期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

川井麻紀子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

エジプトより帰国しました。

2017年03月07日

先日、エジプトより帰国しました。

とても穏やかな気候の中、ルクソールよりスタートした旅ですが、

エジプト到着後すぐに、ナイル川のクルーズ船に4連泊ということもあり、

ゆったりとお過ごしいただけたのではないかと思います。

気温が高い地域や、遺跡など長時間の見学になるところについては特に、

"このゆとり"は大切だな~と実感しました。

ハトシェプスト女王葬祭殿旅が始まりましたルクソールの観光です。

ナイル川を挟んで東岸と西岸の両側に見どころがありますが、

ファラオは東岸で時を刻み、ナイル川を渡り西岸に運ばれて埋葬されていました。

写真のハトシェプスト女王葬祭殿は、埋葬される前にその儀式を行うためのもの。

そのたった一回のために建設されたといいますので、

壮大さを感じずにはいられません。

エスナ水門にて

水上マーケット?

遺跡の観光中についてくるお土産屋さんもなかなか根気がありますが、

ここの方も相当粘り強かったです。

ナイル川をルクソールから、エドフへ移動する途中にある

エスナの水門は、クルーズ船が2艘づつのみ通過できるところ。

今回は通過するのに待ち時間がありましたので、その間ずっと続いたやりとり。

"買わないかあ?""いらないよ!" "こっちの布はどうだ?" "いらないよ!"

さんざん繰り替えすこと約2時間でした。

それでもなぜか飽きずに見続けました・・・。

売り物が飛んでくるのでなかなかおもしろいですよ。

エスナ水門通過中

アスワンの老舗ホテル、オールドカタラクトホテルのアガサクリスティーの部屋。

クルーズ船中泊時のお食事は、通常クルーズ船内となりますが、

今回のシリーズでは、特別にこちらのホテル内レストランでのご夕食を手配しています。

お食事後、幸運なことに、こちらのお部屋を拝見することができました。

正規のお部屋代を聞いて、びっくりしました・・・。

オールドカタラクト・アガサクリスティーのお部屋

一日約5000人以上が訪れる、水没してしまう運命にあった有名な神殿です。

この神殿があるアブシンベルにも宿泊しました。

アブシンベルは極端にホテルの数が少ないので、

ほとんどの観光客は日帰りです。一日約5000人以上の方が訪れるといいますので、

日中は、たくさんの人でかなり混雑しています。

夜の音と光のショーや、朝日鑑賞は、宿泊した方のみが訪れることができますので、

今回は貸切に近い状況でした!

アブシンベル宮殿の音と光のショーにて

約4年ぶりのエジプトでしたが、ますます好きになりました。

また近いうちに訪れたいです。

それにしても首都カイロの交通渋滞はすごかったです。

今や人口の約4分の1の方がカイロで暮らしているとか。

また、ルクソール到着からカイロの出発まで、8日間ご一緒していただきましたガイドのイドさんの説明は

本当にとてもわかりやすく、私もいままで曖昧にしてきたことが、

すっきりとしました。

お客様にも大絶賛でした。

また、グランドツアーの旅行でご案内をお願いしたいです。



そして、ご参加いただきました皆様。

この度もご参加いただき誠にありがとうございました。

今回のエジプトに対する私の思いは少しだけバスの中でお話させていただきました。

これからも、どうぞ世界の素敵な場所へお出かけください。

ご相談なども是非お待ちしております!!



なお、エジプトコースは、この春以降も継続する予定です。

詳しい内容は、もうまもなくで発表できる見込みですので、

どうぞお楽しみに!

(撮影:全て川井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井麻紀子 ( 2017年03月07日 16:54 ) |  メッセージを送る(0)

やっぱりいいな、エジプト

2017年02月28日

エジプトへ来ています。
ルクソールからアスワンへと見学、移動しながらナイル川クルーズ船に4連泊した後、アブシンベルにやってきました。
今回のツアーでは、アブシンベル神殿へ、朝日観賞、日中の観光、夜は音と光のショーと3回ご案内します。
毎日、日中は5000人位の観光客で溢れる神殿ですが、朝と夜は貸切の様でした!
宿泊した方だけが味わえる雰囲気は格別でした。
夜のアブシンベル神殿(撮影:柏木)
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井麻紀子 ( 2017年02月28日 16:22 ) |  メッセージを送る(0)

エジプトに行ってきます。

2017年02月20日

まもなくエジプトに出発させていただきます。

昨年の秋より企画を進めてきましたエジプトツアーです。

最初のツアーは先月出発したばかりですが、

3月までに設定しましたツアーは、おかげさまでほぼ出発決定になりました!



ご参加いただきます皆様も、ほとんどの方がエジプトツアーの再開を

待ちに待った!のではないかと思います。

その思いを募らせた分、充分に堪能していただきたいです。



こちらがご案内するツアーです。

No.1422 ネフェルタリ王妃墓にも入場する

アブシンベルにも宿泊する エジプト ナイル川クルーズ 10日間

ルクソール神殿のライトアップ(撮影:柏木)現在はエジプトまでの定期直行便はまだお休みしていますので、

ドーハ経由でご案内していますが、ドーハからは、ルクソールに直接入ります。

夕方早い時間にクルーズにチェックインしてからは、4連泊です!!

基本的に観光のあとは、クルーズ船でゆっくりとお過ごしいただけます。



私も久しぶりのエジプト訪問となり、とてもワクワクしています。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井麻紀子 ( 2017年02月20日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

香港にご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

2017年01月30日

先日、香港謝恩企画ツアーより帰国しました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

いつもアフリカ方面に同行させていただくツアーでは、

乗り継ぎをしている香港ですが、

入国したのは、本当に久しぶりでとても新鮮でした!

なにより天候にも恵まれ、ご参加いただきました皆様と

いつものツアーとは少し違うかたちで、

とてもいい時間を過ごさせていただきました。

香港伝統芸・変面ショー!

グランドツアーの夕べというパーティーでのショーのひとつ、

"変面"は思った以上に楽しんでいただけたみたいです。

私も身を乗り出して観ました。

失敗することは、絶対にないんですって。

今回同行させていただきましたスタッフ(撮影:山名)

社員が海外でこんなに集まる機会は他にはないです。

お客様と一緒に楽しまさせていただきました。


また、こんな機会があったらいいなあと思います。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井麻紀子 ( 2017年01月30日 10:12 ) |  メッセージを送る(0)

シンガポールでカウントダウン

2017年01月13日

今年の年末年始はシンガポールでした。

カウントダウンは、お客様のお部屋にお邪魔させていただき、

シャンパンをいただきながらむかえました。

とびきり優雅な時間でした!

写真が鮮明でなく申し訳ありませんが、

マリーナ湾が一望できるお客様のお部屋より、カウントダウンの花火も観させていただきました。

高層階からのぞみましたので、花火が目線より下です!!

約10分間も続きましたので、

本当に見応えがありました。


シンガポールのお正月は、中国系の旧正月、マレー系のお正月がメインとなるため、

この年末年始は、各観光箇所やお店も通常通りの営業です。

また、時差もほとんどなく、直行便があるのも便利です。

町の中に出なくても、お部屋から豪華な花火をゆっくり観れるもはなによりですね。

年の締めくくりのカウントダウンをシンガポールで!

おすすめします。

ホテルでは紅白歌合戦も衛生中継していたそうです。

ホテルよりマリーナ湾をのぞむ(撮影:川井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井麻紀子 ( 2017年01月13日 11:22 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

川井麻紀子

(かわいまきこ)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

川井麻紀子 プロフィール

体力には自信があり、いざという時に常に走れる肉食系ツアー責任者。
添乗員としての経歴も長く、添乗日数は通算2,500日以上。
イスラエルに1年間放浪した経験をもち、どんなトラブルがあっても安心して旅をおまかせできると定評がある。
お酒が好きな秋田県出身。

------------------------------
■プロフィール
秋田県出身。山好きな父の影響もあり、学生時代は山岳部、サイクリング部に所属。体力だけは自信があります!!いざという時に常に走れる添乗員である様に、今は形を変えて運動しています。
20代前半に約一年、イスラエルを放浪し、もっと世界を知りたい、と思ったことが添乗員になったきっかけです。
今までたくさんのお客様とご一緒させて頂きました。これからも出会いを大切にしていきたいです。

■添乗のモットー
安心感。信頼感。お客様の雰囲気。

■好きな国
アジア ネパール、ブータン
( 大自然と素朴な人々)
ヨーロッパ イタリア
( 美味しい食べ物とワイン陽気な人々)

■趣味
スポーツジム(エアロビクス、ボクササイズ) 部屋の掃除