期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

夏に行きたい!スペインの魅力!

2017年04月20日

メスキータ(撮影:岩井)
スペイン。イベリア半島にある大きな国ですが、
スペインの魅力は、食、芸術、歴史を楽しめる国だということ。

バルにいくと、ビール片手にタパスをつまむ姿を多くみかけます。
タパスとは、おつまみの総称といえば良いでしょうか。
日本のようにおつまみ感覚で注文ができ、食べることができるので、
私たち日本人にも馴染みやすく、大変人気があります!
入り口に吊るされた生ハム肉など、心が躍ります!

そして芸術。絵画ですとマドリッドにあるプラド美術館。
他国から持ち帰ったものではなく、王室コレクションとして収集したもの。
ゴヤ、ベラスケスなど、有名な画家の作品も多くあります。
コルドバにあるメスキータの柱に目を奪われ、
バルセロナのガウディの作品は心を奪われます!
多くの建築家の誇りがここにはあります。

歴史は、レコンキスタで有名なグラナダのアルハンブラ宮殿。
セビリアの大聖堂は、大航海時代の英雄コロンブスが眠っています。

このように魅力的なものが溢れるスペイン。
限られた時間のなかでゆったりめぐり、ホテルにもこだわったコースがこちらです。

■No1390 スペイン夢紀行 8日間
8月5日出発は現在、ビジネスクラス、中間エコノミークラス、エコノミークラス、
すべてすぐにご用意ができます。

夏の思い出に、スペインはいかがでしょうか。

バルにて(撮影:岩井)

◎スペイン・ポルトガルのツアー一覧はこちら>>

-----------------------------------------------------------
そのほかのツアー責任者のおすすめはこちらです!

・夏に行きたい!キューバ [池田明大ブログ]
・夏に行きたい!イエローストーン [山本光一ブログ]
・夏に行きたい!カナディアン・ロッキー! [高橋輝ブログ]
・夏に行きたい!ニュージーランド! [松前 光男ブログ]
・夏に行きたい!スイス! [河内山太朗ブログ]

・夏に行きたい!純白と深緑の世界! [青沼潤ブログ]
・夏に行きたい!やっぱり、サファリでしょ♪ [清水喜裕ブログ]
・夏に行きたい!毎年でも訪れたいあの国々 [内山智ブログ]
・夏に行きたい!グリーンランド [川井麻紀子ブログ]
・夏に行きたい!乗ってみたいシベリア鉄道! [関根新吾ブログ]

・夏に行きたい!野生動物の宝庫ケニアへ [綾部正洋ブログ]
・夏に行きたい!涼しいカナダ [平野健ブログ]
・夏に行きたい!ギアナ高地で水遊び! [岡田彩ブログ]
・夏に行きたい!癒しのアフリカ [加藤悦子ブログ]

・夏に行きたい!英国スコットランド! [龍谷秀昭ブログ]
・夏に行きたい!暑く熱い夢の国スリランカ [佐藤明日子ブログ]
・夏に行きたい!アイスランド [山名敦子ブログ]
・夏に行きたい!避暑地スイス [山口瞳ブログ]
・夏に行きたい!世界遺産アレッチ氷河を歩く! [黒石智之ブログ]

・夏に行きたい!エジプト [柏木康宏ブログ]
・夏に行きたい!南米周遊の旅 [森千江ブログ]
-----------------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年04月20日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

日本の食文化を辿るとポルトガルが・・・

2017年03月21日

美味しそうな肉料理(撮影:松前)
日本の歴史をみると、縄文時代、弥生時代、大和時代と進んでいきます。
縄文時代は狩猟生活をしていたため、食料を追い求めて定住化せず。
その後、弥生時代になると農耕生活で米を食べるようになり、そして定住化していきます。
この時は主に縄文人が肉を食べていました。

6世紀になると仏教が伝来します。
奈良時代の聖武天皇の時代になると、国全体が仏教を信仰するようになり、
また肉料理を摂らない精進料理に代表されるように、野菜や穀物等が主食となりました。

それから700年ほど時代が進み、戦国時代になると、
西洋の大航海時代の流れに乗じて、1543年のポルトガル人をはじめとする多くの
外国人(特にポルトガルやスペインを指した南蛮人)が日本に渡航するようになります。
なかでも日本進出に一番力を入れていたのはポルトガル。

彼らの目的は日本の植民地化でしたが、その手段として利用された布教も大きな目的でした。
その時に、日本人との距離を縮めるのに大きな影響を与えたのが食事と言われています。

戦国大名ですら味噌汁とご飯と質素な食事で済ませていた時代、
突然振る舞われた肉料理などを含めた南蛮料理は本当に美味しかったと思います。

逆に、フランシスコ・ザビエルは日本の食事の貧しさに驚き、
「今後、質素な食事に耐えうる宣教師を日本に送って欲しい」と手紙に記しているくらいです。

結局その後、日本は鎖国の道を選んだため、南蛮文化は閉ざされ、
明治時代まで、肉料理は疎遠なものになりました。

しかし、大分県の郷土料理である魚、豆腐、野菜を黄色く炊いた豊後黄飯などは、
かつてサフラン料理が振る舞われたためであり、人々の南蛮料理に対する名残であると
言えるかもしれません。肉以外の形で残っているのですね。

ポルトガルのツアーでは、多くのお客様からポルトガル料理は美味しいという言葉を
いただきます。肉料理だけでなく、シーフード料理も充実しています。
シーフード料理、ここが日本との昔からの共通項かもしれません。

このような視点で、ポルトガルを楽しんでみるのも旅の楽しみの一つかもしれません。

■4月27日出発、7月10日出発はお勧め!
ユーラシア大陸最西端の地ポルトガルから大聖地サンチャゴへ 8日間

ご興味のある方、お勧めです。
シーフード料理(撮影:松前)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年03月21日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

スペイン、アンダルシアの旅

2016年09月28日

コルドバのメスキータ(撮影:岩井)
先日、スペイン南部のアンダルシア地方より戻りました。
天候に恵まれ、毎日充実した時を過ごしました。

私自身、今回のキーワードは、ズボンでした。
到着翌日の朝、「さあ、観光するぞ!」という時に突然お尻から鈍い音。
急にお尻が涼しくなったので、その顛末はすぐに理解しました。
その場にいらしたH様に報告し、バスの中で他のズボンに履き替えました。

「あのズボンはちょうど寿命だったのよ」とか、「業務中の事故だから、
保険で対応できるかな?」など、常に温かい言葉をいただきました。
毎日が楽しく明るく、常に笑いの耐えない日々。
「破けたズボンよ、ありがとう」と思う日々を過ごしました。

植木に侵入していた(?)Mさん、白い帽子が似合ったカントリー姿のUさん、
毎日が笑いの日々でした。

なかでも、無意識にロダン作の「考える人」のポーズを取って
座っていたHさんに対して、Aさんが名付けたのは「考えない人」。

また、英語もまったく話せないドライバーが一緒でしたが、
いつも明るく、そして素晴らしい人間性で、いつも私たちを和ませてくれました。
「オハヨー」「アリガトー」など、脳裏に焼き付いています。

最後は乗り継ぎ空港で、出国審査が大混雑。
飛行機に搭乗したときは既に最終搭乗で何とか間に合いましたが、本当に良かった。
Oさんのほっとした姿はは思い出です。

成田空港に到着した際、「また皆でご一緒できるといいね」という言葉、
印象に残りました。その日が来ることを願って精進を重ねます。

改めて、ありがとうございました。
ジブラルタル領よりターリク山を眺めて(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年09月28日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

スペイン、アルハンブラ宮殿を眺める

2016年09月20日

アルハンブラ宮殿(撮影:岩井)

今、スペイン南部、アンダルシア地方に来ています。
訪れたのはレコンキスタ最後の地グラナダ。
なかでも多くの人々を魅了してはやまない美しいアルハンブラ宮殿を眺めています。

敵の目を欺くために地味な色で作っていますが、
敵の侵略に対応できるよう、丘の上に建てられた宮殿。

自然と一体化しているようで、でも違う建物。
500年以上前に起きたドラマを想起しながら、心地よい風に吹かれて酔いしれています。


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by JTBグランドツアー ( 2016年09月20日 15:50 ) |  メッセージを送る(0)

アンダルシアの世界

2016年09月15日

ジブラルタルにて(撮影:岩井)
週末よりスペイン南部、アンダルシアの世界に行かせていただきます。

気温をみると、今は低気圧の影響か気温が低めですが、
到着する頃は、平年に戻る模様。

アンダルシア南部のこの時期の平均気温は、14~27度程度。
気温差が大きいのが特徴ですが、湿気も日本より低いので、
過ごしやすいかと期待しています。

数々の世界遺産、パラドール、白壁の家々が並ぶ世界、
そしてバルなど美味しい店に行きましょう!

あとは晴れることを願って!
では、行ってまいります!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年09月15日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン