期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

スペインのイスラム建築美術

2014年05月09日

アルハンブラ宮殿(撮影:岩井)
先日、スペイン旅行より戻りました。
スペインは8世紀から1492年のレコンキスタ(キリスト教徒によるイベリア半島
再征服活動のこと)が完全に終わるまで、イスラムに統治されていた歴史が700年以上と
長かったため、今でも多くのイスラム建築が残っています。

中世までは、キリスト文化よりも、イスラム文化の方が建築技術が進んでいました。
そのためレコンキスタ後、イスラム時代の建物をキリスト教様式に改築したり、
またはイスラムの大工を雇って、新しい建物を建築していました。
イスラム建築様式の名残が残っているのはそのためです。

コルドバのメスキータや、グラナダのアルハンブラ宮殿は、往時のイスラム建築が
随所に残っているため、歴史的価値も高いです。
タイルのデザイン(撮影:岩井)
上記はアルハンブラ宮殿内部にあるタイルのデザインです。
これもイスラム教徒が作成したもの。
3色はそれぞれ、青は空と水、緑は自然や木々、黄色は金や栄光を意味しています。
これらは規則的に交わりながら調和しています。こうしたひとつひとつを見ても
イスラムの往時の技術の高さが伝わります。改めて感動しました。

ご旅行にご参加されたみなさま、時差のお疲れはいかがでしょうか。
私は間もなく日本時間に復活です。ご参加、誠にありがとうございました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2014年05月09日 15:30 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン