スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

世界最恐の観覧車 in マリィ

2014年05月19日

週が変わりました。
しばらくブログを更新できていなかったので、たまに添乗に出た時はしっかりレポートします。

さて、これまでのご紹介によってヴェールに包まれていたトルクメニスタンという国がどのようなところなのか、少しずつみなさまの理解が深まっているようであれば幸いです。

そして今日は!
なんと!

現時点で黒石が知る世界で最もスリリングな観覧車をご紹介!

全景

これです。
この手の娯楽施設や外国人を意識した西洋料理のレストランにはまったく人がいないのも特徴です。

真下から見上げる


これのなにが恐いかというと、まず(1)古い(ソビエト時代)、そして(2)安全が担保されていないというところです。

まずはガイドさんが挑戦

どうでしょう、この感じ。
最低でも2人で乗らないとバランスがとれずゴンドラが傾きます。

頼りない赤いパイプで囲われているものの、なんとも不安・・・
緑の椅子もだいぶ古びております。

最大のスリルを感じさせるのが、なんというか、覆われている感がまったくなく限りなく人体が空中でむき出し状態であるというところです。

余裕のピース・・・

自分は王子と呼ばれるお客様とペアで乗ったのですが、2人とも怖さでカチンコチン。
かろうじて数枚の写真を撮ったのですが、たまたまカメラをむけた方向にいたロシア人風女子はこちらを見てピース。

なぜこんな余裕があるのでしょうか・・・

見事な笑顔

後から回ってきたお客様も笑顔。

恐くないんでしょうか。
この女子グループに「乗車中なんども名前を呼んだのに1回も振り向かなかった」と指摘されました。

つまり、王子と黒石はへたれということでしょうね・・・

こんな感じですよ、恐いですよね、普通。

このむき出し感、どうですか?

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年05月19日 16:18 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/31(金)発 催行決定!】迫力のヤスール火山と手つかずの大自然バヌアツ紀行 9日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求