スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

利尻フォトブック

2015年09月29日

職場復帰しました。

帰宅後に妻から「ひとりで旅行して楽しい?」と聞かれましたので、「なんの問題もない」と答えておきました。

パラダイス

さて、まずはなんの変哲もない部屋の写真をご紹介しました。

ですが、よく考えてみてください。

今月は部屋に浴室のない旅館に1泊(大町)、テント1泊(後立山)、劇混みの山小屋4泊(後立山と南アルプス)というジプシー生活を送ってきました。

そんな自分にとってこの10畳の和室はまさにパラダイス。

部屋は港ビュー、かつパーシャル利尻山ビューでもありました。

港まで徒歩1分

きまぐれに顔を出したり出さなかったり。そんな山だとホテルの人がいっていました

続いて1泊目の夕食。
1泊のみだとこの時期はこれのようです。

ホタテとサーモン

ほっけの煮付け

カスベの鍋

あとは、先付け、茶碗蒸し、ご飯、デザートです。

2泊目はこれ。

昨日も紹介しましたね

ちょっとピンぼけで残念。手前カスベの揚げ出し、奥はホタテのバター焼き

カレイの唐揚げ

いくら丼

どうでしょう?

連泊すると夕食がぐっと豪華になるような気がします。

さて、食事のあとは嫌がらせのような話題に急転換。

ここに使い捨てトイレを設置します

利尻山の鴛泊登山口から山頂までの間には3ヶ所(6.5合目、避難小屋、9合目)のトイレブースが設置されています。

このブースは正確にはトイレではなく、写真のような便座があるだけ。(もちろん個室ですので外からは見えません)

ここに次の写真の使い捨てトイレを設置し、自分で登山口まで持ち帰って回収ボックスに捨てるわけです。

1つ400円。稚内のフェリーターミナルにも売っていました

左が外袋、右が内側の使い捨てトイレ本体です。

各自必要な個数を購入のうえ歩くようにしてください。

ホテルでも「携帯トイレはお持ちですか?」と確認されます。

続いて山。

6合目の第一見晴台(標高760m)

左奥に礼文島が見えています。
さらにアップを。

香深の港が見えています

視線を近くに移します。

9合目の道しるべ

「正念場?」と目を疑いましたが、確かにここからが一番歩きにくかったです。

溶岩性の石や小石が急登にごろごろしています。

山頂を見上げるとこんな感じ。(下の写真は山頂直下からの撮影で、道しるべがある9合目から山頂までの標高差は300mあります)

一番上に神社が見えています

見下ろすとこんな感じ。

崩落箇所があり通過注意です

漁師さんたちの思いが込められています

山頂の神社には舟のスクリューが奉納されています。

安全祈願ですね。

次いきます。

JTB個人旅行ご一行様はこの私です。

前日はもっと団体がたくさんいました

次が最後。

山頂が隠れてしまっていますが、稚内を飛び立ったあとに見えた最後の利尻島。

このあたりの大地が日本っぽくないなと思っていたのですが、機内で地図を見てみたら「サロベツ原野」と記されていました。

北海道恐るべし。

知床にいってみたいので、次に北海道へ来るとしたらターゲットは羅臼岳です。

うーん、雲がじゃま

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2015年09月29日 15:42 ) |  メッセージを送る(0)

黒石@日本最北端

2015年09月29日

寒々しい。気温12.5℃稚内駅前からバスに揺られること50分。

ついに宗谷岬までやってきました。

が...雨が降っているのと、例の電鉄系旅行会社の団体(大型バス5台)がいっぱいで落ち着かないので接する休憩所で待機。

12:40発の稚内駅いきバスを待ちます。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2015年09月29日 12:04 ) |  メッセージを送る(0)

黒石@北緯45°の港

2015年09月28日

1等ラウンジ席すごいんですよ、電鉄系旅行会社の添乗員さんたちが。

朝、ホテルの方と来年のハイキング倶楽部の話をして港に来てみると、某電鉄系旅行会社の団体であふれかえっていました。

乗船の列に並んでいてもあちらの添乗員さんが「黄色いバッヂの方はばらけないで固まって並んでください」と声をかけます。

すると、お客さんたちの割り込みがはじまる始末。

2等の自由席で帰ろうと思っていたけど取り止め。

1等のラウンジ席(指定席)に変更しました。

下の2等デッキはすし詰めで席にあぶれている人もいるようですが、上の1等デッキはがらがら。

座席も広く快適。

ハイキング倶楽部は1等でいきますね。

2泊お世話になった利尻富士観光ホテルはあまり期待していなかったことを失礼に思ってしまうくらいホスピタリティいっぱいの宿でした。

昨晩は食事も良かったですよ。ウニとヒラメ タコと海藻の酢味噌和え、ウニ、ヒラメの刺身、ホタテ(大2個)のバター焼き、カスベ(エイ)の揚げ出し(美味)、カレイの唐揚げ、イクラ丼のメニュー。

最近は肉に魅力を感じなくなってきたので、このラインナップは最高でした。

サーブしてくれた女の子も感じが良かったですし。

稚内に着いたら、空港へむかうまえに路線バスで宗谷岬にいってみます。

今日の道北は雨、さらに気温も10℃ちょっとではありますが。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2015年09月28日 08:25 ) |  メッセージを送る(0)

♪つーいてるね のーってるね♪

2015年09月27日

鴛泊(おしどまり)の港を見下ろす♪ラッキーガール ラッキーガール♪

えーっと、これはかつての中山美穂さんの歌ですね。

わかる方は黒石に近い世代の方。
わからない方はうーんと離れた世代の方でしょうか。

いやいや、そんなことはどうでもいいんです。

今日は早朝から予報通りの雨でしたがほどなく止み、初めての北海道ですばらしい登山を楽しめたといいたいわけです。

往復の参考コースタイムは10時間で、黒石は8時間でした。

ハイキング倶楽部で気をつけなければならないのは、いつものようにゆっくりは歩けないところかと。

1日で高低差1500mを往復しなければならないので、あまりにペースが遅いと途中でタイムアウト、足切りが必要になります。

山自体はまったく難しくありません。

ただ体力が必要なだけです。

また、特殊なトイレ事情があり、各自必要なだけ携帯型使い捨てトイレ(1つ400円)を購入して持参しなければなりません。

今日はですね、4:30にホテルを出て4:40前に登山開始。

12:30に登山口へ戻り、ホテルで汗を流してから港周辺を少しだけ散策。

迷いましたが昼食はウニ丼をやめて、海藻ラーメン1,050円にしておきました。

ウニ丼は店により3,000~3,800円のようです。

来年はハイキング倶楽部のみなさんと迷わず食べますよ。

この時期はエゾムラサキウニのみで、夏ならエゾバフンウニもあるみたいです。山頂の神社
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2015年09月27日 14:14 ) |  メッセージを送る(0)

黒石@最果ての洋上

2015年09月26日

右端にかろうじて利尻岳。明日は見られないかも...フェリーで利尻島へむかっております。

稚内到着直前に機内から見えた景色はとても日本とは思えないもので、最果てを感じますね。

うまく表現できないのですが、なにか、人間の生活が自然の片隅でごくごくひっそりとあるような、そんな感じです。

稚内の町はなんとなくチリのプンタアレナスに似ていると思いました。

利尻島の天気はこれから下り坂。

夜半には落雷もありそうです。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2015年09月26日 17:14 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【5/12(金)発 催行決定!】クルーズ船に泊まり、絶景のハロン湾を堪能する ベトナム縦断 8日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求