期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

エジプトでスフィンクスをみよう!

2016年11月24日

「エジプト復活!」
秋口に飛び込んできた嬉しいニュース!我々も待ちに待ったという感じですが、
その後、反響も大きく、続々と催行決定になっています。

エジプトといえば、最初に思い浮かぶのはピラミッド
そしていろいろな本などをご覧いただくと、下の写真の位置にスフィンクス
鎮座している姿をご覧になる方が多いと思います。
よく雑誌に掲載されるピラミッドとスフィンクス(撮影:山口)
しかし、実際にピラミッドのあるギザまで行くと、ピラミッドとスフィンクスが
多少離れていることが分かります。そしてスフィンクスに近づくと、
このスフィンクス自体、大きなものだということも分かります。
ギザ クフ王とスフィンクス(撮影:岩井)
スフィンクスに近づいてみました。この角度の写真、実は人気のあるポイントです。
でも、スフィンクスの姿をみると、身体が平行な形をしていますね。
では、分かりやすい位置からご覧いただきましょう。すると・・・
スフィンクス、少し下がってみると・・・(撮影:岩井)
顔の大きさに反して、身体がもっと大きなことが分かります。
そしてライオンのような動物と人間の人面動物であることがここで分かります。
この姿は実際にこの場所に行かないと分からないので、大変お勧めです。
実は必見!スフィンクスの後ろ姿(撮影:山本)
更に踏み込んで行くと、本などには掲載されない姿もご覧になれます。

もともとスフィンクスは、古代メソポタミアや古代エジプト、古代ギリシャ等に出てくる
ライオンのような動物の身体と人間の顔をした神聖な存在であり怪物のような存在。
ギリシャ神話では旅人になぞなぞを出して、答えられなかった人々を食べてしまう存在でした。

なぞなぞとは、こんな問題。
「はじめは4本、つぎに2本、最後は3本、これはな~んだ?」
しかし、オイディプスにあっさり「人間」と答えられて、
ショックのあまり身を投げてしまうオチがつきます。

逸話や姿、形もどこか愛嬌のあるスフィンクス。
やはり生の姿でご覧いただくのが一番お勧めです!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年11月24日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン