期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ハイキング倶楽部、ヨーロッパアルプスへ

2014年05月28日

ついにネタが尽きたので昨日でイラン・トルクメニスタンのレポートは終了です。

次の添乗予定はヨーロッパアルプス。
ハイキング倶楽部でガイドを務めてくれている志波さんとの合同企画、アルプス・オートルートです。

すでにある程度のお客様のお申し込みはいただいておりますので出発はできるだろうと思っています。
志波さんと黒石で出来うる限り手助けをしながら歩くつもりでいますので、参加のお客様の上限は10名様まで。

できれば6~8名のお客様くらいがベストですね。

コースの内容はこちらでご確認いただけます。

シャモニーからツェルマットへ アルプス・オートルートハイキング 10日間

日程だけでは様子が分かりにくいと思いますので、ルートマップと合わせてご覧ください。

こちらです。

だいたいお分かりいただけますか?

ご参加のお客様には同じものを印刷してお送りします。

最初と最後だけは写真がありますので、合わせてご紹介。

シャモニー、赤い針峰群周辺

この写真はエギュイ・ドゥ・ミディから撮影したものです。
ハイキング倶楽部ではこちらの展望台はいかず、主に写真の赤い丸のあたりで行動します。

宿泊するフレジェール小屋の位置は赤い針峰群の下。

こやそのものはこのような感じです。

これが建物

室内

この日は雲が出てしまったので景色が良くありませんが、小屋の向こうにはメール・ド・グラス氷河、ドリュ針峰(これは見えています)、ヨーロッパ3大北壁のグランド・ジョラスが望めます。

旅の締めくくりはやはりツェルマットで、最後のハイキングはシュヴァルツゼーからヘルンリ小屋の往復。
ヘルンリ小屋はマッターホルン登頂をめざす人々が前夜に宿泊する小屋です。
(今年は改装のため営業していません)

マッターホルンの下に小さく小屋が見えています

ちょうど写真の真ん中あたりに見えているのがヘルンリ小屋です。

あそこを目指します。

小屋を見下ろす

マッターホルンの登山口に近づいて小屋を見下ろすとこんな感じです。

クライン・マッターホルン、ブライトホルン、モンテローザといった名峰群がずらり。
天気が良いといいですね。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年05月28日 10:40 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・