期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ドラマチック倶楽部

2015年10月25日

先ほど谷川岳から下山し、新幹線で帰路についています。

ちょうど昨日から今日にかけてが、日本海側は秋から冬への転換期でした。

昨日は昼すぎまで好天で気温も高く、眺望も抜群。

しかし、午後からガスが発生し、みるみるうちに視界がなくなっていきました。

「今まさに寒冷前線が通過してるぜ!」とはっきりわかるような天候の変化を感じる珍しい体験。

なお、今回から夜の居酒屋倶楽部には心強いメンバーがくわわりました。

空いたボトルは日本酒1升、シチリアの赤ワイン1本、ドロミテの山小屋で働く志波さんの彼女から差し入れされたプロセッコ(スパークリングワイン)1本。

あっという間に飲み干したという感じ。

が...

お酒が進んでくだを巻いている隙をついて、山には徐々に冬が押し寄せていました。

夜半から小屋が飛ぶんじゃないかと思わせるような強風。

そして雪。

明け方、小屋のまわりでは薄く積もった雪が凍って浅田真央さんもびっくりの状態に。

小屋のご主人が計測したところ、瞬間最大風速は35m、台風並みの強風だったそうです。

外に設置されたトイレにいった志波さんは、入ろうとした瞬間に突風が吹いて、バタンと閉まったドアに押され、そのまま便器(水洗ではありません)の中に落っこちそうになったとか。

「トイレットペーパー以外のものを捨てると浄化装置の故障の原因になる」と注意書きがあったので、あやうく便器内の志波さんを浄化できなくて故障するところでした。

そんなこんなで、凍りついた登山道はさすがに危ないため、5人1組のショートロープ部隊を2組編成し、全員で体を確保した状態で下山。

今回もまた、「これってハイキングじゃないだろ」と思いながら...

谷川岳のエリアは、日本海側と太平洋側の前線がぶつかる場所だそうで、悪天をもたらす大気の流れがたまるとのこと。

山の厳しさをあらためて知るとともに、最近のドラマチックな展開に驚きを感じる山行となったのでした。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2015年10月25日 13:45 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・