スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

音楽の歴史の舞台、ドイツ・オーストリア

2016年05月19日

ウィーン・ブルク公園のモーツァルト像(撮影:岩井)
6月はドイツとオーストリアを訪れることになりました。
6月11日出発 ラインとドナウの調べ ロマンチック街道からザルツブルク・ウィーンへ 11日間

ドイツ南部を訪れたあと、オーストリアにも行く優雅なコースです。
この両国は共通するものが多いです。

食べものも似ているし、言語もおなじドイツ語、
そして、多くの著名な音楽家を輩出している地域です。

少し話しが逸れますが、「音楽」という言葉であるミュージック(Music)の語源は、
ギリシャ語のムーシケー(Mousike)から来ています。

学術的には、音楽の起源はどこからきたのか?
「音楽は話し言葉から生まれた」と唱えた学者がいたり、
「音楽は歌うことからはじまった」と唱えた学者がいたりします。
また、「楽器はいつから使うようになったのか」・・・など、話し出したら興味がつきませんが、
いつしかバロックの時代を迎え、我々が知る音楽へと昇華していったのです。

そしてバロック音楽文化の中心として花開いたのが今回訪れるドイツであり、オーストリア。

セミプロやサークルなどが教会やどこかの会場を借りてミニコンサート等を頻繁に行っています。
ご希望がございましたら、ご案内したいと思います。

よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年05月19日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

ゴッホに酔いしれたフランス、アルル

2016年05月18日

跳ね橋(撮影:岩井)
先日、南北フランス周遊旅行より戻りました。
南から北へ向かう周遊コースでした。

北はルーヴル美術館をはじめとする絵画をみました。
「モナ・リザ」をはじめ、有名な絵画が多くあり、迫力満点!

南では、ニースのシャガール美術館や、
セザンヌの出生地エクス・アン・プロヴァンスのグラネ美術館にて、
いろいろな絵画をご覧いただきました。

今回、ご覧いただいたのは絵画だけではありません。
絵画の舞台になった場所にも訪れました。

そこはアルル。ここはゴッホが住んでいた場所。
ということで、有名な絵画の舞台があります。

ひとつめが「跳ね橋」
作品が上記写真のように併設されていたので、一緒に撮りました。
かつてはもうこの写真の位置よりも奥の場所にありました。
しかし、そこは現在も人々が渡る場所なので、少し手前に移されています。

もうひとつは「夜のカフェテラス」
絵画の舞台に行くと、何だかタイムスリップをした気持ちになります。
夜のカフェテラスの舞台。現在も営業しています(撮影:岩井)

ご参加いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。
稚拙ながら絵を入れた「旅の想い出」も間もなくお手元に届くかと思います。
今後ともよろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年05月18日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

迫力!ポンデュガール

2016年05月11日

ポン・デュ・ガール
フランスに来ています。
天気にも恵まれながら日々を過ごしています。
ローマ水道橋の中でも圧倒的な迫力を誇るポンデュガールに来ました。
しかも水道が流れていた最上部を特別に見学!
グランドツアーならではと自負しています。
ポン・デュ・ガールの上
上から、下からじっくり水道橋を見学。
2000年前の技術を目の当たりにし、感動に浸りました。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年05月11日 11:02 ) |  メッセージを送る(0)

まもなくフランス!南から北へ!

2016年04月28日

アルルの跳ね橋(撮影:柏木)
5月4日よりフランスに行かせていただきます。
モン・サン・ミッシェルの見えるホテルと古城ホテルに泊まる南北フランス周遊 10日間

季節は春から初夏に向かう過ごしやすい時期。

フランスといえば、芸術の国であり、歴史の国であり、食の国。
誰もが知っている絵画や、日頃から有名な絵画に見慣れた洗練された人々、なかなか奥が深いです。
歴史はフランク王国時代に遡り、西ヨーロッパ中央部にあるため、さまざまな経験を経ています。
そのため、見所のある観光地が国中に点在しています。
食事は世界三大美食の国、お洒落で美味しいお店が多いです。

ご出発まで一週間を切りました。ご準備は大丈夫でしょうか。

私ももう一度整理をして、今回のフランスを楽しんでいただけるよう
精一杯備えたいと思います。よろしくお願い申しあげます。
お洒落に上品に・・・(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年04月28日 14:00 ) |  メッセージを送る(0)

心に染みたことば

2016年04月27日

言葉と関連はありませんが、ポーランドのクロッカスの花です(撮影:岩井)
先日、プロ野球の世界で偉大な記録を達成した選手がいました。
この選手は「努力」の言葉どおりに、努力を積み重ねたそうです。
そんな選手の球団には、以下の訓辞があるそうです。

わらわれて
しかられて
たたかれて

この言葉をみた瞬間、ジーンときました。
これらの言葉には、以下の意味があるからです。

わらわれて → 賢くなる
しかられて → 上手になる
たたかれて → 強くなる

何事も日々学ぶことばかりですが、このような言葉に触れると元気がでますね。
これからも良い旅をご提供できるよう、精進していきたいと思います。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年04月27日 17:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

岩井六朗 プロフィール

「無骨に全力投球」という言葉がどこか似合う。
お客様からの信頼も厚く、JTBグランドツアーでの添乗ツアー本数はトップ3に入る。
お客様にお配りする「旅の思い出」のイラストはベタながらも一所懸命さが伝わり、写真整理に便利と好評。
大卒後、メーカーでの営業勤めを経て、旅行の世界に飛び込む。

------------------------------
■プロフィール
実齢よりも老いてみえる容姿。
容姿は中近東も東京出身。沖縄→タイ→インド→トルコと年とともに容姿だけがシルクロードを辿り、ヨーロッパ手前で数十年足踏み、現在に至る。
大卒後、メーカーの営業を経て、旅行の世界へ。顔の影響で秘境の世界では常に現地人に間違われる特技があります。その反動か、当面の目標は欧米でも現地人に間違われること。
課題は年中ダイエットを標榜しつつも、逆行して丸くなる体。しかし、近年は食事に気を配り、食材にも興味を持つこのごろです。

■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【7/9(金)発 催行決定!白夜の季節】北欧4ヵ国周遊とフィヨルドホテル滞在 9日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

固定電話からは0120-137-874
受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求