スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

クスコで年越し

2014年12月14日

雨期らしく雲に包まれた遺跡

最近、地べたや樹木ばかり眺めている黒石ですが、本業はどこまでいっても海外旅行を扱う会社の社員です。

年末はペルーの旅行に添乗員として同行することになりました。

ペルーでの年越しは2011年から2012年にかけて(実際このときは年内にペルーが終わり、イグアスの滝での年越しでしたが)の南米周遊旅行に同行して以来。

冒頭の写真は、そのときに撮影したものです。

お客様のご希望によりマチュピチュ峰へ登り、山頂で延々と雲が切れるのを待っていた記憶がよみがえってきました。

この時期のマチュピチュは雨期ですので、谷から絶え間なく雲が湧き上がってきてなかなか山頂から遺跡の全景が見られませんでした。

とはいえ、からっからに晴れているマチュピチュよりも、幻想的な雲に覆われているマチュピチュの方が個人的には好きです。

今回の年越しはクスコ。

昨年はニュージーランドへむかう機内で年越し。
その前はヨルダンの死海。

クスコではホテルで年末特別の夕食(ガラディナー)です。

北岳と富士山の間の標高となる場所ですからあまりはしゃぐことは(たぶん)できないと思いますが、インカの都だった場所で迎える新年ってなんかいいなと思っています。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年12月14日 15:00 ) |  メッセージを送る(0)

タマノカンアオイ

2014年12月12日

ちょっとピンぼけでした

昨日は携帯からの投稿でしたので、本日はPCより。

この植物、葵です。

葵でなにか思いつくことはないでしょうか?

再来週の日曜日に最終回を迎える大河ドラマ「軍師官兵衛」のハイライト、関ヶ原の合戦の東軍の将のトレードマーク。

葵の御紋ですよね。


その葵はこれの一種(たしかフタバアオイだったと思います)。

右の葉っぱの下、地面近くに白い塊があるのですがわかるでしょうか?

あそこに春過ぎ、花が咲きます。

多摩ニュータウンなど、多摩丘陵の大規模な開発によって自生地が減ってしまったことや盗掘の影響で数が減り、絶滅危惧種に指定されています。

地味な花ではあるのですが、なんとなく気になる存在なのです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年12月12日 09:16 ) |  メッセージを送る(0)

速報 見つけました!

2014年12月11日

写真.JPG タマノカンアオイ(多摩の寒葵)。 多摩丘陵固有で絶滅危惧種。 開花は春過ぎ。 また来ます。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年12月11日 13:03 ) |  メッセージを送る(0)

多摩よこやまの道

2014年12月08日

はるひの駅側に近い道標

最近、遠くの高い山より近くの里山に魅せられている黒石です。

昨日も、小田急多摩線はるひの駅からスタートし、唐木田駅付近でゴールとなる「多摩よこやまの道」を歩いてきました。

約10㎞のウォーキングコースになっていて、里山の景色や富士山、丹沢山塊、南アルプス、秩父の山並みが展望できるポイントもあります。

最近、こういう景色が好きになりました

上の写真ははるひ野駅から多摩よこやまの道に入ってすぐあたりの景色。
この手前にシラカシの木が数本あり、その先に続いていくのが写真のコナラです。

さらに先にはクヌギもあり、典型的な里山の木々がここに集約されています。
ここは多摩丘陵でもあり、かつて、このコナラなどの薪炭林から黒川炭を作り、江戸に運んでいたりしました。

丹沢のようにもう少し標高があがると森を構成するのはコナラではなくミズナラ(オオナラ)やブナに変わっていきます。

イロハモミジでしょうか

カエデ類も複数あり、イロハモミジのほか、トウカエデも見られました。

ここがなぜ「多摩よこやまの道」と呼ばれているのか、その理由は次の石碑にあります。

ちょっと読みにくいですね

「赤駒を山野に放し捕りかにて 多摩の横山徒歩ゆか遺らむ」

万葉の時代、防人として招集されたご主人の移動の足として馬を用意してあげたかったのに、放し飼いにしているため捕まえられず、多摩の横山を歩いていかさなければならない不憫さを悔やむ妻の詩で、万葉集に載っているものです。

これが「多摩よこやまの道」の由来です。

杉の巨木は樹齢数百年です

こんな場所もあります。

ここは鎌倉裏街道と呼ばれる古道で、のちに新撰組の土方歳三や沖田総司も通ったといわれています。

多摩丘陵は、古代東海道、鎌倉街道(今の道とはかなり異なります)、奥州古道、奥州廃道といった古の道が交差する場所で、そういう視点で歩いてみても楽しめます。

丹沢方面の夕暮れ

13:00ごろに歩き始めたのですが、樹木図鑑片手に木を眺めながら歩いたため思っていたより時間がかかり、ゴール地点に着いたときにはすっかり暗くなっていました。

写真はその手前、道を間違えて歩いてるときに撮影した丹沢の山並みです。

1000㎞程度離れたところに前線がある場合に見られる雲かなーと思って見ていたのですが、今日はすっかり晴れています。

黒石の観天望気ははずれ、ということで。
まだまだですね。

多摩丘陵には、ここでしか見られない花があるということを知りました。
群生地があるとすぐに盗掘されてしまい、絶滅危惧種になっている花です。

今度、探しにいってみようと思います。
もちろん、見るだけです。

この道、ウォーキングコースですので膝への負担もなく、健康のためにいろいろ眺めながら歩くにはもっていこいです。

ご希望があれが、ハイキング倶楽部で歩いてもいいなと思いました。

ハイキング倶楽部の詳細はこちら

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年12月08日 10:26 ) |  メッセージを送る(0)

装備パワーアップ

2014年12月02日

左から地形図とコンパス、ファーストエイドキット、スリングとカラビナ、ロープとツェルト、60Lザック

このたび、黒石の登山装備に上の写真のものがくわわりました。

あとひとつ、ハーネスもあるのですが仲間に入れてあげるのを忘れました。

実は、11月7~9日(机上)と11月28~30日(実地)に日本山岳ガイド協会の「登山ガイドステージⅠ」という資格取得のための講習を受講し、実地研修で必要となったのが上の装備です。

登山道のない、あるいは地形図上に記載されている古い登山道と記載のない現在の登山道の見分けながら歩いたり、スリング(青、赤、黄の紐です)とザックを使った救急搬送の仕方、固定ロープの設置方法やショートロープと呼ばれるお客様が転ばないように確保しながら歩く方法、ツェルトという非常用テントの設置方法などを学ぶ、それはそれは濃い内容の講習でした。

受講=認定とはならず、成績不良というか、不適と判断されると再履行となるそうで、黒石がガイド資格を取得できるかどうかはまだわかりません。

ただ、必要となる技術や心構えについてはたっぷり学ぶことができました。

今まではハイキング倶楽部でも志波さんにすべてお任せでしたが、今後は緊急時や危険箇所を通過するような状況になったとしても、多少はお手伝いができると思います。

なお、年末はペルーの添乗に決まりました。
ワイナピチュの登山希望の方がいますので、一応、装備の一部は持参しようと思います。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年12月02日 10:14 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/31(金)発 催行決定!】迫力のヤスール火山と手つかずの大自然バヌアツ紀行 9日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求