スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

チーム・モアイ結成!

2016年03月24日

アフ・トンガリキのモアイ像(撮影:岩井)
先日、南米イースター島とウユニ塩湖の旅行より戻りました。
今回のご旅行は出発当日、東京方面にて滅多にない濃霧が発生し、
出発できない事態を含めて、数名様に大きな影響が起きてしまいました。

しかし、それを取り戻すべく、現地ではチーム・モアイを結成!
ご参加できたお客様全員がモアイのTシャツをご購入。
そして、ウユニ塩湖で合流されたお客様も含めて全員がモアイ・シャツを着用!!
チーム・モアイは日々躍動しました。

飛行機がただでさえ早い時間フライトなのに、急遽更に早まったり、
ホテルが当日、突然キックアウトを食らってしまったり、
飛行機移動の予定がバス移動になったり、
飛行機の乗り継ぎ時間が短くてバタバタしたり・・・
ああ、南米だなと思う出来事がたくさん起こりました。

しかし、強固なチーム・モアイはトラブルにも揺るがず、
様々なキャラクターが躍動!旅行中盤より、Sちゃん降臨!!楽しい日々となりました。

旅の想い出を本日発送させていただきました。
このご旅行の思い出になりましたら幸いです。ありがとうございました!
アフ・タハイでの夕日(撮影:岩井)
ラノ・ララクでのモアイ像(撮影:岩井)
ウユニ塩湖のインカワシ島より(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年03月24日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

憧れのモアイとウユニへ

2016年02月19日

モアイ像(撮影:酒井)
3月8日よりイースター島とウユニ塩湖の旅行に行かせていただくことになりました。

モアイ像は人間が創った謎多き神秘な世界。
でも一体誰が?何のために?ロマンが尽きない場所です。

変な話で恐縮ですが、中学生のとき、友人の田舎に遊びに行ったとき、
その家のトイレの便器を被せた蓋がモアイ像そっくりでした。
モアイ像を見るたびにいつもその田舎を思い出します。
しかし、私のモアイ像への思いはそこから始まったことは間違いありません。

またウユニ塩湖は自然が創った神秘な世界。
先日の旅行のように、前夜のホテルの雨漏りを歓迎するべきかは悩むところですが、
水が一面に広がることを切に願っています。
感動しながらもトリック写真などでいっぱい遊びましょう!

よろしくお願いいたします!
ウユニ塩湖の夕日(撮影:高橋)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年02月19日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

大迫力!イグアスの滝と、一面水面に彩られたウユニ塩湖

2016年02月17日

ウユニ塩湖(撮影:岩井)
先日、イグアスの滝とウユニ塩湖をめぐる旅から戻りました。
イグアスの滝は世界三大瀑布の名のとおり、物凄い水量に圧倒されました。
特に雨季だったので、水煙が木々に当たると雨のようになって我々に降りかかるほど!

反対にウユニ塩湖は到着するまで殆ど雨が降っていなかったようで、
不安でいっぱいでした。しかし、奇跡が起きました。
ホテルに到着した直後から、もの凄い大雨が降ったのです!

この容赦ない大雨のお陰で塩のホテルは雨漏りのオンパレード!
バケツを置いたり、ゴミ袋を切って広げて布団の上にガムテープで貼り付けるなどして、
何とかこの大雨を凌ぎました。

この大雨は翌朝にピタッと止むと、塩湖は起死回生の一面水の世界!
雨と格闘をした見返りに、素晴らしいご褒美が待っていました!

今回の旅は高山病を意識しながらの日々でしたが、
みなさまのチームワークで無事乗り切り、帰国することができました。
改めて深く感謝申しあげます!
大迫力!イグアスの滝(撮影:岩井)
巨人イワゴンに逃げまどう人々?(撮影:ガイドのウィルソン)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年02月17日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

再び、南米大陸へ

2016年01月08日

イグアスの滝、アルゼンチン側悪魔ののど笛(撮影:黒石)
2月は年末年始に続き、南米大陸に行かせていただくことになりました。
行き先はイグアスの滝とボリビアです!

■2月1日ご出発
「イグアスの滝と雨季のウユニ塩湖をめぐる 13日間」

イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンをまたがる世界三大瀑布のひとつとして有名。
特にこの時期は雨季なので、水量が多いです。ボートにも乗りますので、濡れましょう!

ボリビアは、最初は町の観光。しかも、東部の都市サンタクルス(標高約400m)、
憲法上の首都スクレ(標高約2,750m)と、徐々に高度順応をしながら、
ウユニ塩湖、ラパス(ともに富士山とほぼ同じ)へと向かいます。

一面塩に囲まれたウユニ塩湖は、みなさまが楽しみにしているトリック写真撮影スポット。
現在、雨季の到来が遅くなっているとは年末の話。この1ヶ月の間に降って欲しいかぎり。
ちなみに下の写真、実物と反射した姿を逆にしていますが、分かるでしょうか。
このような写真も撮りたいものです。

よろしくお願い申しあげます。
水面に反射したウユニ塩湖。雨よ、今のうちにたくさん降ってください!(撮影:岩井)


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年01月08日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

ボリビアの旅よりもどりました

2016年01月04日

ウユニ塩湖の夕日を背にジャンプ!あと一人いればビートルズ!?(撮影:岩井)
昨日、南米ボリビアの旅より戻りました。
飛行機の遅延や高山に負けず、ボリビアの日々を楽しみました。
ウユニ塩湖では天気には恵まれました。しかし恵まれすぎて、雨はまったく無し。
少しでも降ってくれれば水たまりもたくさんあったのに・・・と思いつつ、トリック写真に勤しみました。
また私が巨人になって、みなさまを追いかける動画を撮ったりもしました。

地球の反対側にいたため、まだ時差ボケが抜けていないかと思います。
徐々に回復をされたタイミングで旅の想い出を送らせていただきます。

ご参加をいただき、誠にありがとうございました。
そして、またお会いしましょう!今後ともよろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年01月04日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索

岩井六朗 プロフィール

「無骨に全力投球」という言葉がどこか似合う。
お客様からの信頼も厚く、JTBグランドツアーでの添乗ツアー本数はトップ3に入る。
お客様にお配りする「旅の思い出」のイラストはベタながらも一所懸命さが伝わり、写真整理に便利と好評。
大卒後、メーカーでの営業勤めを経て、旅行の世界に飛び込む。

------------------------------
■プロフィール
実齢よりも老いてみえる容姿。
容姿は中近東も東京出身。沖縄→タイ→インド→トルコと年とともに容姿だけがシルクロードを辿り、ヨーロッパ手前で数十年足踏み、現在に至る。
大卒後、メーカーの営業を経て、旅行の世界へ。顔の影響で秘境の世界では常に現地人に間違われる特技があります。その反動か、当面の目標は欧米でも現地人に間違われること。
課題は年中ダイエットを標榜しつつも、逆行して丸くなる体。しかし、近年は食事に気を配り、食材にも興味を持つこのごろです。

■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/31(金)発 催行決定!】迫力のヤスール火山と手つかずの大自然バヌアツ紀行 9日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求