期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

2016年も大変お世話になりました

2016年12月26日

ポーランドにて、クロッカスの花(撮影:岩井)
2016年も大変お世話になりました。元旦を南米ウユニ塩湖で迎えたことを皮切りに、
多くの地域でみなさまとご一緒する機会をいただきました。

<2016年、ご一緒したところ>
12月27日 ウユニ塩湖 8日間
1月15日 謝恩旅行台北 3日間
2月1日  イグアスの滝とウユニ塩湖 13日間
2月20日 ニュージーランド 8日間
3月8日  イースター島とウユニ塩湖 13日間
4月12日 ポーランド 9日間
5月4日  南北フランス周遊 10日間
6月11日 ロマンチック街道とザルツブルク・ウィーン 11日間
7月14日 東部ドイツとウィーン 9日間
8月12日 アルザス・ブルゴーニュ 8日間
9月17日 スペイン・アンダルシア 9日間
10月4日 イタリア古都めぐり 10日間
12月28日 アイスランド・オーロラ 7日間

ご旅行でご一緒させていただいたみなさまのみならず、
お電話でお話をさせていただいたり、ご来社等でお会いする機会をいただいたりと、
本年もみなさまには大変お世話になりっぱなしの一年でした。

毎年この1年間を振り返ってみますが、改めていろいろなことがよみがえります。
みなさまと一緒になって笑ったこと、楽しんだことだけでなく、
ご迷惑、ご心配をおかけしたことも多々あります。
今でも失敗したことについて、あれこれ考えたりしていますが、
みなさまから教えていただいたことも多数あります。

今年はポーランドにて対比的な場所を訪れました。
ひとつは、アウシュビッツ収容所。生きたくても生きることができなかった悲しい時代。
もうひとつは、ザコパネ郊外にてクロッカスの花。太陽が照り出すと同時に
閉じていた花々が音を立てて一斉に咲き出したのです。

今こうして無事に過ごせて、みなさまとお会いできていることいることに感謝するとともに、
これからも無骨に「感謝」の積み重ねを礎に、謙虚に精進したいと思います。


2017年がみなさまにとりまして、よりよい年になりますように!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年12月26日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

アイスランドでは

2016年12月19日

ゲイシールの間欠泉(撮影:岩井)
アイスランドの旅行まで10日を切り、カウントダウンが始まりました。
ご準備はいかがでしょうか。最新情報ですが、今のところ気温は0度を切っていません。
零下に沈んでも、極端に低くならないのがアイスランドの魅力のひとつ。
しかし、風によっては体感温度に差が生じそうですので、暖かい格好でお願いします。
そして何よりも晴れて、オーロラが見られますように!

アイスランドはオーロラ以外にも魅力がいっぱいです!
今回は年末年始スペシャルのため、レイキャビクのホテルは町の中心。
ホテルを出るとすぐレイキャビクの中心街。地元の人々たちとともに、
0時になった瞬間、華々しい花火をお楽しみいただけます。
また、ブルーラグーンでは温泉に浸かります。
氷河をご覧いただいたり、見どころ満点!個人的にお勧めは間欠泉です!

インフルエンザが流行っていますが、これぐれもお身体にはご注意ください!
そして元気に観光しましょう。よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年12月19日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

鎌倉江の島紀行

2016年12月09日

建長寺(撮影:岩井)
先日、鎌倉江の島の旅に行かせていただきました。
JTBグランドツアーなのに国内?と思われるかもしれませんが、限定企画です。

晴天に恵まれた12月3日土曜日、東京駅の近くのバスターミナルにご集合いただき、
ご参加いただいたみなさまとともに旅が始まりました。

バスの移動中、横浜を通過するのですが、ガイドさんの案内で、
日本における横浜発祥のものがどれだけ多いかという説明には一同、驚きました。
牛肉、牛乳、パン、クリーニング、雑誌、電話、教会、女子校、ビール、
日曜日を休みにしたこと等はすべて横浜が発祥なのだそうです。

もともと1853年にペリーが4隻の黒船で下田に来港したとき、横浜は寒村。
黒船をみた人々は、鉄の船が浮いていると大騒ぎ。
焦った江戸幕府は、翌年、日米和親条約を締結しました。
その時、開港したしたのは横浜と箱館(今の函館)でした。鎖国の崩壊です。

アメリカと交渉する際、英語の通訳が必要だということで中国人を雇い、
横浜に住まわせたのが、現在の横浜中華街の起源です。
結局黒船は鉄ではなく、コールタールで黒く塗った木造の船だと分かるのは
だいぶ先でした。いずれにせよ、今の横浜の繁栄はペリーからとなります。

さて、最初に訪れたのは建長寺。臨済宗鎌倉五山の1位の寺。
学生の受験時代、鎌倉五山は建長寺、円覚寺・・・と丸暗記していたものを思い出しました。

次に訪れたのは鶴岡八幡宮。源氏の発展を祈願して源頼朝が建てたものです。
かなりの男前であった源頼朝は、北条政子を妻としますが、実は北条家はライバル平家側の人間。
駆け落ち婚だったそうです。また八幡宮の階段で、三代将軍の源実朝が暗殺され、
政治の実権が源氏から北条氏に移ったといわれています。
鶴岡八幡宮の紅葉(撮影:岩井)
お昼ご飯を挟み、鎌倉大仏へ。
昔は建屋がありましたが、火事で焼けたため、現在は吹きさらしの状態に。
また、大仏がどこか猫背に見えるのは、当時の流行だった噂があります。
鎌倉大仏(撮影:岩井)
次に訪れたのは長谷寺。観音様で有名な寺です。
紅葉が見頃で、私たちを和ませてくれました。

日本三大長谷寺観音というのをご存じですか?
鎌倉、奈良県桜井市、秋田県由利本荘市の長谷観音を指すそうです。

観音様は如来様と違い、悟りを開いていません。まだ修行の身。
そんな偉い方でも修行をしているというところから、人々は観音様を身近な存在と感じ、
信仰が広まったといわれています。

その後、江の島に到着。真白き富士の嶺緑の江の島~♪
音痴がばれるので、一人でぼそっと口ずさんでいました。

そして再び東京駅へ。レインボーブリッジのライトアップが美しかったです。

あっという間の1日旅行でしたが、ご参加いただきましたみなさまには
改めて深く御礼申しあげます。ありがとうございました!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年12月09日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン