期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

快晴!ミルフォードサウンド

2016年02月25日

ニュージーランドに来ています。

ミルフォード•サウンドに行きました。

年間降雨量が7000mmにも達するといわれる場所、
今朝から晴れるかどうか緊張していましたが、見事に晴れました!
この幸運、最後まで続け!
ミルフォードサウンド
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年02月25日 16:18 ) |  メッセージを送る(0)

憧れのモアイとウユニへ

2016年02月19日

モアイ像(撮影:酒井)
3月8日よりイースター島とウユニ塩湖の旅行に行かせていただくことになりました。

モアイ像は人間が創った謎多き神秘な世界。
でも一体誰が?何のために?ロマンが尽きない場所です。

変な話で恐縮ですが、中学生のとき、友人の田舎に遊びに行ったとき、
その家のトイレの便器を被せた蓋がモアイ像そっくりでした。
モアイ像を見るたびにいつもその田舎を思い出します。
しかし、私のモアイ像への思いはそこから始まったことは間違いありません。

またウユニ塩湖は自然が創った神秘な世界。
先日の旅行のように、前夜のホテルの雨漏りを歓迎するべきかは悩むところですが、
水が一面に広がることを切に願っています。
感動しながらもトリック写真などでいっぱい遊びましょう!

よろしくお願いいたします!
ウユニ塩湖の夕日(撮影:高橋)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年02月19日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

美しいニュージーランドへ

2016年02月18日

マウントクックで望む天気は、まさにこれです!(撮影:岩井)
明後日20日よりニュージーランドへ行かせていただきます。

ニュージーランドは自然豊かな地。
フィヨルドのあるミルフォード・サウンド、
美しい山で知られるマウント•クックを眺める部屋で泊まり、ハイキングも。
星空が美しいテカポでは夜空の鑑賞をしたり、ゆったりとした行程ですが、内容は盛りだくさん!

食も海鮮料理やラムをはじめとしたお肉が充実!
今回ははなからダイエットは断念し、堪能したいと思います。

では、行ってまいります!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年02月18日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

大迫力!イグアスの滝と、一面水面に彩られたウユニ塩湖

2016年02月17日

ウユニ塩湖(撮影:岩井)
先日、イグアスの滝とウユニ塩湖をめぐる旅から戻りました。
イグアスの滝は世界三大瀑布の名のとおり、物凄い水量に圧倒されました。
特に雨季だったので、水煙が木々に当たると雨のようになって我々に降りかかるほど!

反対にウユニ塩湖は到着するまで殆ど雨が降っていなかったようで、
不安でいっぱいでした。しかし、奇跡が起きました。
ホテルに到着した直後から、もの凄い大雨が降ったのです!

この容赦ない大雨のお陰で塩のホテルは雨漏りのオンパレード!
バケツを置いたり、ゴミ袋を切って広げて布団の上にガムテープで貼り付けるなどして、
何とかこの大雨を凌ぎました。

この大雨は翌朝にピタッと止むと、塩湖は起死回生の一面水の世界!
雨と格闘をした見返りに、素晴らしいご褒美が待っていました!

今回の旅は高山病を意識しながらの日々でしたが、
みなさまのチームワークで無事乗り切り、帰国することができました。
改めて深く感謝申しあげます!
大迫力!イグアスの滝(撮影:岩井)
巨人イワゴンに逃げまどう人々?(撮影:ガイドのウィルソン)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年02月17日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

カーニバル@ボリビア・スクレ

2016年02月08日

スクレのカーニバルはこんな感じです!撮影:岩井

イグアスの滝と雨季のウユニ塩湖をめぐる 13日間に添乗中です。

南米ボリビアのスクレに来ています。
この時期、カトリックの国々はカーニバルで盛り上がります。

カーニバルといえば、ブラジルのリオデジャネイロみたいに、
派手な衣装を着て踊るものを想像しますが、実は地域によってやり方はさまざま。

今回訪れているボリビアの古都スクレでは、
30〜50人ほどのグループが楽器を奏でながら町を周り、行き交う人々に水を浴びせます。
水を浴びせることで神のご加護を的な意味があるようです。

側で写真を撮影していると水風船や水鉄砲で水をかけてくるので、
こちらも水風船を買って彼らにお返し!

この時期だからこそのイベントを存分に楽しんでいます!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年02月08日 11:04 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン