スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

「食べる」シリーズ

2016年08月19日

おはようございます。

まだまだスイス気分に浸っているためなかなか本来の仕事に集中できない黒石です。

予告通り本日は「食べる」シリーズでいってみます。

まずはスイス料理から。

卵のせです

こちらはメンヒスヨッホヒュッテの名物「ケーゼシュニッテ」。

白ワインに浸したパンにたっぷりのチーズをのせて火にかけます。

この山小屋ではガスではなく薪で起こした火を使っているとのこと。

実はここで目にするのは2回目なのですが未だ口にしたことはありません。

相当おいしいそうです。

ただし白ワインたっぷりなのでアルコールがだめな方は無理かもしれません。

標高も3650mある山小屋ですので。

メンヒスヨッホヒュッテ

次からはおしゃれメニューです。

まずは世界遺産になっているラヴォー地区にあるサンサフォランのオーベルジュのご紹介。

AUBERGE DE L'ONDE

右のピンクの建物がオーベルジュ・デ・ロンド(ロンダ?ロンデ?)。

読み方は正しいかどうかよくわかりません。

日中はお酒を飲まない主義なのですがサンサフォランもブドウとワインの産地ですので「なんだい、ここにきてワインを飲まないのかい?」というような雰囲気をテーブル担当のお兄さんが醸し出していたのでグラスで1杯だけいただきました。

うまい!

さわやかな白ワイン、だったような気がします。

旅行中毎日違う白ワインを飲んでいたのでどれがどうだったのかあまり記憶がなく・・・

ここからは料理。

前菜 直訳すると「田舎風手作りテリーヌ」 肉のテリーヌですね

メイン カワメバル(パーチ)のムニエル

デザート チョコレートムース

前菜もメインもシンプルな味付けでくどくなくかなりおいしかったです。

また、メインの付け合わせであるフレンチフライは冷凍ではなくここでカットしたジャガイモを揚げていて、これもかなりおいしい。

ムニエルのソースにからめて食べるとこれまた最高。

このエリアはフランス文化圏ですので料理もフレンチっぽいです。

さて、食事のあとは湖畔をジュネーブ側に走ったところにあるオウボンヌという村にあるワイナリーへ。

白2種、ロゼ、赤、スパーリングを各1種、全5種類の試飲をさせていただきました。

すべてどうぞ。

最も生産量が多い定番の白。ブドウはシャスラー種

こちらも白。定番のものとの違いは・・・忘れました

甘みがなくすっきとしたロゼ。気に入りました

ピノノワールの赤は軽めのボディ

少し甘みのあるスパークリングワイン

どうでしょうか。

スイスワインというと白のイメージなのですが、ここではロゼも赤もスパークリングワインも造っています。

どうしても生産量が少ないため輸出にはほとんどまわらないスイスのワイン。

このワイナリーから日本に直送してもらうことも可能です。(お客様は12本注文されておりました。黒石は白とロゼを購入)

この日はなんと夕食までおしゃれ。

食い道楽、飲み道楽な1日なのでした。

夕食はこちら。

ホテルがこれ。レストランは通りを挟んだ向かい側

これがレストラン

先付け(アミューズ)のホタテ

前菜はキノコのバターソテー(たぶん)

メインはローストビーフのシャトーブリアンソース

こんな感じです。

デザートはもともと予定されていたメニューから変更になっていたのですが写真を撮っていなかったのでなんだったか忘れてしまいました。

で、旅行中にもアップしましたが暮れなずむ食後の風景がこのおしゃれな感じです。

画像に加工はしていません

朝食はホテル内のレストランですがこちらもおしゃれ。

料理もおいしかったです

おしゃれデーの翌日の午前はエーグルという町でエーグル城を訪ねました。

現在はワイン博物館になっています。

なかなか雰囲気があるので軽くご紹介しておきます。

ブドウ畑に囲まれた城館

お城を取り囲むブドウ畑、背後の山。

いい雰囲気です。

このあとはツェルマットへの移動だったのですが、ドイツ文化圏にいくと食事がこてこてのスイス料理になってしまうので昼食はエーグルの町で済ませることに。

黒石は「本日のメニュー」を選び、マスのムニエルを食しました。

まずまずの味でした、マスだけに・・・

最後は番外編。

ヘルンリヒュッテの食事。

これは「山のスパゲティ」とかなんとかいう名前がつけられた小屋のスペシャルメニューで、バジルソースがかかっていました。

若干ボリュームに欠けますが味は良かったです。

なぜか麺がぱりっとしていました

いかがでしょうか。

今回の日程はグリンデルワルト(山)3泊、ツェルマット(山)3泊の間にレマン湖畔のラヴォー地区を挟みました。

ラヴォー地区は小さな村の集まりで、どこも雰囲気があり散策も楽しい場所。

時間があれば船で遊覧し世界遺産のシヨン城を陸からではなく船から見ることもできます。

この日程というか行程の組み方は本当におすすめ。

企画を担当しているセクションに来年商品として発表することをすすめてみますので、形になった暁にはぜひお試しください。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2016年08月19日 10:20 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/31(金)発 催行決定!】迫力のヤスール火山と手つかずの大自然バヌアツ紀行 9日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求