期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

池田明大ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

カンクンタワーより

2017年07月25日

みなさま

カリビアンリゾートのカンクンに、展望タワーができていました。

回転しながら、上がっていくので360度の景色が楽しめますよ。

お時間がありましたら是非!

さあメキシコへ

撮影 池田

撮影 池田

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 池田明大 ( 2017年07月25日 17:05 ) |  メッセージを送る(0)

ペルーでのご縁。行ってきます。

2017年06月12日

本日、金曜から同行させていただくツアーのガイドさんの連絡がありました。

リマでは新卒の時からお世話になっているガイドさんにご案内いただくことに。

頼りない時からご存じなので、少しは成長した姿をみせられるかな、なんて事を思っています。

広い世界もご縁があると、繋がりを実感しますね。
仕事冥利を感じた1日でした。

では、金曜から南米へ行ってきます!

6月11日出発
あのサンクチュアリー・ロッジに泊まる
ペルーとイグアスの滝 11日間

このツアーは7月14日出発も催行を確定していますので、ご興味がある方はお声がけください

サンクチュアリー、ロッジ

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 池田明大 ( 2017年06月12日 20:36 ) |  メッセージを送る(0)

Tren a las Nubes

2017年06月02日

スペイン語ですが、日本語にすると「雲の列車」。 標高4000mを超えて走り、まるで雲の上を走るようです。 まだ見ぬ世界へ 場所はアルゼンチン北部。 荒涼とした世界を走ります この列車にご乗車いただくツアーは今月末に発表します。 どうぞご期待ください!
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 池田明大 ( 2017年06月02日 19:29 ) |  メッセージを送る(0)

ココタクシー

2017年05月29日

ずいぶん以前に書いた記憶がありますが、
自分でも思い出せないぐらい昔のため、改めてご紹介します。

かわいい

こちらは、、、タクシーです。
ココナッツを模しているので、ココタクシー。
今でもキューバ国内で現役です。

旅の思い出の1ページとして、どうぞご乗車ください。

〈7月10日発は催行確定〉
訪れるなら今!
革命の地まで足を延ばす、東西キューバ大横断 10日間

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 池田明大 ( 2017年05月29日 09:13 ) |  メッセージを送る(0)

マルベック MALBEC

2017年05月22日

みなさま

先日北部アルゼンチンを訪れていた際、とてもお世話になったのが、マルベック。

メンドーサにて

アルゼンチン北部、メンドーサ産の赤ワインです。

日本での認知度はこれからですが、ほどよい重みのオススメの赤ワインです。

6月末には北部アルゼンチンを訪れるツアーを発表しますので、ご参加の方はお楽しみに!

⚫︎南米を訪れるツアーはこちら

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 池田明大 ( 2017年05月22日 18:30 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

池田明大

(いけだあきひろ)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索

池田明大 プロフィール

ヨーロッパから秘境まで50か国以上の訪問歴があり、家族旅行のようなアットホームなツアーを目指す。最近のお気に入りはニュージーランドとバスク地方。野球観戦が大好きな九州男児。

------------------------------
■添乗モットー
「常に笑顔で、家族旅行のようなツアーを演出する」こと。アットホームな雰囲気で、旅を最大限演出いたしますので、ぜひ一度ご一緒しましょう!

■好きな国・地域
一番のお気に入りはキューバ。葉巻や音楽、昔のアメリカ車が似合う独特な雰囲気にはまっています。次に、南フランスのニース。数年前、秘境地域からヨーロッパ方面を担当するようになってから、初めて訪れた地域で、世界にはこんな綺麗な街があるんだと驚愕しました。

■趣味・特技
内野席も空いている中、あえて外野席からの野球観戦。無心に応援する自分自身に陶酔しています。