期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

柏木康宏ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

11月はカナリア諸島クルーズへ

2015年10月20日

11月12日発カナリア諸島クルーズ12日間の催行がようやく決定しました。

ツアー責任者はパンフレットに記載の通り私です。

まず、羽田空港から日本航空でパリへ。パリで乗り継いでエ-スフランス航空でリスボンに入ります。

リスボンでは5つ星ホテルに宿泊し、翌日の午前中は専用車・日本人ガイド同行でリスボン観光。

昼食はリスボンのシーフードを堪能し、その後クリスタル・セレニティに乗船します。

クルーズ船には9連泊。カナリア諸島のマデイラ島やテネリフェ島、ランサローテ島をめぐります。

スペインのマラガに寄港し、専用車・日本人ガイド同行でマラガとミハスを観光。

その後、地中海をクルーズし、モンテカルロで下船。

ニースを出発し、パリで乗り継いで羽田へ。

忙しい日程ではないので、ゆったりクルーズライフを楽しむには最高のコースです。

10月30日までお申し込み可能です。

ご興味ある方は柏木までお問い合わせください!

クリスタル・セレニティ

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 柏木康宏 ( 2015年10月20日 11:08 ) |  メッセージを送る(0)

歩いて国境を越えアメリカへ

2015年10月01日

先日カナダのツアーから戻りました。

ナイアガラの午後自由行動では、ご参加の皆様全員で、

歩いてカナダ側からアメリカ側に行きました。

まず、カナダ側のゲートで50セントを払いレインボーブリッジへ(カナダの出国審査はありません)。

 レインボーブリッジ

橋の真ん中がカナダとアメリカの国境。両国の国旗が掲げられています。

カナダ-アメリカ国境

 

国境から見たナイアガラの滝

アメリカの入国審査場では、パスポートを持って係官の所へ。

係官に「このグループはカナダ側のシェラトンに泊まってて、アメリカ側を見て帰るだけ」と伝えても、

「前回はいつアメリカに来たのか?その時どこに行ったのか?何日間だったのか?帰国はいつか?」などなど、

私は電子ビザESTAを持っているのに、ネチネチと質問を受けました。

ESTAがない人はI-94という出入国記録カードを記入します。

その後、ESTAあるなしに関わらず、ひとり6ドル取られます。

私を含めたった7名なのに入国審査を通過するのに40分ほどかかりました。

気を取り直してアメリカ側を散策。

現在カナダ側のテーブル・ロックの向かい、アメリカ側のテラピン・ポイントは公園整備中で近くに行けません(2016年完成予定)。

それでもアメリカ側から見る滝は、カナダ側とは違った景色を楽しめます。

ちなみにカナダ側からスタートして戻ってくるまでに3時間ほどかかりました。

この日はお客様の万歩計で約15,000歩、10km以上歩いた計算になります。

アメリカ滝

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 柏木康宏 ( 2015年10月01日 15:56 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

柏木康宏

(かしわぎやすひろ)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

柏木康宏 プロフィール

楽天的で開放的な南欧諸国が大好き。あらゆる添乗の経験があり、訪問国は80か国以上。20年の硬式テニス歴があり、大学時代にはコーチの経験も。ワインが大好きな福岡県小倉出身。

------------------------------
■添乗モットー
わきあいあいとした雰囲気で皆様とともに旅を楽しむことです。

■好きな国・地域
文化・遺跡系 1位 イタリア、2位 エジプト、3位 フランス/自然系 1位 スイス、2位 ネパール 、3位 アルゼンチン(パタゴニア)

■趣味・特技
テニス、星空観測、ドライブ