期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ニュージーランドのハイキング

2015年12月08日

春だから!マウントクック・リリー(撮影:岩井)
先日、ニュージーランドの3大ハイキングの旅より戻りました。
ルートバーン・トラック、ミルフォード・トラック、マウントクックのフッカー谷と、
3つのハイキングをしました。

上記3つのハイキングのポイントは、それぞれ湿地帯にあることです。
ニュージーランドはサザン・アルプス山脈を境に、湿地帯と乾燥地帯の気候帯を持っています。
南島の東部は、タスマン海の海流の影響で、多くの湿気を持った風がきます。
これがサザン・アルプス山脈にぶつかることで、年間4,500mmにも及ぶ降雨量をもたらしています。
この雨により、珍しい大自然の植物が多数残り、ハイキングを一層楽しいものにしています。
ということで、ニュージーランドのハイキングは、雨が降っても嬉しい場所。

とはいえ、ハイキングの時だけは晴れてほしい。これが人間の心理です。
先日のライブでマウントクックが快晴になったことを書きましたが、
実は他の場所も、小雨程度や雨がぴたっと止んだりして、楽しいものになりました。

特にミルフォード・トラックでは、前夜の雨が凄かったみたいで、水たまりばかり。
水たまりを見るたびに雨が止んで良かったな~と思いながら、歩きました。
万歩計も25,000歩の日もありましたが、平坦な道が多いので良かったです。

こちらのハイキングは、初心者でも大丈夫だというのが特徴です。
身体は不安だけど、運動はしたい。
ゆっくり歩き、途中で植物観賞もする、そんなハイキングです。
歩いてみたい方、私の記憶が新しいうちに細かくご案内いたしますので、
お気軽にご連絡ください。

今回、みなさまとご一緒できて本当に楽しかったです。
また今後ともよろしくお願い申しあげます。
ミルフォード・トラックを歩く!(撮影:岩井)
ルートバーン・トラックにて胡椒の葉を噛む。この後、口内が苦々しく。マオリ族は薬として使用(撮影:岩井)
猿の腰掛。一昔前は薬として日本でも流行しました(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2015年12月08日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン