スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

五竜へ

2015年09月08日

鹿島槍(南峰)山頂

個人的に「日本百名山」にはあまり関心もこだわりもなく、自分が登ろうとしている山が百名山なのかどうかも知らないことが多々あります。

今回も鹿島槍は百名山だと認識していましたが、五竜もそうだということを登頂後、五竜小屋で地図を見返したときに初めて気づきました。

前者の鹿島槍は双耳峰で、主峰は写真の南峰。

北峰と比べ若干標高が高いです。

今日はここから五竜までの道のりをご紹介します。

上の方に人の姿があります

まずは南峰からの下り。

東斜面は西と比べ、岩がむき出しの険しい表情が特徴です。

北峰

上は南峰から鞍部に下りたところから撮影した北峰。

五竜への縦走路は山頂経由でなく、雪渓の左上のあたりから斜面を左にトラバースするようになっています。

この日は体力の温存と時間短縮のため北峰には登らず、先へ進みました。

一番下にキレット小屋

トラバースが終わると一気にキレット小屋へむけ下ります。

上の写真中央よりやや右上に小屋の屋根が写っているのがわかるでしょうか?

自分で歩いているときには感じませんでしたが、改めて写真を見ると結構な急勾配ですね・・・

うーん

歩いてきた斜面を一瞬振り返って見たらこんな感じでした。

なお、鹿島槍の北壁は後立山屈指の岩壁なんだそうです。

その下には雪渓があったので写真に収めてみました。

足がすくむような断崖

雪渓に気を取られていたのでこれまた気づかなかったのですが、なかなかの荒々しさです。

そしていよいよ八峰キレット。

「えっ、これだけ?」とちょっと拍子抜け

写真上部のV字に切れ込んだところがキレット(切戸)。

キレットのむこうとこちらが核心部とはいうものの、通過は一瞬。

ここが今回の山行のハイライトだと思っていただけに、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

よくもまあこんなところに小屋を建てたものです

ほどなくしてキレット小屋に到着。

冷池山荘を出て4時間が経っていました。

キレット小屋は鞍部の崖の上に建っています。

今でも荷揚げは大変でしょうし、建築資材の輸送もさぞ大変だったろうと思います。

小屋での休憩中、体が糖分を欲していたので缶コーラを400円で購入。

ところが、1歩踏み出したところで落としてしまい缶が裂けて中身が吹き出し・・・

糖分は摂れず、水分も摂れず、気持ちも満たされず・・・

この思いをこの後7時間引きずって歩いたのでした。

この先も嫌というほど登場した鎖場

このルート、実はキレット小屋から五竜までの道のりがとっても大変だということはすでにレポート済み。

「鎖をよじ登ったと思ったらすぐに下り、そしてまた登る」が連続する岩場は上の写真のようなところです。

「え~い、いいかげんにせい!」というくらい次から次へと、うんざりするほどこんな岩場が続きました。

ここからは急に失速したことと、ガスが立ちこめてきたこともあり、証拠写真が激減。

かろうじて残っているものをご覧ください。

これがどこなのか記憶がありません

この写真、たぶんG5だと思うのですが記憶がありません。

拡大してよーく見てみると、右端のあたりに鎖があり、そのちょっと左にはルートを示す「○」が黄色で示されています。

宿敵G5

これは・・・G5、G4?

必死の思いで通過したあとにとりあえず記録に収めようと思って撮影したようなおぼろげな記憶が残っています。

ルートは、岩場の一番上から稜線上を通っています。

写真には写っていない裏側が高低差200mある鎖の連続する岩の斜面とザレた急登のミックス。

五竜の取り付き

これが最後の1枚。

五竜への吊り尾根から取り付きへむかおうとしているときの写真。

取り付きから山頂への高低差もざっと200m。

五竜のことはあまり意識していなかったのですが、この山は終始荒々しい威容を放つ男性的な山でした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2015年09月08日 13:02 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【5/12(金)発 催行決定!】クルーズ船に泊まり、絶景のハロン湾を堪能する ベトナム縦断 8日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求