スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

日本の食文化を辿るとポルトガルが・・・

2017年03月21日

美味しそうな肉料理(撮影:松前)
日本の歴史をみると、縄文時代、弥生時代、大和時代と進んでいきます。
縄文時代は狩猟生活をしていたため、食料を追い求めて定住化せず。
その後、弥生時代になると農耕生活で米を食べるようになり、そして定住化していきます。
この時は主に縄文人が肉を食べていました。

6世紀になると仏教が伝来します。
奈良時代の聖武天皇の時代になると、国全体が仏教を信仰するようになり、
また肉料理を摂らない精進料理に代表されるように、野菜や穀物等が主食となりました。

それから700年ほど時代が進み、戦国時代になると、
西洋の大航海時代の流れに乗じて、1543年のポルトガル人をはじめとする多くの
外国人(特にポルトガルやスペインを指した南蛮人)が日本に渡航するようになります。
なかでも日本進出に一番力を入れていたのはポルトガル。

彼らの目的は日本の植民地化でしたが、その手段として利用された布教も大きな目的でした。
その時に、日本人との距離を縮めるのに大きな影響を与えたのが食事と言われています。

戦国大名ですら味噌汁とご飯と質素な食事で済ませていた時代、
突然振る舞われた肉料理などを含めた南蛮料理は本当に美味しかったと思います。

逆に、フランシスコ・ザビエルは日本の食事の貧しさに驚き、
「今後、質素な食事に耐えうる宣教師を日本に送って欲しい」と手紙に記しているくらいです。

結局その後、日本は鎖国の道を選んだため、南蛮文化は閉ざされ、
明治時代まで、肉料理は疎遠なものになりました。

しかし、大分県の郷土料理である魚、豆腐、野菜を黄色く炊いた豊後黄飯などは、
かつてサフラン料理が振る舞われたためであり、人々の南蛮料理に対する名残であると
言えるかもしれません。肉以外の形で残っているのですね。

ポルトガルのツアーでは、多くのお客様からポルトガル料理は美味しいという言葉を
いただきます。肉料理だけでなく、シーフード料理も充実しています。
シーフード料理、ここが日本との昔からの共通項かもしれません。

このような視点で、ポルトガルを楽しんでみるのも旅の楽しみの一つかもしれません。

■4月27日出発、7月10日出発はお勧め!
ユーラシア大陸最西端の地ポルトガルから大聖地サンチャゴへ 8日間

ご興味のある方、お勧めです。
シーフード料理(撮影:松前)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年03月21日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

スペイン、アンダルシアの旅

2016年09月28日

コルドバのメスキータ(撮影:岩井)
先日、スペイン南部のアンダルシア地方より戻りました。
天候に恵まれ、毎日充実した時を過ごしました。

私自身、今回のキーワードは、ズボンでした。
到着翌日の朝、「さあ、観光するぞ!」という時に突然お尻から鈍い音。
急にお尻が涼しくなったので、その顛末はすぐに理解しました。
その場にいらしたH様に報告し、バスの中で他のズボンに履き替えました。

「あのズボンはちょうど寿命だったのよ」とか、「業務中の事故だから、
保険で対応できるかな?」など、常に温かい言葉をいただきました。
毎日が楽しく明るく、常に笑いの耐えない日々。
「破けたズボンよ、ありがとう」と思う日々を過ごしました。

植木に侵入していた(?)Mさん、白い帽子が似合ったカントリー姿のUさん、
毎日が笑いの日々でした。

なかでも、無意識にロダン作の「考える人」のポーズを取って
座っていたHさんに対して、Aさんが名付けたのは「考えない人」。

また、英語もまったく話せないドライバーが一緒でしたが、
いつも明るく、そして素晴らしい人間性で、いつも私たちを和ませてくれました。
「オハヨー」「アリガトー」など、脳裏に焼き付いています。

最後は乗り継ぎ空港で、出国審査が大混雑。
飛行機に搭乗したときは既に最終搭乗で何とか間に合いましたが、本当に良かった。
Oさんのほっとした姿はは思い出です。

成田空港に到着した際、「また皆でご一緒できるといいね」という言葉、
印象に残りました。その日が来ることを願って精進を重ねます。

改めて、ありがとうございました。
ジブラルタル領よりターリク山を眺めて(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年09月28日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

スペイン、アルハンブラ宮殿を眺める

2016年09月20日

アルハンブラ宮殿(撮影:岩井)

今、スペイン南部、アンダルシア地方に来ています。
訪れたのはレコンキスタ最後の地グラナダ。
なかでも多くの人々を魅了してはやまない美しいアルハンブラ宮殿を眺めています。

敵の目を欺くために地味な色で作っていますが、
敵の侵略に対応できるよう、丘の上に建てられた宮殿。

自然と一体化しているようで、でも違う建物。
500年以上前に起きたドラマを想起しながら、心地よい風に吹かれて酔いしれています。


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by JTBグランドツアー ( 2016年09月20日 15:50 ) |  メッセージを送る(0)

アンダルシアの世界

2016年09月15日

ジブラルタルにて(撮影:岩井)
週末よりスペイン南部、アンダルシアの世界に行かせていただきます。

気温をみると、今は低気圧の影響か気温が低めですが、
到着する頃は、平年に戻る模様。

アンダルシア南部のこの時期の平均気温は、14~27度程度。
気温差が大きいのが特徴ですが、湿気も日本より低いので、
過ごしやすいかと期待しています。

数々の世界遺産、パラドール、白壁の家々が並ぶ世界、
そしてバルなど美味しい店に行きましょう!

あとは晴れることを願って!
では、行ってまいります!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年09月15日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

アンダルシア地方を楽しもう!

2016年08月26日

アルハンブラ宮殿(撮影:岩井)
9月17日より、スペイン南部のアンダルシア地方に行かせていただくことになりました。
スペインのなかでも情熱的な場所と言われているところです。

ピカソが生まれたマラガ、レコンキスタの地グラナダ、美しいコルドバ歴史地区、
セビリアのイスラム風宮殿アルカサル、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラではボデガでシェリー酒を飲み、
海峡の名前になったイギリス領ジブラルタル、闘牛発祥の地ロンダなど魅力いっぱいの旅です!

みな、心で熱く、スペインを楽しみましょう。
よろしくお願いいたします!
ジブラルタルの岩(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年08月26日 15:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

岩井六朗 プロフィール

「無骨に全力投球」という言葉がどこか似合う。
お客様からの信頼も厚く、JTBグランドツアーでの添乗ツアー本数はトップ3に入る。
お客様にお配りする「旅の思い出」のイラストはベタながらも一所懸命さが伝わり、写真整理に便利と好評。
大卒後、メーカーでの営業勤めを経て、旅行の世界に飛び込む。

------------------------------
■プロフィール
実齢よりも老いてみえる容姿。
容姿は中近東も東京出身。沖縄→タイ→インド→トルコと年とともに容姿だけがシルクロードを辿り、ヨーロッパ手前で数十年足踏み、現在に至る。
大卒後、メーカーの営業を経て、旅行の世界へ。顔の影響で秘境の世界では常に現地人に間違われる特技があります。その反動か、当面の目標は欧米でも現地人に間違われること。
課題は年中ダイエットを標榜しつつも、逆行して丸くなる体。しかし、近年は食事に気を配り、食材にも興味を持つこのごろです。

■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【5/12(金)発 催行決定!】クルーズ船に泊まり、絶景のハロン湾を堪能する ベトナム縦断 8日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求