スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

加藤悦子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

感動の台北!

2016年01月26日

弊社10周年記念謝恩企画「グランドツアーの夕べin台北」から戻り、はや1週間。

まだ、お腹に美味しい小龍包やフカヒレスープが居座っているような...。

でも、いっぱいになったのはお腹だけではありません。

謝恩パーティで、お客様にしていただいた乾杯のご挨拶、閉会の一本締め、

以前ご一緒したお客様の懐かしいお顔、おかけいただいた温かいお言葉、

帰国後お送りいただいた「旅の想い出」などなど。心が感動でいっぱいになりました

いただいたこの感動を倍にしてお客様にお返しできるよう、これからも企画、添乗に

頑張っていきたいと心を新たにしております。

台北でお会いした皆様、どうもありがとうございました。これからもよろしくお願い

いたします。

謝恩パーティー会場(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 加藤悦子 ( 2016年01月26日 15:15 ) |  メッセージを送る(0)

寒かった! べネルクス3国から戻りました

2014年08月26日

90年ぶりの冷夏! とオランダ滞在中にニュースで流れたベネルクス3国。

出発前は光り輝く太陽を恨めしく思う日々でしたが、現地は冬? という寒さ。

たまに顔を出してくれる太陽がこんなにも暖かいものかと実感した次第です。

ツアーにご参加の皆様は、雨にも負けず、風にも負けず、無事11日間を乗り

切ってくださいました。心から感謝申し上げます。

ブリュッセルでは、雨に降られるかとドキドキしましたが、そんな心配をよそに

僅かながら陽光がさす中、トルコをイメージした美しいカーペットを眺めることが

できました。

市庁舎のバルコニーから見たフラワーカーペット

世界一美しい広場と言われるグラン・プラスは色とりどりの花に彩られ、さらに美しさを

増していましたが、市庁舎の中もフラワーアレンジメントに飾られて、とても可憐でした。

市庁舎の内部もお花のデコレーション

オランダ・アペルドールンでは、ヘットロー宮殿庭園でのパレードの日に大当たり。

美しい庭園と大道芸人の方々の繰り出す幻想的な雰囲気に、昔の王侯貴族の遊宴に

参加したような気分になりました。

パレードに現れた妖精?

また、アムステルダムでは、事前のアンケートでリクエストをいただいたアンネフランクの

家と屋根裏教会も訪れました。

両方ともオランダの歴史の暗部に触れる観光箇所です。特に屋根裏教会は、グループで

訪れることはまずないというところ。屋根裏にこんなに立派な教会があるとは! と

驚きでした。

これが屋根裏だなんて!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 加藤悦子 ( 2014年08月26日 14:59 ) |  メッセージを送る(0)

9月はエンジェルフォール、アマゾン、レンソイスを訪れます

2014年08月12日

9月11日から「驚異の落差エンジェルフォール、大河アマゾンとレンソイスの白い砂丘13日間

に添乗します。

エンジェルフォール、アマゾン川、レンソイスの砂丘、どれも圧巻の景色を見せてくれます!

ご参加の皆様には、ぜひ、体力をしっかりつけてお出かけいただきたいと思っております。

エンジェルフォール 轟音が聞こえてきそうです

朝日に染まるアマゾン

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 加藤悦子 ( 2014年08月12日 09:26 ) |  メッセージを送る(0)

美しいウユニ塩湖から戻りました

2014年02月14日

2月11日、雪の影響により、1日遅れで「天と地が交じりあう絶景を訪ねて

雨季のウユニ塩湖11日間」から帰国しました。

ウユニ滞在2日目には、夜中大雨が降り、夜が明けると美しい水面が塩湖に登場。

朝焼けもこんなに綺麗でした。

朝焼け(撮影:加藤)

どちらが天でどちらが地?(撮影:加藤)

昼間は乾いたところ、水のあるところで写真を撮りまくり。

上記の写真は、本当に天と地が分からないほど。実は、これ、カメラを逆さまにして

撮影しています。実際は下記の風景。

こちらが本当!(撮影:加藤)

他にも、ご参加者全員でジャンプをしてみたり、人文字を作ってみたりと、大いに

遊んだウユニ塩湖でした。

大きなケーキにがぶりつき

ウユニ塩湖の後は、事実上のボリビアの首都、ラ・パスへと向かいました。

すり鉢状の街は、昼間の景色も夜景も、目を見張るものがあります。昼間のラ・パス(撮影:加藤)

ラ・パスの夜景 光り輝くのはサッカースタジアム(撮影:加藤)

南国情緒溢れるサンタ・クルスから、徐々に高度を上げ、古都スクレ、銀の街ポトシ

を訪ね、ウユニでゆっくり絶景を楽しみ、ラ・パスへと至るボリビア満喫の本ツアー、

お写真撮影好きの方は、是非、お越しください!

《ご参加の皆様へ》

ツアー中は、皆様初対面とは思えないほど和気あいあいとお過ごしいただき、私自身、

とても楽しく過ごすことができました。

ロサンゼルスで一延泊となるハプニングもありましたが、皆様のご協力のおかげで、

成田に帰着、国内線のお客様にも、無事、乗り継いでいただくことができました。

誠にありがとうございました。

また、皆様とお会いできることを心待ちにいたしております!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 加藤悦子 ( 2014年02月14日 10:17 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

加藤悦子

(かとうえつこ)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

加藤悦子 プロフィール

「笑顔がツアー全体を明るい雰囲気にする」「歴史の説明が詳しい」と好評。
通算約2,000日の添乗経験の中で、イタリアの青の洞窟に入れなかったことが一度もない、という強運の持ち主。
人々の優しさに癒されるポルトガル・イランが好き。
モロッコの雑貨については、社内で一番詳しい自信あり。

------------------------------
■プロフィール
生まれも育ちも神奈川県です。
中学生の時、世界史の授業を受けてから世界に憧れを持つようになりました。
また、人と接することが好きだったこともあり、お客様や他の国の人々と交流することのできる添乗員という仕事を楽しんでおります。

■添乗モットー
明るく笑顔で。何が起きてもその出来事を楽しむ気持ちを忘れないよう心がけています。

■好きな国・地域
モロッコ、イラン、ポルトガル、オーストリア

■趣味・特技
趣味 茶道 読書 近場の旅(散歩)

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【8/11(金)発 催行決定!】  ケルト文化が息づく緑の島へ 南北アイルランド周遊 10日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求