること&観戦すること。高校時代は空手部所属。現在はムエタイ&キックボクシングの修行中(修行歴10年)。雑貨屋めぐりも好き。特技は野良猫と仲良くなること。

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/8(水)発 催行決定!】天空都市マチュピチュと雨季のウユニ塩湖 10日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求