期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

見どころ満載のドイツへ

2017年07月18日

ディンケルビュールの町並み(撮影:岩井)
8月はドイツに行かせていただくことになりました。

■No1395 8月13日出発
往復直行便で往く ライン川下りとロマンチック街道を楽しむ 7日間

こちらの旅はライン川を皮切りに可愛らしい町並みのディンケルスビュール、
憧れのロマンチック街道、白亜の美しいノイシュバンシュタイン城、世界遺産ヴィース教会、
ドイツ南部最大都市ミュンヘンの観光など、見どころが満載のところを効率よくめぐります。

みなさまにとりまして、思い出に残る夏の旅になるよう、
精一杯お手伝いをさせていただきます。

よろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年07月18日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

素敵な地、東部ドイツ

2016年07月25日

ドレスデンの劇場広場からの光景(撮影:岩井)
先日、日本航空チャーター便を利用した東部ドイツとプラハの旅行より戻りました。
今回はドイツでも東部の世界遺産を中心にめぐる旅でした。

ドイツといえば、ロマンチック街道やライン川クルーズなどのイメージが先行しますが、
今回の行き先はこれらとはまったく違う場所。

ベルリン、ライプツィヒ、ドレスデン、ポツダムなど、大きな都市のほか、
世界遺産のルターの故郷ヴィッテンベルク、ゲーテの町ヴァイマール、
陶器で世界的に有名なマイセン、ヨーロッパ大陸最初の英国式庭園ヴェルリッツ庭園、
少しドイツを飛び出して、隣の国チェコのプラハなどをめぐりました。

一言でいうと、のんびり優雅な日々。

しかし、それぞれの町に目玉があり、世界遺産もたくさん。さすがに奥が深い。
そんな有意義な日々でした。

今後、どこか旅行を検討されている方には、ぜひ、一度!と思える、オススメの地ばかり。
来年も東部ドイツ旅行を企画する予定です!
ライプツィヒ、トーマス教会のバッハ像(撮影:岩井)
ヴァイマールのゲーテの家(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年07月25日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

ドイツのヴィッテンベルクにて

2016年07月20日

95ヶ条の論題が貼られた聖堂の扉

東部ドイツの小さな町ヴィッテンベルクに来ました。

ルターが「95ヶ条の論題」を発表して「ルターの宗教改革」を起こした地です。
キリスト教世界にプロテスタントが起きるきっかけとなった町ですが、
今のほのぼのとした雰囲気からは想像がつきません。
しかし、タイムスリップした気分になって皆で楽しみました。
ヴィッテンベルクの町
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年07月20日 16:22 ) |  メッセージを送る(0)

ドイツの東部地方

2016年07月04日

ベルリンの壁(撮影:加藤)
東部ドイツのご旅行まで、あと10日を切りました。
今回は日本航空のチャーター便でベルリンまで直行便で往く限定コース。
この東部ドイツですが、みなさまご存じのとおり、25年前までは東ドイツ人民共和国だったところです。
ベルリンもブランデンブルク門、ペルガモン博物館などの観光地は、東ベルリンにあった場所です。

1990年にドイツが統一されました。その後、経済的な東西格差は大きかったようですが、
当時の西ドイツ側が時間をかけてインフラ整備に努めたため、国土は大きく改善されました。
かつて頻繁にみられたどこかやぼったく、地味な服装の姿もほとんど見かけなくなりました。

そんな東部ですが、歴史的価値の高い場所がいくつかあります。
また、世界遺産も随所にあるので、しっかりとご案内をさせていただきます。

ゆっくり楽しくをモットーに、思い出に残るご旅行になるよう、精一杯努めさせていただきます。
よろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年07月04日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

贅沢、ホワイト・アスパラガス三昧

2016年06月24日

ホワイト・アスパラガス(撮影:岩井)
先日、ドイツ・オーストリア旅行より戻りました。
ご参加いただいたみなさまには、大変お世話になりました。

ホワイト・アスパラガスは春の食べものですが、6月のこの時期、「まだあるかな?」と思い、
ドイツに到着した翌日の夕食時、店員に尋ねてみました。
すると「まだあるよ」という返事。喜んで注文しました。

一人前で3~5本を想像していたのですが、出てきたのは一皿10本くらい。
気持ち控えめに頼んだつもりですが、7~8皿を頼んでしまったので凄い数になってしまいました。

旬の食べものなので美味しいのですが、食べても食べても減らず。
何とか減らしたのですが、まだ写真のような皿が残る始末。
食べものを粗末にしてはいけない気持ちに駆られ、食べるだけ食べました。
感謝とともに食事と格闘することになるとは・・・みなさまには大変ご迷惑をお掛けしました。

こうして贅沢なホワイト・アスパラガスのひとときは、過ぎていきました。

後日、食事を注文する際は意識的に量を少なめに注文するのですが、
それでも量が多かったときは、「ホワイト・アスパラガスだ」が合い言葉になりました。
これだけ食べるドイツ人、オーストリア人って凄いなと感心しました。

天気は雨の日もありましたが、観光するときは雨は止むことが多かったので良かったです。
今回は食べものを中心に書きましたが、本当にいろいろとお世話になりました。
誠にありがとうございました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年06月24日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン