期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

夢は遠く・・・そして果てしなく・・・

2017年08月23日

私はスイスのある料理に憧れを抱いています。

1年前にも↓↓のブログ冒頭でご紹介している料理。

http://www.jtb-grandtours.jp/blog/conductor/kuroishi/2016/08/19.html

見たことがあるだけで1度も口にしたことがなかったその料理。

それがこの、メンヒスヨッホヒュッテのケーゼシュニッテなのです!

名物のケーゼシュニッテ。うまそう
氷河ハイキングのガイドさんと小屋の夕食時にいろいろ話し込んでいた際、「自分はメンヒスヨッホヒュッテのケーゼシュニッテが食べたいんだ」と力説したところ、「は??あれは重すぎて食べたあと腹にずっしりきて大変だ」と返されました。

そして翌日。

氷河上のハイキングを終えて通常のトレイルに入り、宿泊地のフィーシャーアルプをめざすにあたり、ちょっと休憩を、ということになり、グレッチャーシュトゥーベという食堂に立ち寄りました。

この手の場所には必ずあるはず!と思いメニューを見てみると・・・

ありました!

なんか違う・・・

がが~ん・・・

イメージしていたケーゼシュニッテとは全然違いました。

ここでも「ケーゼシュニッテを注文する!」と宣言するとガイドさんから「う~わ、腹に・・・」といわれ。

メンヒスヨッホヒュッテのイメージがあったので志波さんと2人でシェアすることにしていたのですが、テーブルに運ばれてくるとこれ。

パサパサのパンはワインに浸りきっておらず、チーズの量も少なめ。

ショック!

やっぱりメンヒスヨッホヒュッテか・・・

※メンヒスヨッホヒュッテはユングフラウヨッホから雪原へ出てまっすぐ1時間30分くらい歩いていったところにあり、メンヒやユングフラウ登頂のベースとなる山小屋。宿泊なしで食事や休憩だけの立ち寄りもウェルカムです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2017年08月23日 10:54 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・