スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

青沼潤ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

インドやスリランカを訪れて、いつも思う事。

2017年01月06日

押し寄せる観光客を全く気にせず眠る2匹のワンちゃん(イメージ)撮影:青沼

3日(火)に、無事にインドより戻りました。

人口の約80%がヒンドゥー教徒の国ではありますが、西暦の年末年始もしっかりお祝いします。
タージ・マハルを擁するアグラでお正月を迎えましたが、アグラ城の観光時、あまりの人の多さに驚き 
"さすが人口12.5億人の国のお正月は凄い!!"と思いました。
(帰国後、カウントダウンで渋谷に集まる人々の映像を見て、もっと驚きましたが・・・笑)

約4年ぶりに訪れたインドですが、何点かをのぞいて、あまり、
いや、ほとんど変わっていないように感じました。 いい面も悪い面も。
(4年前は結婚式シーズンだった為、今回以上に交通渋滞がひどかったですが・・・)

以前にも、そしてスリランカを訪れた後にも同じような感想を持ち、書いたことがありますが、
" 街中で、人と、牛や犬やサルが普通に共存しているのは、いい事だよな~ " って思います。

確かにそのせいで、街が汚れていたり臭いが漂ったりしているかも知れませんが、
(汚れの原因の大部分は人間が無秩序に捨てたゴミだと思いますけど)
日本だったら、野良犬はすぐに捕獲され殺処分されてしまいますよね。

やれ " クマが出た! "  " イノシシが出た!! " って騒ぎ立て、挙句の果ては
すぐに撃ち殺してしまいますよね。

もちろん、インドでは(ヒンドゥー教では)牛が神聖視されていたり、サルの神様がいたりするからですけど、
大きな体をした牛が自動車やバイクに交じって悠然と歩いていたり、野良犬たちが誰に危害を加えられることも
誰に追いやられることもなく、幸せそうにお昼寝をしている。

それが当たり前の国って素敵だな~て、訪れる度に私は思います。

ご参加いただいた皆様はどのように感じられましたでしょうか。

今年は、皆が穏やかに暮らせる1年になるといいですね。


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2017年01月06日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

もう、インド行っちゃおうかな!

2016年12月06日

逆さタージ・マハル! 2月青沼撮影・イメージタイトルのセリフ、最近、テレビCMで良く耳にしませんか?

ということで、インドへ行っちゃうことにしました!(笑)

12月29日(木)発 コースNo.1519
いざ、マハラジャの国へ! インド魅惑紀行 6日間

ゴールデントライアングルと呼ばれる、デリー、ジャイプール、アグラの、北部3都市をまわり、
新しい年をアグラで迎え、1月1日に世界遺産タージ・マハルを観光します。

たくさんの牛たちが平然と街中を歩きまわり路上で昼寝をしていたり、
交通渋滞がものすご~くひどかったり、カレーばっかりが続いたり・・・。

良くも悪くも個性的な国なので、好きになるか嫌いになるかは人それぞれ(笑)
ですが、日本と比べてかなりエネルギッシュな国であることは間違いありません!

「もう、インド行っちゃおうかな!!」
この言葉に触発されて、インドを訪れる人が増えてくれたら嬉しいですけど、
うちのビザ手配担当者たち(私もその1人ですけど)が悲鳴をあげています・・・(笑)
※インドビザの取得は複雑で時間もかかりますので、お申し込みはお早めに!

ご一緒していただく皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。

アンベール城の象のタクシー  2月青沼撮影・イメージ

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2016年12月06日 14:00 ) |  メッセージを送る(0)

緑があふれ、人と牛と犬と猿が仲良く暮らす国・スリランカ

2014年04月05日

シギリヤロック頂上からの眺め(撮影:青沼)

 

3月29日(土)に、無事、スリランカより戻りました。

帰国した日、東京はとても暖かいポカポカ陽気で、桜は満開の一歩手前、
スリランカがとても暑かったので、余計に、「やっぱり日本の春はいいな~」と思いました。

おおとい・昨日はあいにくの雨でせっかくの桜が散りかけてしまいましたが、
今週始めは春らしい良い気候でしたね。
朝、自宅から駅まで歩いて、土手沿いの満開の桜並木を楽しみました。

さて、2年前ぶりに訪れたスリランカ。
残念ながらホームページのリニューアルとともに見られなくなってしまいましたが、
2年前の帰国後、私は「いつかスリランカが変わっても」というタイトルでブログを書きました。
「日本より50年遅れているけれど、今まさに経済発展の途中ですよ。」というガイドさんの言葉と、
コロンボの建設ラッシュを見て、私もそれを想像しました。

実際に2年ぶりに訪れてみて、良い意味でほとんど変わっていなかったので、嬉しく思いました。

相変わらず、たくさんの犬や牛が人々の暮らしに溶け込んで穏やかに暮らす、
緑がとっても綺麗な国でした。
※ガイドさん、いわく、乾季の終わりなのでこれでも緑が少なくて「目が痛い」そうです(笑)

前回のガイド・ニハールさんも、とても親切で素敵な方でしたが、
今回のガイド・チンタさんも、とても優しく素敵な方でした。
私は世界中でたくさんの"日本語ガイドさん"と一緒に仕事をしてきましたが、
日本語能力や知識、ホスピタリティ、どれをとっても本当に素晴らしかったです。

こういう方に案内をしてもらえると、ますますその国を好きになりますね!

いろいろつまみ食いをしたり、笑顔で手を振る子供たちに迎えられたり、
野生の象の群れを目撃したり、花売りの少年に心を打たれたり・・・。
そして、何より念願のシギリヤロックへ皆様が登ることができて、本当に良かったです。

ご参加いただいた皆様、有り難うございました。
短い日本の春を満喫し、暑い夏を迎えたら、暑かったスリランカを思い出してくださいね。 


シギリヤロック頂上からの眺め②(撮影:青沼)シギリヤロック頂上にいたスリランカの学生たち(撮影:青沼)ヌワラエリア、紅茶工場にて(撮影:青沼)バスの中の私たちにも、よく手を振ってくれました(撮影:青沼)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2014年04月05日 09:30 ) |  メッセージを送る(0)

3月はスリランカへ行ってきます。

2014年03月05日

多くの観光客が訪れるシギリヤロック(撮影:青沼)
不思議なもので(不思議じゃないかも知れませんが)、年によって旅行先のブームの
ようなものがあります。
それまでいくらお勧めしてもあまり催行されなかったようなツアーが、年に何本も催行されるようになったり、
もともと人気の方面が、さらに催行本数や参加人数が増えたり。
逆に前年はたくさん催行されたのに、翌年はいまいちという方面も・・・。

もちろんマスコミの影響や現地の状勢なども関係するのだと思いますが、
その年によっての"流行"のようなものがあるのは確かです。

現在"流行っている"旅行先と言えば、なんと言っても「雨季のウユニ塩湖」ですが、
グランドツアーで言えば、ミャンマー、そしてスリランカも明らかに人気が出てきています。

さて、3月22日(土)より
世界遺産もリゾートも、ぜいたくに楽しむ!
憧れの"アマンリゾート"に泊まる スリランカ夢紀行8日間 にご一緒させていただきます。

2年前には、自身で企画したコースで、ミンネリア国立公園やヤーラ国立公園でサファリをしたり、
スリランカ最南端のデウンダラ岬を訪れたり、紅茶の産地ヌワラエリアでは紅茶工場を改装したホテル、
その名も『ティーファクトリー』に宿泊するという内容でした。

今回は別の企画担当者が、「ジェフリーバワの建築」と世界有数のリゾート「アマンガラでの宿泊」にこだわったコースです。
それなりに陸路の移動はありますが、早朝や夕刻に行われるハードなサファリドライブもありませんので、
比較的ゆっくりとおくつろぎいただく時間もあるのではないかと思います。

ですが、シギリヤロックやダンブッラの石窟寺院の見学では、がんばって歩きましょう!

ご参加いただく皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

鮮やかに残るシギリヤ・レディ(撮影:青沼)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2014年03月05日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

青沼潤

(あおぬまじゅん)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

青沼潤 プロフィール

やると決めたらとことんやり遂げるJTBグランドツアーきっての企画職人。
仕事中は超ストイックで細かい事まで気が付くが、プライベートは野良猫のように自由気ままで、何故か動物には好かれるらしい。
鋼のような腹筋と打撃系格闘技の経験で小柄な割に戦闘力が高く、JTBグランドツアー1の大食いでもある。

------------------------------
■プロフィール
静岡県沼津市出身、富士山と駿河湾を望む環境で毎朝アジの干物を食べ、虫取りや魚釣りをしながら育った自然児。海に潜り山にも登るが、あくまで"楽しむ"レベル。理論より気持ちで動くタイプで、情が移りやすく、涙もろいのが欠点。

■添乗モットー
添乗員としても、旅人としても、初心を忘れずにいること。

■好きな国・地域
大自然を感じられ、生き物が見られる場所ならどこでも大好きです。一番印象に残っているシーンは小笠原の父島で巨大なマッコウクジラの群れに、水中でわずか10mほどの距離まで近づいたこと!感動&恐怖心で興奮しっぱなしでした。天国だと思える場所はタヒチ・ボラボラ島のラグーン、自分の死に場所と決めているのは、知床岬先端の大草原。オホーツクに沈む夕日を眺めながら、静かに目を閉じたい。

■趣味・特技
趣味は打撃系格闘技をやること&観戦すること。高校時代は空手部所属。現在はムエタイ&キックボクシングの修行中(修行歴10年)。雑貨屋めぐりも好き。特技は野良猫と仲良くなること。

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/8(水)発 催行決定!】天空都市マチュピチュと雨季のウユニ塩湖 10日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求