期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

エストニアのタリンより

2017年05月18日

今、エストニアのタリンに来ています。
少し曇っているためか気温は少し低めで15度くらい。
写真はパトゥクリ展望広場から望むタリンの旧市街の町並みです。

海も見える穏やかな雰囲気に、みなで和んでいます。

これから旧市街にいきます。
ゆっくり楽しみたいと思います。


タリンの町並み(撮影:岩井)
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井麻紀子 ( 2017年05月18日 11:50 ) |  メッセージを送る(0)

バルト3国とポーランド

2017年05月01日

エストニア・タリンの町並み(撮影:岩井)
今月16日より、バルト3国とポーランドに行かせていただくことになりました。
連泊する町のすべてで世界遺産を訪れます。

また、宿泊はしませんが、日帰りで訪れるのがリトアニアのカウナス。
こちらには世界遺産はありませんが、世界遺産に匹敵するものがあります。
それは杉原千畝さんが人道愛を貫き、6,000人のユダヤ人を救った舞台である
旧日本領事館です。

住宅街の一角に佇んでいますが、当時の情勢の中で、
ここで行われたことを考えると、熱い思いになります。

他にも見所がたくさんある旅行ですが、毎日がのんびりした日になるかと思います。
ご参加いただくみなさまにはゆっくり、そしてお楽しみいただけるよう、精一杯努めます。
よろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年05月01日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

素敵な地、東部ドイツ

2016年07月25日

ドレスデンの劇場広場からの光景(撮影:岩井)
先日、日本航空チャーター便を利用した東部ドイツとプラハの旅行より戻りました。
今回はドイツでも東部の世界遺産を中心にめぐる旅でした。

ドイツといえば、ロマンチック街道やライン川クルーズなどのイメージが先行しますが、
今回の行き先はこれらとはまったく違う場所。

ベルリン、ライプツィヒ、ドレスデン、ポツダムなど、大きな都市のほか、
世界遺産のルターの故郷ヴィッテンベルク、ゲーテの町ヴァイマール、
陶器で世界的に有名なマイセン、ヨーロッパ大陸最初の英国式庭園ヴェルリッツ庭園、
少しドイツを飛び出して、隣の国チェコのプラハなどをめぐりました。

一言でいうと、のんびり優雅な日々。

しかし、それぞれの町に目玉があり、世界遺産もたくさん。さすがに奥が深い。
そんな有意義な日々でした。

今後、どこか旅行を検討されている方には、ぜひ、一度!と思える、オススメの地ばかり。
来年も東部ドイツ旅行を企画する予定です!
ライプツィヒ、トーマス教会のバッハ像(撮影:岩井)
ヴァイマールのゲーテの家(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年07月25日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

ポーランドでは、クロッカスの花を満喫しました!

2016年04月25日

クロッカスの花(撮影:岩井)
先日、ポーランドより戻りました。今回は通常のポーランド観光に、
クロッカスの花を鑑賞するのが大きな目的でした。

先日のご報告で見ることができたことは報告済みです。
しかし改めて、ご覧いただけて良かったな~と感慨にふけています。

実はクロッカスの群生地を見付けた時は、まだ曇っていたのか花も閉じ気味でした。
しかし、太陽が照り出すと、花も一斉に開きだしたのです。
花が開こうとメリメリという音を出しながら開いていった時は感動そのものでした!

本当に良かったです!
ご参加いただいたみなさま、大変お世話になりました。本当にありがとうございました!
クロッカスの花、綺麗です(撮影:岩井)

クロッカスの花、ズームアップ!(撮影:岩井)

クロッカスの花、開きました!(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年04月25日 15:00 ) |  メッセージを送る(0)

クロッカスの花々に癒されて inポーランド

2016年04月18日

ポーランド南部のザコパネに来ています。
この旅行は4月12日出発限定で、ツアータイトル
「連泊でめぐる春ならではのポーランド クロッカスの花咲く谷を訪ねる」
の通り、クロッカスの花の鑑賞がメイン。
自然現象なので、出発前から花が見られることばかり願っていました。
しかし、場所が奥地のためか、出発前から情報はあまり入らず、
出発直前にようやく入った情報では、既に満開。
訪問日に花が残っているかは分からないという話。
星に願いを込めるしかない状況でした。
訪問前日。天気は朝から雨。心は絶望。
この日の雨で花が完全に散ってしまうと思ったからです。
そして当日。明け方は曇り。
バス、馬車と乗って目的地へ。馬車から道路脇を見ると僅かにクロッカスが。
希望が芽生える。そして目的地に到着。しかし、辺りを見渡してみても何もない。

ガイドさんからは、「残念ながら花が無いので戻りましょう」の非情宣告。
でも諦めたくないので粘り、少し馬車に乗って奥に向い出す。
すると、このギリギリの状況で女神は微笑んでくれました。
クロッカスの花を発見!しかもたくさん!!
クロッカスは我々を待ってくれていたのです!!!
出発前から芳しくない情報ばかりでしたので、喜びも倍増!
その分、大いにクロッカスの花を堪能しています!
ザコパネ郊外にて(撮影:岩井)
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年04月18日 23:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン