期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ツェルマットへの道 オートルートレポートその9

2014年09月10日

いよいよ今回がこの夏のオートルートハイキングのレポート最終回となります。

帰国日ですのでかなり薄っぺらい内容です。
ご容赦ください。

※ご参加のみなさま、本日ようやく旅の記録を発送することができました。
 長らくお待たせをいたしまして申し訳ございません。

この日、黒石は荷物の運び出しなど出発前の段取りを終えたあと、駅前のコープ(スーパー)へいき最後のリベラ(乳清入り炭酸飲料)を購入。

その後、8:25にみなさまとホテルを出発しました。
ホテルは駅の目の前のシュヴァイツァーホフですので、1分ほどで改札に到着。

先にホームで荷物とともに待ってくれていた志波さんと合流し、8:40の列車でツェルマットを後にしました。

ホテルで荷物出しの準備をしていた時、「空港までの車内でみなさんで食べてください」と志波さんからおみやげをいただきました。

ツェルマット名物、マッターホルン型チョコーレートです。

なんだかんだで車内では配れず、結局みなさまに召しあがっていただいたのはミラノのマルペンサ空港にて。

最初は屹立するマッターホルンだったのですが、暑いミラノに着くと、こんな風に変貌してしまったのでした・・・

マルペンサ空港A12ゲート付近での姿(全貌)

マルペンサ空港A12ゲート付近での姿(アップ)

予想通り、少し溶け始めていました・・・
志波さん、すみません。

しかも、マッターホルンなのにそびえ立っていないし・・・

チョコレートそのものは、中にクリームが入っていて美味です。

甘い物は食べないお客様もいらっしゃいますので少し余ることになり、結局このチョコレートとともに帰宅することに。
日本到着後の姿もご覧いただきましょう。

8月24日、都内多摩地区での姿

最後の姿はアップで

だいぶ溶けてますし、どこが「天を突く孤高の頂」なんだって感じですね。

ツェルマットは寒いのでいいですが、夏のスイスでおみやげをマッターホルン型チョコレートにする場合、なにかしらの工夫が必要だということがお分かりいただけたでしょうか?

めんどくさがりの方には無理だと思います。

なお、帰りのミラノ~フランクフルト間のフライトでは全員のお客様に左の窓側に座っていただき、アルプス越えのフライトをお楽しみいただこうと思ったのですがまたまた厚い雲に邪魔をされました。

ということで、これをもってオートルートのレポートは終了です。

非常に内容の濃い旅でしたし、観光ツアーでは訪れないような場所ばかりでしたので、とにかく新鮮でした。

さすがにこれだけ歩くと、毎日お酒を飲んでいても体重が減ります。
楽しく歩いて痩せるだなんて、素敵なことではありませんか?

私的なことですが、9月はこの先、毎週末、山に入ります。
次の連休は土曜日から高校時代の友人たちと山梨の北杜市で1泊2日のキャンプ。

その足で日曜日にはハイキング倶楽部の下見のため八ヶ岳へ。
オーレン小屋でテント泊。

次の週がハイキング倶楽部で再び八ヶ岳。
志波さんともども小屋に泊まり、参加のみなさまと小屋名物の桜鍋をつつきます。

最後は家族とテントを持って立山に入り、ここ数年の目標だったあの山にチャレンジしようと思っています(家族は登りません)。
今回の旅行で貯めたマイルの一部を羽田~富山間の全日空の航空便手配に使わせていただきました。

座席は北アルプスビューで確保。
晴れるといいのですが。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年09月10日 16:06 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・