スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

さらにテクノロジー

2017年02月28日

一応これ、表参道ヒルズです

今日は旅行でもなく、山(登山)でもなく、海(釣り)でもないお話です。

前回のブログでiPhone6s用広角レンズで撮影した写真をご紹介しました。

「四隅に影が・・・」と気になる点についてのコメントを含めて。

その後、メーカーの問い合わせフォームから解消方法について問い合わせをさせていただいたところ・・・

なんと社長自らが説明に来てくださいました。

株式会社コゾフィルタースが「tokyo grapher」というブランドで取り扱っているレンズ。

昨秋、テレビ東京のワールドビジネスサテライト(WBS)で紹介されていたのを見て飛びついたわけですが、それをきっかけにして社長様にまでお目にかかることになったわけです。

四隅の影については端末にレンズを装着するためのマウントの問題だということがわかりました。

また、開発中の新レンズや発売直後の新レンズもご紹介いただき。


冒頭の写真は遊び心たっぷりの球体レンズ、その名も「宙球 soratama」。

早速表参道を撮影した、というわけです。

さて、問題の広角レンズ。

マウントを交換するとこうなります。

かなり改善

ほぼ気になりませんね。

このレンズにどれだけ高い技術が注ぎ込まれているか、同じメーカーから出ている普通の広角レンズで撮影した写真を比べてみるともっとわかります。

脇の歪みがよくわかります

非常に高い技術であることがわかります。

商品は「自分でも買えると思える価格設定にしたい」という思いから量販店に流通させておらず、基本は自社サイトでの直販のみとなっているのだとか。

がんばれ、日本の物づくり!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2017年02月28日 18:18 ) |  メッセージを送る(0)

今日から始動

2017年01月13日

元旦のごあいさつで告知をしていた「楽しいこと」をやるメンバーが今日の夕方、社内で集まって第1回のミーティングをおこないます。

黒石案は前回記載した通りなのですが、その他のメンバーがどのようなアイデアをもってミーティングに臨んでくるのかとても楽しみです。

これまた元旦のブログでふれた、NHK・BSプレミアムの番組で関口知宏さんが電車で旅をする「ヨーロッパ鉄道の旅 ハンガリー編」は今朝が最終回でした。

昨日の放送が印象的で、オーストリアと国境と接するショプロンという町でベルリンの壁崩壊のきっかけとなった「ヨーロッパピクニック」という事件について、これを体験し、ビデオで記録にもおさめていた医師の話や映像とともに紹介されていました。

1989年に東ヨーロッパの共産主義体制が崩壊しそれぞれに民主化への道を歩み始めたわけですが、その先がけとなり、特にベルリンの壁崩壊の直接的な引き金となった出来事だったそうです。

旧東ヨーロッパは個人的にも好きな地域で、特に民主化へむかっていった歴史の背景が国ごとに違うところに興味があるにも関わらず、恥ずかしながらヨーロッパピクニックのことは知りませんでした。

そしてショプロン。

1999年に訪れているはずなのですが、まったく記憶がないのが残念です・・・

話が飛んでしまっていますね。

要は、この番組の内容と同じようにハンガリーを鉄道で旅して各地のワインやグルメ、そして歴史に触れていくというのも個人的にはとても興味がありますので、なんからの形で実現するといいなと思っている、ということが言いたいわけです。

年末年始の台湾から帰国し、数人のお客様と今年の夏のスイスの旅についてお話をさせていただきました。

おしゃれスイスとちょっとだけハイキングがテーマで、「レマン湖畔のワイナリー見学、サンサフォランのオーベルジュでおしゃれランチ、フェリーから世界遺産のシオン城をおしゃれに眺める、ブドウ畑とレマン湖とアルプスの山々を望む高台のおしゃれホテルに宿泊、グリンデルワルトに滞在してちょっとだけハイキング」というような内容です。

前半の「おしゃれスイス」部分はこんなイメージです。

サンサフォランのローカルワイン。うまし

田舎風手作りテリーヌ(肉)。うまし

カワメバルのムニエル。うまし

ここまでがおしゃれオーベルジュでのおしゃれランチ。

次はおしゃれホテルとおしゃれディナー。

夕食後の美しい夕暮れ。おしゃれ

アミューズのホタテ。おしゃれ

前菜はキノコのバターソテー

メインはローストビーフのシャトーブリアンソース。おしゃれ

こんな感じです。

グリンデルワルトでのハイキングのハイライトはユングフラウヨッホからメンヒスヨッホヒュッテ(小屋)までの雪上ハイキング。

高低差は約200m、最高地点の小屋は標高3600mを超えます

ヒュッテではこれが食べたい!

名物のケーゼシュニッテ。うまそう

とまあ、こんな具合です。

社内の業務では企画が本業ではないためなかなか手がつけられず「ぱぱっと」発表できなくて恐縮なのですが、スローながらも具体化させていきますので少々お時間を頂戴できればと思います。

♪♪♪

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2017年01月13日 10:02 ) |  メッセージを送る(0)

今年は楽しいことをやってみます

2017年01月01日

5年前の富士山 地元にはすっかり帰らなくなりました

みなさま、明けましておめでとうございます。

私は静岡県富士市の出身ということもあり、やはり1年の始まりに富士山以上にふさわしいものはないと思っていますのでこれでいってみます。

もう何年も総務を担当しているため旅行の企画をすることはなくなりました。

ところが、昨年の暮れあたりから「もっともっと楽しい旅行を!」、「自分ならこれがしたい、と思うことを形に!」という機運が社内で高まってきており、どこまで関わるかはわかりませんが、最近発表しているような商品とは毛色が違う旅を提案しようかと思っています。

このプロジェクトの長は綾部、その他、黒石を含めて何名かのスタッフが合流を表明しています。

先日のNHKスペシャルは「プラネットアースⅡ 第1集 極限の地のサバイバル」というテーマで放送されました。

ヒマラヤのユキヒョウ、アルプスのイヌワシ、アマゾンのジャガー、ナミブ砂漠のライオンなどが紹介され、人間が住む世界とは異質の極限の自然環境に生きる野生動物の姿が映し出されていました。

う~ん、覗いてみたい。

今週の月曜日からは、もう何年も前に当社の講演会でもお話をしていただいた関口知宏さんの人気番組「ヨーロッパ鉄道の旅 ハンガリー編」がスタートしました。

10日間でハンガリーを1周。

う~ん、こういう旅行もあるな。
エゲルやトカイのワインをちびちびやりながら名産のフォアグラに舌鼓。

イギリスの「ハドリアヌスの長城」を端から端まで踏破するハイキングの旅、コッツウォルズで名物ナローボートを自分で操縦しながら移動するのんびり旅行、体長1mにもなる巨大なオオサマペンギン(キングペンギン)のコロニーがあるフォークランド諸島の旅、アラスカの島で日本では出会うことがない巨大なロックフィッシュ(カサゴやメバルなどの根魚の総称)やオヒョウを釣る旅、などなど。

単純に観光地をつなぎあわせるだけではない旅の素材はまだまだあり、どの程度のお客様に共感していただけるかはさておきで、「自分ならこんな旅がしたい!」という思いだけで突き進んでみようかと。
(同じような思いで企画をしていた頃、日本で3人くらいは共感してくれる方がいらっしゃいました)

恒例となっている夏のハイキング倶楽部のスイスもぼちぼち手をつけようと思っています。

昨年の夏にジャガイモとチーズに支配されないおしゃれなスイスを体験しましたので、その要素を組み入れてみようかと。

自分が体験して心動かされたものをお客様にも提案する。

これこそが企画、販売、手配、添乗をすべてやっている当社のような旅行会社で働く醍醐味。

総務の仕事もまじめにやりますが、もう少し、通常業務に支障が出ない程度にいろんなことに手を出す1年とします。

お楽しみに。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2017年01月01日 09:00 ) |  メッセージを送る(0)

今年の自分・・・

2016年12月29日

いよいよ本日が最後の営業日となりました。

ここ数年は毎年同じで、会社の営業は年末年始休暇で休みになりますが、私自身に休みはなく、多くの社員と同様に海外へ渡り、お客様と現地で過ごす締めくくりとなります。

海外旅行を取り巻く環境はただただ厳しいばかりで、こういう状況下にありながらも当社を支持し続けてくださるお客様に心の底から謝意を表するとともに、自分たちが抱える課題とも真摯に向き合い、そして克服していなければなりません。

そう遠くない将来、人が操作しなくても車が道路を往来する時代、小売店から作業をする人間がいなくなる時代が訪れようとしています。

化石燃料を使わなくなる時代も来るでしょう。

世界は変わりながら未来にむかって進んできましたし、これからもそうあり続けます。

旅行の形態においては個人旅行化が急速に進んでおり、幸い現時点で当社はその波を確実に捉えられています。

今では出発する旅行のうち半数以上が個人旅行で、添乗員同行のパッケージツアーを上回るまでに成長しました。

個人旅行の取り扱いは相当な手間がかかり、かつ相当なノウハウや知識が必要となるため、取り組む旅行会社、取り組める旅行会社がほとんどなく、当社がその受け皿となっているようです。

しかし、ドラえもんの「どこでもドア」のようなものが現実の世界に現れたとしたならば、旅行の姿、旅行会社のあり方が一変することは間違いありません。

そんな中でも「人」でなければ醸し出せないもの、演出できないもの、提供できないものは必ずあるはずです。

グランドツアーの使命は「人」ならではを追求することにあると思っています。

振り返ってみて私個人はどうかというと、今年は成長を感じられない1年だったように思えます。

変わったことといえば、1つ年齢を重ねて45歳になったこと、趣味が山(登山)から海(釣り)になったことくらいでしょうか。

初めて沖縄にもいきました(かなり気に入りました)が、とりたてて劇的な変化をもたらした出来事ではありません。

50歳になるまではできうる限り知識を吸収し走り続けると決めているにもかかわらず、今年は停滞の1年。

企業においても人においても「停滞は後退」でしかありません。

来年は気持ちを引き締め直して成長せねば・・・

という思いを胸に秘め、明日からの小龍包天国を満喫してきます♪

今年1年お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2016年12月29日 10:09 ) |  メッセージを送る(0)

明けましておめでとうございます

2016年01月01日

北岳山荘から望む朝の富士山(9月黒石撮影)

月並みですが、みなさま明けましておめでとうございます。

年の変わり目というのは何度経験しても新鮮で、身が引き締まる思いがしますね。

早いもので、黒石もグランドツアーに入社して今年で10年を迎えます。

2月には年齢も45歳に。

3歳だった子供も間もなく小学校を卒業し、中学生になります。

世の中が平和であることが旅行業を営むうえでの大前提。

昨今の世の中では「絶望」や「自らの存在価値への疑問」にうちひしがれた人々が起こす事件や争いによって文明社会や人類の存続を脅かすような事態が頻発しています。

かつて先人たちが新しい価値観を求めて荒波を乗り越えていったときのように、自由に海外の知見を深め、異文化を体験できる世の中であって欲しいと願ってやみません。

5年目を迎えるハイキング倶楽部では、毎回お客さまとともに日本の自然美のすばらしさを改めて実感しながら充実した時間を過ごさせていただいております。

海外でも新しい発見の連続。

旅行も登山も娯楽であり、人間の生活に絶対的に必要な行為ではありません。

しかし、人の心を豊かにする「旅」という行為が続けられない世の中であっていいということもないでしょう。

今年も信念をもって旅作りに携わっていきたいと思います。

1年間、よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2016年01月01日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【5/12(金)発 催行決定!】クルーズ船に泊まり、絶景のハロン湾を堪能する ベトナム縦断 8日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求