スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

グランドツアー登山部、雪山へ!

2013年11月12日

写真は昨年11月の北横岳。高峰温泉とは関係のない、単なる雪山のイメージです

9月、10月の日本アルプスでは参加のお客様が4名と3名というこぢんまりしたハイキング倶楽部でしたが、11月と12月は盛り上がってきました。

今度の土曜日(16日)は箱根の明星ヶ岳と明神ヶ岳で現在9名のお客様のお申し込み。
久しぶりに2名体制で臨みます。

黒石の他、高校時代は登山部の所属だった(今はストイックな飲んだくれ)、川井(女性)。

世界の果てまでいってQ!でマナスルに登頂したイモトさんに感化されたことと川井の参戦が重なりましたので、ハイキング倶楽部改め、黒石の中ではグランドツアー登山部と名称変更したい気分です。

そして来月。
12月14日(土)から2日間で実施する長野県は高峰温泉の企画。

7名のお客様のお申し込みとなり、催行も決定。
おなじみの方が多く、また、志波さんも同行ですので、忘年会といった雰囲気になりそうです。

来年の2月はもう1回雪山をやります。
場所は北八ヶ岳の麦草ヒュッテ。

9月の北横岳で使った北八ヶ岳ロープウェイで坪庭まであがり、麦草ヒュッテまで歩いて宿泊。
ここではスノーシューを体験しましょう。

先日、個室を数室予約しました。
これまた楽しみですね。

2月22日(土)から2日間、志波さんも同行です。

どちらも、一般的でないスイスアルプスの様子を志波さん持参の写真で紹介してもらおうと思っています。
飲みながら。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2013年11月12日 16:20 ) |  メッセージを送る(0)

最近のお仕事~オンラインのカード決済~

2013年11月06日

決済メールのサンプルわたしは、「旅行屋」です。

ですから、旅のことを考え、旅に携わる実務が仕事でした。

しかし、2012年度より、いわゆる総務部門に配置されたことから、直接的に旅行に関わる仕事が、添乗以外ほとんどなくなりました。

今やっていることのひとつが、カード決済のオンライン化推進。

これまでは、グランドツアーの営業時間内にお電話をいただき、決済用のカード番号をいただいていました。

現役で仕事をされている方々にとっては不便このうえなかったと思われます。

なんとか、みなさまにとっての利便性を向上させようと、JTBグループで扱っているオンライン決済の仕組みをグランドツアーでも導入することにしました。

11月1日以降に申込金、残金のご請求書をお送りさせていただく方が対象です。

まず、こちらからはご請求内容が記載されたメールをお送りします。
それが上のデータです。

ページの下の方にあるURL(アドレス)をクリックしていただくと、決済画面へ移動します。
その後、カード情報をご入力いただくと決済完了。

無事決済が終わると、その旨を通知するためのメールがお客様とグランドツアーに送られます。

紙でのご請求書やご案内も、これまで通りお送りします。
(オンライン決済をされた方への入金御礼の郵送はおこないません)

また、お電話でカード番号等をいただく方法もこれまで通り継続します。

ですから、オンラインの決済が浸透しない場合、メールをお送りする手間だけが単純に増えることになり、仕事に対しての黒石の見通しが甘かったと判断されるリスクを抱えました・・・

本日の昼くらいまでは、URLをクリックしても決済画面に進めない、というトラブルがありましたが、こちらは対処済み。

ようやくお客様にご利用いただけるようになりました。
メールをお送りしたにも関わらず、決済できなかったみなさま、誠に申し訳ございません。

再送をご希望される方は、お手数ですがその旨をお知らせいただければと思います。
(何度も何度も勝手にメールを送りつけるのもどうかと思いますので、こちらからの勝手な再送は控えます)

みなさま、ぜひご活用ください。

なお、先日、26台のiPhone5s(ゴールド)が納品されました。
社員に貸与するものです。

現在、1台ずつ電源を入れ、端末管理の設定やらをおこなっています。

かなり地味で、骨の折れる作業です・・・

今後、ご参加いただくみなさまに対して添乗員の電話番号をお知らせすることになると思います。
自由行動中でも連絡が取れるようになりますから、安心感が増すのではないかと。

そのためにも、この地味な作業を乗り越えます!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2013年11月06日 18:26 ) |  メッセージを送る(0)

感情移入

2013年11月03日

青葉山公園の政宗公

プロ野球の日本シリーズ、だいぶ盛り上がってますね。
たかが野球ではありますが、たくさん思うところもあります。

今年の9月、2回の3連休がありました。
覚えているでしょうか?

最初が台風、次は快晴でした。
最初の連休に仙台と平泉、次の連休はハイキング倶楽部で北アルプスを訪れました。

実は自分、あまり日本をめぐったことがなく、この時の平泉(岩手)がこれまで訪れた日本の最北端です。
子供のための家族内修学旅行という意味合いで出かけた小旅行で、2泊3日の急に思い立った外出(妻の発案)。

1泊目は杜の都・仙台。
予想に反し、半端な地方都市とは比べものにならない都会でした。
旧帝大である東北大がある都市ですから、ある意味当然だったのかもしれませんが。

戦中の空襲で歴史的なものは破壊されたようですが、紛れもなく東北の雄です。
名前は忘れましたが、仙台駅近くで深夜までにぎわっていたラーメン屋が思いのほかおいしかったことが印象に残っています。

この時点で東北楽天ゴールデンイーグルスの快進撃は周知の事実でした。
マー君投手の偉業も。

ちなみに、この時以来、子供は政宗公のことを意識するようになったようです。
日本人の親として、我が子が日本の歴史の一端に関心を持つようになったことはうれしいことです。

伊達政宗公の霊廟、瑞鳳院

と、まあ、こういう国内旅行があった訳ですが、いいたいことは、こういうことではありません。

なんとなく自分も、日本シリーズでは楽天を応援してしまう、というところです。

自分の父親は、大病を患って入院中です。
現時点ではかなり回復していますので、病院食を嫌って3食ともに売店の助六寿司を食べています。
見舞いに訪れた際、床頭台に積み上げられた寿司を見てちょっとびっくりしたほど。
助六が十八番の市川海老蔵さんもびっくりじゃないかと。

そんな父親は、長嶋茂雄ファンで、今でも根っからの巨人ファン。
息子である自分も昔は野球をしていましたので、父親の影響で巨人ファンでした。
(車はトヨタ、バイクはホンダ、電化製品はパナソニックというところまでこだわる父親です・・・)

病床でも元気になってからは、日本シリーズで活躍するであろう巨人に期待しつつ、テレビカードを用意して、どんな体勢でテレビを見ようかと考えていたようでした。

しかし・・・

今回自分は、父にはいえまえんが、どうしても楽天に感情移入してしまいます。

なんというのでしょうか、このチームに希望の光を見出しているすべての人々を応援したい、という気持ちで。
新聞で報じられている情報でしか判断しようがないところもありますが、原発事故後に苦しんでいる人々の生活に背をそむけていけないという気持ちと、日本政府のその後の対応に憤りを感じてならないから。

旅行という産業を通じて、なにか貢献しなければなりません。

親父、悪いな。
今年は楽天が優勝すべきだ。

楽天が勝つことの方が、今の日本にとって意味があると思うよ。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2013年11月03日 00:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/31(金)発 催行決定!】迫力のヤスール火山と手つかずの大自然バヌアツ紀行 9日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求