スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

イランの聖地

2014年05月09日

ハラムのオフィシャル地図(少々加工)

さて、本日から何日かに分け、ゴールデンウィークの旅をレポートしていきます。
そもそもどのような旅だったかというと・・・

①昨年も訪れたイランの聖地マシュハドからスタート

②陸路国境を越えてトルクメニスタンへ(この国境がおもしろい)
③首都アシガバードのきらびやかで非現実的な建造物に驚く(ほとんどが白い大理石作り)

④カラクム砂漠にある最近話題の燃えるガスクレーター「地獄の門」でキャンプ(近づくと強烈な熱風)
⑤トルクメニスタン第4の都市(人口16万人)マリィへ(こちらが現実の世界)
⑥4000年前に4大文明の周辺で栄えたマルグッシュの都市遺跡訪問(悪路・・・)

⑦紀元前3世紀頃から発展と遂げた古代メルヴの遺跡訪問(イマジネーションの世界)

⑧乗り継ぎ時間を利用してイスタンブールで打ち上げ(シーフード、炉端焼き、夜景)

こんな内容です。

で、今日は①のマシュハドをご紹介する、というわけです。

マシュハドのメインはなんといってもシーア派12イマームのうち第8代イマームであるイマーム・レザーが眠るハラム。

霊廟、モスク、図書館、博物館などがなんでも揃う巨大コンプレックスで、ムスリム以外の者が入場する場合は必ずスタッフの同行が必要になります。

で、ようやく冒頭の地図に触れるのですが、これはハラムのものです。

今回は、午前と夜の2回、ハラムに入場しました。
ハラム入場にあたり、女性は頭から足元までを覆う服装、男性は襟付きシャツと長ズボン(パンツ?)着用が求められます。

昨年に続けての訪問ではありましたが、昨年とは違う場所が見学できたりと収穫は多く、また建造物の美しさはイラン一(私見)です。

聖地が放つ神聖なエネルギーが付加されますので、代表的な観光地であるイスファハンですら、ハラムの比ではないと感じます(あくまで私見)。

と、ここまでですでに文章が長くなってしまいましたので、最後に今回初めて入ったシェイク・トゥースィーの聖域の写真を数点紹介して本日のレポートを終了します。

ここは地下になりますので、建物の外観はありません。
昨年は、こんな場所があることすら知りませんでした。

では、また来週。
最後に予告を兼ね、おまけを1枚つけておきます。

なお・・・

ハラム内はカメラの持ち込みが厳禁で、入口でチェックされます。
繰り返しますが、持ち込めないのはカメラです。

カメラ機能を備えたカメラではない機械は持ち込めます。
また、イマーム・レザー廟、ゴーハルシャード・モスクはムスリム以外は入場できません。

が、今回、ガイドさんにお願いしてイマーム・レザー廟の写真だけは撮ってきてもらいました。
(お客様所有)

女性のための祈りの場

天井のシャンデリア

天井の装飾

ジョムフーリの中庭から見たイマーム・レザー廟(金のドームの下に廟があります)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年05月09日 11:17 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/31(金)発 催行決定!】迫力のヤスール火山と手つかずの大自然バヌアツ紀行 9日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求