期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ツェルマットへの道 オートルートレポートその4

2014年08月30日

考えてみると来週は月~水まで研修のため不在でブログを更新できないため、予定を変更して今日もレポートをアップします。

この日はディス湖(ディクセンス・ダム)からディス小屋までの約10㎞、高低差約600mのハイキングで、予定しているものの中で最もハードなもののひつと。

エスケープルートや悪天時の退避方法がなく、小屋までいって帰ってこなければならないため、志波さんが最も心配していた行程です。

ヴェルビエのホテル。思っていたよりはるかに良かったです。パン屋はここの向かいにあります

まずは朝、ホテル前のパン屋さん(どのパン屋もホテルの朝食用として配達したりするため朝7:00過ぎには開店します)で昼食用のバゲットを調達。

朝食後、7:40にホテルを出発しディクセンス・ダムへむかいます。

ヴェルビエのあるバーニュ谷からローヌ川の流れるローヌ谷へ出て、エレマンス谷へ。
今回2回目となるマッターホルンとのご対面は、エレマンス村にて。

それがこちら。
ダンブランシュの横にちょっとだけ頭を出しています。

右のあたりにちょっと頭を出しています

拡大するとより分かりやすいですね

いつ隠れるか分からないので村で車を停めてもらって写真タイム。

ダムへむかってくねくね道を進みます。

そしてダムに到着。
ロープウェイでダムの上までいきます。

ダムとホテル。ダム建設時の飯場がホテルになったそうです

ダムのロープウェイ乗り場

歩いても上がれるのですが、高低差200mを道のりをあえて歩くのもなんですので、ロープウェイでぱっと上がってしまいました。

到着後、いよいよハイキングがスタート。
まずは7つのトンネルを抜け、その後は延々と約2時間、湖畔の平坦な道を歩きます。

湖の一番奥までとにかく延々と歩きます。奥に見える雪山の右が小屋の正面にそびえるモンブラン・シェイロン

これは雪崩の跡なんだそうです

湖の一番奥までいってから登りがスタートするのですが、その手前で本日の昼食。
メニューは、朝買ったバゲット、前日志波さんとスーパーで調達したプチトマト、イワシの缶詰、タコの缶詰、ツナの缶詰、中華風スープです。

バーナー用のガスはシャモニーで購入しておきました。
日本に比べると高いです。

この日の昼食(撮影:志波さん)

なお、この日と翌日に昼食場所付近の写真を撮影しているのですが、少々風景に変化があります。
見てみてください。

当日撮影

翌日、前日より若干左から撮影

違い、分かりますよね。
翌朝は結構な雪が降ったため積雪量が増えています。

降る可能性があると志波さんにはいわれていたのですが、本当に降るとは思いませんでした。
山って恐い。

さて、いよいよ登りが始まります。
約3時間で600m。

がんばりましょう。

ここは序盤

まだまだ

歩いてきた道を振り返る。途中からリッジ上のルートになります

ここからしばらくリッジ上を歩いていくと、左(東)のコルの奥からマッターホルンが見えてきます。
と志波さんが声をかけてくれました。

すると・・・

「あ、もう見えた!」

と。

志波さんも驚くほど早々のご対面。
あまりに天気が良いためとはいえ、こんなことはめったにないと驚いていました。

分かります?このコル(鞍部)を越えていくとアローラの村にいけるそうです

拡大するとよく分かりますね

もうちょっと先へいくとダンブランシュとの2ショットが

テテ・ノアール(黒い頭)という山(丘)が最後の急登で、そこを過ぎるとディス小屋はすぐそこ。

ここを過ぎれば小屋は目の前

なお、テテ・ノアールには十字架が立っていて、その周辺でエーデルワイスが見られます。
シャモニーのガイドさんもいっていたのですが、エーデルワイスは茶色い石灰岩があるところにしか咲きません。

ですから、同じ山でも花崗岩質の場合は絶対に咲かないそうです。

茶色い石灰岩についてはまた後日ご覧いただくことにしましょう。

季節外れのエーデルワイス

左下にディス小屋、右はモンブラン・シェイロン、真ん中がシェイロン氷河

小屋は丘の上に建っており、最後の最後にいやらしい坂が待っていますが、これを登りってようやく小屋に到着。

シーズン後半ということもありだいぶ空いていたようです。
我々の到着前、写真には写っていませんが右の方にある氷河から1パーティーが歩いてきました。

本来のオートルートを歩く場合、アイゼンとピッケルを装備し、ザイルで結び合って氷河を渡ってくるそうです。
また、翌朝はシェイロン氷河の左端を登り、山の向こう側へ歩いていくとのこと。

ディス小屋のある場所は標高2,928m。
ここまで歩きながら少々の酸素の薄さに体を慣らしてきていますので、アルコールを接種しても特段の問題はなし。

小屋のオーナーの趣味でベルギービールの品揃えが豊富なため、まずはアルコール8%のビールで乾杯。
その後は持参した焼酎へと続きました。

小屋の夕食は18:15から。
スープ、白菜のサラダ、ペンネとミートソース、レモンタルトというメニューでした。

料理は大皿で出され取り分けるのですが、おかわり自由。
まわりのヨーロッパ人はぺろりと平らげています。

しかし、小食(恐らく世界一)の日本人には食べきれない量。

この日はアーベントロート(夕焼け)も美しく、山々が赤く染まったのでした。

美しく染まっていました

東側も赤く染まります

この風景も翌朝には一変してしまうのですが、どのようなドラマが待っていたかはまた来週ご紹介します。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年08月30日 12:16 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・