スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

報告事項いろいろ

2017年03月01日

最近いろんなことに手を出しています。

もう何年も総務のセクションで仕事をしているので旅行の企画などはやってこなかったのですが、ひょんなことから綾部発案のとあるプロジェクトに参加をすることになり、ほんの少しですが企画にも関わります。

先日のメルマガでも告知されているそのプロジェクト名は!

「地球旅~まだ遊び足りない大人たちへ~」

ブランド名として商標の出願もおこなっています。

要は、「楽しいことしようぜ」的なノリでありきたりではない旅を作り、お客様と同じ時間を共有するということが主旨となっています。

名称は我らが明日子先輩のひらめき。

本当は「地球旅」と書いて「テラたび」と読みたかったのですが、すでに「寺旅」という商標が登録されているため断念。

担当者が何人かいますのでそれぞれ好みの旅を提案することになっていて、黒石は・・・

「イラン キャビール砂漠横断、聖地マシュハド、カスピ海 8・9日間」

「スイス 世界遺産のヴァインヤード、レマン湖、世界遺産の大氷河渡渉(これは検討中) 9日間」

「朝から晩までパクチー三昧 in タイ 5日か6日間くらい」

「朝から晩までパクチー三昧 in ベトナム 5日か6日間くらい」

の4つを考えています。

手始めにゴールデンウィークは最初のイランへいってきます。

キャビール砂漠はお客様の希望、マシュハドはチャドルを仕立てるために必須の訪問地、カスピ海は黒石の希望で無理矢理組み込んで日程を作りました。

いろんな事情がありゴールデンウィークは8日間ですが、正式に発表するコースは理想の9日間。

砂漠の暑さを考慮すると11月設定の1本勝負となりますのでお見逃しなく。

スイスは、ワイナリーの訪問やオーベルジュでのおしゃれな食事、ミネラルウォーターで知られるエビアンの訪問といったおしゃれ要素と、世界遺産のアレッチ氷河を1泊2日かけて歩く壮大なハイキングの組み合わせとなる予定。

志波さんにも同行をお願いしようと思っています(お客様の人数によっては志波さんだけ)。

パクチーはいわずもがな。

好き嫌いのめちゃくちゃはっきりする食材ですが、好きな人は異常ともいえるような愛情をもちます。

当社でも、「毎日鼻に詰めて歩きたい」、「束からむしりとって口に放り込みたい」というマニアがいるくらい。

ですので、JTBの現地駐在員から情報を入手して毎日毎食パクチーを使った料理を食べ歩く旅を作ってみたいと思っています。

旅行会社の仕事って楽しいですね。

って、まだありました。

ハイキング倶楽部。

最近は黒石だけで運営をしてきてたため、「もっと、もっと」という欲求からハイキングではなく登山、しかもどんどんレベルの高い山になってきていました。

「これじゃ登山部だ!」というお客様からのご指摘もありますので、まじめに「ハイキング」をやろうと思います。

それにあたり、新しいメンバーを投入。

1人は当社一の背高のっぽ、「上高地絶景太朗」。

ハイキング倶楽部だけに上高地・・・。

・・・。

いやいや、河内山太朗。

河内丸、小河内、大河内など、社内、社外でいろいろな呼ばれ方をしていて、もはや本名がわかりませんが、たぶん河内山です。

あと1人はJTBが運営する専門学校を間もなく卒業する新卒社員。

一昨年の秋からインターン的な立場でずっとアルバイトをしてくれていて、春からは晴れて入社となりました。

「楽しそうだと思っていました!」と積極的な参加を表明してくれましたので喜んでメンバーとして投入。

もうちょっとすると高尾山でかわいい花が咲いたりする時期になりますので、自然観察がてら新スタッフとのキックオフハイキングをやってみようかと思っています。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2017年03月01日 09:27 ) |  メッセージを送る(0)

今日から始動

2017年01月13日

元旦のごあいさつで告知をしていた「楽しいこと」をやるメンバーが今日の夕方、社内で集まって第1回のミーティングをおこないます。

黒石案は前回記載した通りなのですが、その他のメンバーがどのようなアイデアをもってミーティングに臨んでくるのかとても楽しみです。

これまた元旦のブログでふれた、NHK・BSプレミアムの番組で関口知宏さんが電車で旅をする「ヨーロッパ鉄道の旅 ハンガリー編」は今朝が最終回でした。

昨日の放送が印象的で、オーストリアと国境と接するショプロンという町でベルリンの壁崩壊のきっかけとなった「ヨーロッパピクニック」という事件について、これを体験し、ビデオで記録にもおさめていた医師の話や映像とともに紹介されていました。

1989年に東ヨーロッパの共産主義体制が崩壊しそれぞれに民主化への道を歩み始めたわけですが、その先がけとなり、特にベルリンの壁崩壊の直接的な引き金となった出来事だったそうです。

旧東ヨーロッパは個人的にも好きな地域で、特に民主化へむかっていった歴史の背景が国ごとに違うところに興味があるにも関わらず、恥ずかしながらヨーロッパピクニックのことは知りませんでした。

そしてショプロン。

1999年に訪れているはずなのですが、まったく記憶がないのが残念です・・・

話が飛んでしまっていますね。

要は、この番組の内容と同じようにハンガリーを鉄道で旅して各地のワインやグルメ、そして歴史に触れていくというのも個人的にはとても興味がありますので、なんからの形で実現するといいなと思っている、ということが言いたいわけです。

年末年始の台湾から帰国し、数人のお客様と今年の夏のスイスの旅についてお話をさせていただきました。

おしゃれスイスとちょっとだけハイキングがテーマで、「レマン湖畔のワイナリー見学、サンサフォランのオーベルジュでおしゃれランチ、フェリーから世界遺産のシオン城をおしゃれに眺める、ブドウ畑とレマン湖とアルプスの山々を望む高台のおしゃれホテルに宿泊、グリンデルワルトに滞在してちょっとだけハイキング」というような内容です。

前半の「おしゃれスイス」部分はこんなイメージです。

サンサフォランのローカルワイン。うまし

田舎風手作りテリーヌ(肉)。うまし

カワメバルのムニエル。うまし

ここまでがおしゃれオーベルジュでのおしゃれランチ。

次はおしゃれホテルとおしゃれディナー。

夕食後の美しい夕暮れ。おしゃれ

アミューズのホタテ。おしゃれ

前菜はキノコのバターソテー

メインはローストビーフのシャトーブリアンソース。おしゃれ

こんな感じです。

グリンデルワルトでのハイキングのハイライトはユングフラウヨッホからメンヒスヨッホヒュッテ(小屋)までの雪上ハイキング。

高低差は約200m、最高地点の小屋は標高3600mを超えます

ヒュッテではこれが食べたい!

名物のケーゼシュニッテ。うまそう

とまあ、こんな具合です。

社内の業務では企画が本業ではないためなかなか手がつけられず「ぱぱっと」発表できなくて恐縮なのですが、スローながらも具体化させていきますので少々お時間を頂戴できればと思います。

♪♪♪

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2017年01月13日 10:02 ) |  メッセージを送る(0)

「食べる」シリーズ

2016年08月19日

おはようございます。

まだまだスイス気分に浸っているためなかなか本来の仕事に集中できない黒石です。

予告通り本日は「食べる」シリーズでいってみます。

まずはスイス料理から。

卵のせです

こちらはメンヒスヨッホヒュッテの名物「ケーゼシュニッテ」。

白ワインに浸したパンにたっぷりのチーズをのせて火にかけます。

この山小屋ではガスではなく薪で起こした火を使っているとのこと。

実はここで目にするのは2回目なのですが未だ口にしたことはありません。

相当おいしいそうです。

ただし白ワインたっぷりなのでアルコールがだめな方は無理かもしれません。

標高も3650mある山小屋ですので。

メンヒスヨッホヒュッテ

次からはおしゃれメニューです。

まずは世界遺産になっているラヴォー地区にあるサンサフォランのオーベルジュのご紹介。

AUBERGE DE L'ONDE

右のピンクの建物がオーベルジュ・デ・ロンド(ロンダ?ロンデ?)。

読み方は正しいかどうかよくわかりません。

日中はお酒を飲まない主義なのですがサンサフォランもブドウとワインの産地ですので「なんだい、ここにきてワインを飲まないのかい?」というような雰囲気をテーブル担当のお兄さんが醸し出していたのでグラスで1杯だけいただきました。

うまい!

さわやかな白ワイン、だったような気がします。

旅行中毎日違う白ワインを飲んでいたのでどれがどうだったのかあまり記憶がなく・・・

ここからは料理。

前菜 直訳すると「田舎風手作りテリーヌ」 肉のテリーヌですね

メイン カワメバル(パーチ)のムニエル

デザート チョコレートムース

前菜もメインもシンプルな味付けでくどくなくかなりおいしかったです。

また、メインの付け合わせであるフレンチフライは冷凍ではなくここでカットしたジャガイモを揚げていて、これもかなりおいしい。

ムニエルのソースにからめて食べるとこれまた最高。

このエリアはフランス文化圏ですので料理もフレンチっぽいです。

さて、食事のあとは湖畔をジュネーブ側に走ったところにあるオウボンヌという村にあるワイナリーへ。

白2種、ロゼ、赤、スパーリングを各1種、全5種類の試飲をさせていただきました。

すべてどうぞ。

最も生産量が多い定番の白。ブドウはシャスラー種

こちらも白。定番のものとの違いは・・・忘れました

甘みがなくすっきとしたロゼ。気に入りました

ピノノワールの赤は軽めのボディ

少し甘みのあるスパークリングワイン

どうでしょうか。

スイスワインというと白のイメージなのですが、ここではロゼも赤もスパークリングワインも造っています。

どうしても生産量が少ないため輸出にはほとんどまわらないスイスのワイン。

このワイナリーから日本に直送してもらうことも可能です。(お客様は12本注文されておりました。黒石は白とロゼを購入)

この日はなんと夕食までおしゃれ。

食い道楽、飲み道楽な1日なのでした。

夕食はこちら。

ホテルがこれ。レストランは通りを挟んだ向かい側

これがレストラン

先付け(アミューズ)のホタテ

前菜はキノコのバターソテー(たぶん)

メインはローストビーフのシャトーブリアンソース

こんな感じです。

デザートはもともと予定されていたメニューから変更になっていたのですが写真を撮っていなかったのでなんだったか忘れてしまいました。

で、旅行中にもアップしましたが暮れなずむ食後の風景がこのおしゃれな感じです。

画像に加工はしていません

朝食はホテル内のレストランですがこちらもおしゃれ。

料理もおいしかったです

おしゃれデーの翌日の午前はエーグルという町でエーグル城を訪ねました。

現在はワイン博物館になっています。

なかなか雰囲気があるので軽くご紹介しておきます。

ブドウ畑に囲まれた城館

お城を取り囲むブドウ畑、背後の山。

いい雰囲気です。

このあとはツェルマットへの移動だったのですが、ドイツ文化圏にいくと食事がこてこてのスイス料理になってしまうので昼食はエーグルの町で済ませることに。

黒石は「本日のメニュー」を選び、マスのムニエルを食しました。

まずまずの味でした、マスだけに・・・

最後は番外編。

ヘルンリヒュッテの食事。

これは「山のスパゲティ」とかなんとかいう名前がつけられた小屋のスペシャルメニューで、バジルソースがかかっていました。

若干ボリュームに欠けますが味は良かったです。

なぜか麺がぱりっとしていました

いかがでしょうか。

今回の日程はグリンデルワルト(山)3泊、ツェルマット(山)3泊の間にレマン湖畔のラヴォー地区を挟みました。

ラヴォー地区は小さな村の集まりで、どこも雰囲気があり散策も楽しい場所。

時間があれば船で遊覧し世界遺産のシヨン城を陸からではなく船から見ることもできます。

この日程というか行程の組み方は本当におすすめ。

企画を担当しているセクションに来年商品として発表することをすすめてみますので、形になった暁にはぜひお試しください。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2016年08月19日 10:20 ) |  メッセージを送る(0)

「登る」シリーズ

2016年08月18日

なんなんでしょうか、この蒸し暑さ。

涼しくさわやかだったスイスとの違いに体が適応するか不安です。

さて、今回は以前もご一緒させていただいたことがあるスイス好きご一家のファミリー旅行への同行でした。

通常のツアーでは好みも体力もばらばらのお客様が参加されますのでなかなか変わったことはできないのですが、今回は別。

ご家族の希望に乗っかる形でいろんなことを体験し、さらにジャガイモ+チーズまたは各種フォンデュのオンパレードではないおしゃれな食事も楽しむことができました。

本日はその中でも「山」に関することをご紹介します。

左はユングフラウです


これはメンヒの取り付き部分。

メンヒスヨッホヒュッテ(メンヒ肩の小屋)の少し手前です。

特に固定ロープや鎖がないため最初から軽い岩登りになるのですが、メンヒは朝一の電車で麓から入って日帰りで登頂できるとのこと。

ここならめざせそうな気がしました。

このあとはアイガーグレッチャー駅で列車を降り、アイガー北壁直下のアイガートレイルに少しだけ入って北壁の一部にもへばりついてみました。

次はマッターホルン。

まずは2年前、ハイキング倶楽部でオートルートのハイキングツアーを実施した際の写真からどうぞ。

2年前はここまで

取り付きから少し登ったところで固定ロープは左にむかっているのですがこの時は靴が滑って怖かったのでここまででした。

これが今年はこうなりました。

こうなりました

左に移動できました。

過去の自分を超えた瞬間です。

次の機会があればもう1段高いところまでいってみたいと思います。

ちょうど我々が取り付きにたどり着いたころに下山してくるパーティーがありました。

この方がガイドさんでした

設置されている固定ロープは使わず懸垂下降のロープシステムで続々と下山してきました。

同じ装備を黒石も持っているのですが特に懸垂下降をする必要がないというか、そこまで攻めた登山はしないので試したことはありません。

でもなんとなく装備の使い方、下降のしかたはイメージできました。

2年前は工事中だったヘルンリヒュッテもすっかり改装済み。

外にあった小汚いトイレはなくなり、きれいな建物内のきれいなトイレが使えるようになっていました。

手前の濃いグレーの部分が増築されました

昼時に到着してしまったので外のテラスに席はなく増築された部分にある食堂で食事をしたのですが、天気が良ければテラス席からの眺望は最高です。

到着時は満席で座れませんでした

最後はすでにレポート済みのブライトホルン。

ブライトホルン(左)とクライン・マッターホルン(マッターホルン・グレイシャー・パラダイス)

テッシュからツェルマットへ向かう列車の中からも、ツェルマットの駅からもブライトホルンは見えています。

4000mを超える標高ではありますが山容は穏やかで誰にでも登れる山です。

写真はマッターホルン・グレイシャー・パラダイスへ向かう途中の乗換駅、トロッケナー・シュテッグから撮影したものです。

左側の雪をかぶって丸みを帯びた山がブライトホルン。

スキー場のTバーを横切ったところから撮影

山腹に先行の登山者が歩いたトレースが見えています。

隠れたクレバスを避けて雪原を回り込みながら歩き、斜面をトラバースして頂上稜線にむかい、少しだけ稜線上を歩いて山頂に到達。

山腹の斜面

斜面は案外急なのでアイゼンは必須で、バランスを崩して滑り落ちないようにトレッキングポールも2本あった方がいいと思いました。

より厳しいルートから上がってくる登山者

そしてこれが山頂です。

写真では伝わりにくいかもしれないですが真ん中やや下は両側が切れ落ちたナイフリッジになっていて、だいぶ怖い感じでした。

黒石はこちらの稜線とは逆、スタンダードルートからの登頂となりました。

ということで、「登る」シリーズはこれでおしまい。

次は「食べる」シリーズです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2016年08月18日 10:29 ) |  メッセージを送る(0)

旅立ちの前に

2016年08月16日

今日は青で

チューリッヒ空港で搭乗を待っています。

スイス好きのお客様は毎日スイスの国民飲料であるリベッラを飲まれ、おみやげとしても大量に購入されていました。

今この瞬間も最後の昼食とともにリベッラを。

赤がオリジナルで青はライト。

変わり種の緑はグリーンティー、オレンジはピーチでオリジナルとちょっとだけ違う赤のボトルがルバーブ。

乳清入りの炭酸飲料です。

どこにでもありますからぜひお試しください。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2016年08月16日 18:29 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【5/12(金)発 催行決定!】クルーズ船に泊まり、絶景のハロン湾を堪能する ベトナム縦断 8日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求