スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

先週の「世界ふしぎ発見」見ました?

2017年01月18日

毎週土曜日にTBC系列で放送されている「世界ふしぎ発見」という番組があります。

先週の放送、見ましたか?

だいぶ熱い放送内容でした。

「大いなる人類の遺産 メソポタミアとシルクロード」

旅情が・・・

かき立てられる・・・

最初に登場したのはこれです。

2013年に訪問した世界遺産「チョガザンビル」

イラクとの国境に近い場所(といってもすぐ近くではありません)にある世界遺産、チョガザンビル。

メソポタミアの時代に建設されたジッグラドのひとつ。

聖書に出てくる「バベルの塔」はバビロンにあったジッグラドのことになりますが、絵画で描かれているのは別の塔をモデルにしている、という説明を番組内ではしていました。

ジッグラドというと個人的にはなんとなく「ウルのジッグラド」(イラクですけどね)が思い浮かびます。

ほんとになんとなくですけど。

あとはですね、バビロンのイシュタル門も紹介してました。

これはイスタンブールの考古学博物館に展示されているもの

ベルリンのペルガモン博物館に移築されていて、本当に鮮やかな青いタイルの色を残しています。

以前訪れた時は「やっぱり遺跡は遺跡があった場所で見なきゃだめだよ」なんて思っていましたが、今となっては博物館で良かったとつくづく思いますね。

ちなみにペルガモン博物館のイシュタル門の写真がないのでイスタンブールの考古学博物館に展示されているものの写真を紹介しておきます。

バビロンですよ、バビロン。

あ、あああっ・・・

あああーーーっ

旅情が・・・

旅情がかき立てられる・・・

こちらもこれからがんばって修復していくそうですよ。

パルミラ遺跡(明け方の列柱道路)

シリアのパルミラ遺跡。

世界遺産ですしこれだけ貴重な遺跡であるにもかかわらず、ここは(正式には先般破壊されてしまったベル神殿以外)入場ゲートもなく、いつでも勝手に出入りができる珍しい遺跡でした。

夜はライトアップをしていましたし、よく明け方お客様と朝日を見にいったりもしました。

あるときは奈良の橿原市にある考古学研究所の方々に発掘の様子を見学させてもらったこともありました。

先生の後ろ姿

先生の名前は一応伏せておきますが、先日の放送でも出ていました。

従来からあった塔墓、地下墓ではなく、新たに発見された家屋墓を発掘しているところでした。

とまあ、こんな感じです。

番組ではアフガニスタンのバーミヤン(中華料理のチェーン店ではありません)のことも放送していました。

正直、かなり興味があります。

見てみたい。

中国資本で開発をしようとしたところ、仏教遺跡が発見されてしまって鋭意発掘中、的なこともいってましたね。

いつか治安が安定したら、イラクとアフガニスタンにはぜひいってみたいです。

世界よ、平和になれ!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2017年01月18日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

イランのこと、シーア派のこと

2016年12月06日

びっくりしなくて大丈夫、人形です@マシュハドのバザール

いきなりこの写真、驚きました?

もし驚いたということであれば黒石の思惑通りです♪

さて、そんなことより・・・

ここ最近、2回くらいお客様とイランの話をしました。

あまりブログを更新しないと健康状態に問題があるのかと心配される方もいるので、この機会に相変わらず何事もなく過ごしていることをお知らせしつつ、イランについてみなさまに知っていただきたいことがあり、筆をとった次第です。

イラン。

なんとなくきな臭いイメージをお持ちの方が多いです。

でもイランのことをどのくらいご存知ですか?

イランはイスラムでも主流のスンニ派ではなくシーア派の国です。

この2つの流派で人々の生活がどのくらい違いのか、あまり知られていないと思います。

まず、お祈りの回数。

イスラムは1日5回のお祈りがある、という知識をお持ちの方は多いと思います。

が・・・

それはスンニ派の話です。

よくトルコなどイスラム圏を訪れると夜明け前の暗い時間から礼拝の呼びかけ「アザーン」が鳴り響いているのを聞いた方も多いと思います。

あれもスンニ派の話。

ではシーア派はどうなのでしょうか。

礼拝は1日3回、アザーンはごくごく小さい音でよほどモスクの近くでない限り聞こえません。

なぜでしょうか?

答えはとても簡単。

現代人の1日の過ごし方ってどうなっていますか?

朝起きて、仕事をして、昼に休憩を取って、夕方まで続きの仕事をして家に帰る。

ですよね。

1日5回もお祈りができないんです。

だから、朝、昼、夜の3回だけ。

アザーンの音が小さいのは?

これも簡単。

うるさいからです。

現実的でしょ?

アメリカとはとても仲が悪いように思われていますが、それも国民ベースではまったく違います。

アメリカ文化その1 コカコーラ

アメリカ文化その2 ピザ

アメリカ文化その3 スパイダーマンもどき

アメリカ大好き。

町中にはアメリカ文化の香りがぷんぷんするもので溢れ、空港にはiPhoneショップもありました。

アルコールは飲めません。

密造酒はあるようですがお目にかかることはないですし、手を出さない方がいいのはいうまでもありません。

が、ノンアルコールビールはどこにでもあります。

ビールを飲んだことがないことになっている国民がなぜノンアルコールビールを求めるのでしょうか。

たしかにフレーバー付きのものもたくさんありますが、ビールに近い感じで苦みのあるものもあります。

ビールの苦み、飲み慣れてこないとおいしいとは感じませんよね。

何回も何回も飲んでいると、あの苦みが「うまい!」と感じるようになります。

なぜイランの人はノンアルコールビールを求めるのでしょうか?

ものすごい服装などにうるさいと思われがちですがこれも違います。

マシュハドという聖地でデパートにいって本当に驚いたのですが、女性の服は腰の部分がものすごいくびれて体のラインを出そうとしているコートしか売っていませんでした。

みなさん割と前髪も出しています。

女性がきれい♪

あと、女性がとってもきれい。

そして、国民が本当に人なつっこいです。

2013年に旅をした際、1人の男性のお客様がすくいなくなってしまって困りました。

なにが起こっていたかというと、町を歩いていると店の人に呼び止められてなにやら話しかけられているのです。

客引きではありません。

単純に日本人に興味があり、コミュニケーションをとったりもてなしたいだけなのです。

夕方散歩をしていたら庭でお茶を飲んでいる家族に呼ばれてごちそうになった、という話も仲間の社員から聞きました。

「危なくないですか?」、「怖くないですか?」と聞かれたら、黒石ならこう答えます。

「黒石が知っている限りでは、まったく心配いりません」

来年の4月、再びお客様とイランのキャビール砂漠を訪れる予定です。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2016年12月06日 17:32 ) |  メッセージを送る(0)

「アジアハイウェイを行く」を観ましたか?

2015年06月15日

先週の金曜日をもって2015年シーズンの秋・冬パンフレットの作業から卒業しました。

黒石は南米のパタゴニア6コース、中近東(オマーン、イラン)4コースを担当。

イランは、入門編的なシラーズ(ペルセポリス)、イスファハン、テヘランをめぐる9日間の他、「もう1回いってもいいかな・・・」という方むけに、アフワズ(チョガ・ザンビル)と聖地マシュハド(マシャド)を訪れる7日間コースを発表します。

で、タイトルに戻りますが、昨日の午後、NHKのBSプレミアム(BSの3?103?)で俳優の井浦新さんがアジアハイウェイを旅する、その名も「井浦新 アジアハイウェイを行く」の第2集「知られざるイスラム大国 ~イラン~」が再放送されており、途中からではあるのですが興味があって観たのです。

第1集がコーカサス地方だったようですので、恐らくカスピ海沿いに陸路でイランの北西部から入って旅をしているんだと思います。

ですから、番組の前半はカスピ海沿岸。

2年前にタブリーズ、アフワズ、マシュハドをめぐる10日間の旅に同行した際、北西部のタブリーズからマークーという町まで足をのばし、アルメニア教会を2つ見学しました。

アルメニア正教の教会はイスファハンにもあり、そこに暮らすキリスト教徒への取材の部分から黒石は番組を観ました。

その後、旅は北東部の聖地マシュハドへ。

夜のハラム(黄金のドームがイマーム・レザー廟)
2年前に訪問した際、シーア派第8代イマームのイマーム・レザー廟の中心に様々な宗教施設が集まっているハラムで感じた強烈なエネルギーに魅せられ、2年続けて昨年も訪問。

ますますその魅力にとりつかれています。

日本ではなかなか紹介されることはないだろうと思っていたのですが、思いがけず昨日、家でだらだらしていた時にテレビで取り上げられているのを観てびっくり。

自分も訪れたあの場所に日本の俳優さんが立ち、さらにテレビを通して広く視聴者に紹介されていたのです。

ムスリム以外、イマーム・レザー廟がある建物へ入ることができません。

ですからテレビでも、内部は紹介されていませんでした。

でも、そこに集まってくる人々のエネルギーには井浦さんも圧倒されたといっていました。

また、イランではとくかく人間の写真をたくさん撮り、風景が圧倒的に少ないともいっていました。

この国では人に魅せられる、ということだとも。

黒石もイランで感じるのは、人の魅力です。

女性はとにかく美人揃いという男性特有の感想はさておき、外国人に対して彼らが抱く好奇心と、すぐに歩み寄ってくる人なつっこさはものすごく印象に残ります。

何回か再放送をするようですので、興味のある方はぜひご覧ください。

第3集は中央アジアだそうです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2015年06月15日 13:51 ) |  メッセージを送る(0)

3級資格ゲッター

2014年05月27日

このところ、以前ご一緒した方々(もちろん今回ご一緒だったメンバーも)から「ブログを読んでいます」というお言葉を頂戴しております。

facebookでは「隊長(黒石のこと)、ブログ書くの楽しくてしょうがないでしょ?」とか「長さ1mのおさげ、いつでも貸しますよ♪」といったコメントも寄せられてきます。

まだリプライをしていないのでこのブログが終わったらコメント入れますね。

ところで・・・

先週の金曜日は会社を休んで勉強をしておりました。
なぜかというと、日曜日に「ファイナンシャルプランニング技能士3級」の試験を受けるため。

昨年11月に簿記3級、12月にビジネス実務法務検定3級を受け、今度はFPの試験。
当日中に模範解答が発表され採点をしたところ、学科は60問中54問正解(配点は非公表)、実技は50点満点中43点で、どちらも合格ラインです。

次に名刺を刷る際、名前の下に「国家資格・3級ファイナンシャル・プランニング技能士」を入れてもらおうと思います(それが受験の目的のひとつでもあったため)。

どれも3級というのが中途半端ではあるのですが、生活に直接役立つのでFP試験は2級に挑戦したいなと考えています。

そんなこんなでブログは更新しなかったのですが、まだ少々レポートが残っていますので旅の話に戻ります。

大キズ・カラ

トルクメニスタンはイランに最も近い中央アジアの国ですから、かつてはペルシャに支配下にあったことがあります。
また北方の騎馬民族を代表するチンギス・ハーンもこの地を攻めてきました。

いわゆる歴史の舞台でもあったことから、遺跡も残っております。
観光ということになればハイライトになるのでしょうが、どうもサウジアラビアと同じ空気が感じられてしかたありませんでした。

つまり、国の財政が天然資源に大きく依存しており、これだけで十分成り立つことから観光産業、古代の建造物や都市遺跡などに興味がないということです。

そうなると発掘調査や修復に力が入らず、強烈なイマジネーションを働かせなければ遺跡観光が成り立たないことになります。

最初の写真は世界遺産、古代メルヴ遺跡にある大キズ・カラ(ガイドさんはギズ・ガラと発音していました)。
簡単にいうと、なんのために建てられたのか良く分からないそうです。

隣には小振りな小キズ・カラが。

逆行で影になってしまい残念

アレクサンダー率いるマケドニアの領地だった時代の遺構であるエルク・カラなど、歴史的な視点で見ると大変貴重だと思われる建造物があったりもするのですが、写真映えしないのでこちらの紹介は上の2点のみで失礼します。

次はアシガバード近郊の世界遺産、ニッサのパルティア遺跡。

主に宮殿や神殿の跡です

小高い丘の上に残る遺跡で、写真のオールド・ニッサが高位な人々のエリア、少し離れた場所にあるニュー・ニッサが一般市民の居住区だったのだそうです。

想像力がかき立てられます

ここは再現イメージ図(本の左上の図)と照らし合わせて見学すると昔の姿がイメージしやすい場所。
え~、なんだったかは忘れました。

たぶん宮殿跡。

壺!

こんな風に、発掘された壺がそのまま残されている場所も。

良い状態です

こんな感じのものもあります。

次はマルグッシュ遺跡。

建物はあまり残っていません


今から4000年前にあった都市遺跡。
見学している人はほとんどいません。

まるでサウジアラビアのマダイン・サーレのように。

持っていっても分からないような・・・

遺跡内には出土した無数の土器が。
かなりの数でした。

博物館だそうです

遺跡のはずれには小さな建物が2つあり、そのいずれも「博物館」と紹介されました。
どちらもお墓だった場所で、副葬品や一緒に埋葬された家畜の骨などが保存されています。

なかなか良い状態でした。

この遺跡、マリィから片道4時間弱の距離ですので見学は1日がかり。
(遺跡の見学時間は1時間ちょっとですけど)

土漠に残る遺跡なので周囲には一切食事をする場所がなく、昼食はおにぎりを持参しました。
出土品の多くは調査・研究の途中であることから、ガイドさんですら多くの情報は持ち合わせてないとのことでした。

トルクメニスタンが国として観光業を意識し、発展のために本気で取り組むようになったら遺跡の様子にも変化が出てくるかもしれません。

今後に期待です。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年05月27日 19:35 ) |  メッセージを送る(0)

既婚・未婚の見分け方

2014年05月22日

すみません、日中ずっと社内イントラネットの調子が悪くその対応、夜は黒石主催のとある勉強会に時間を取られ、昨日でブログの更新が途絶えてしまいました。

そう、それはまるで日米の連勝記録が途絶えたヤンキースのマー君のように・・・

まじめにいきます。

ほぼ世界共通で、男女とも結婚しているかどうかというのは一般的に左薬指の指輪で見分けられますよね。

これが、所変われば品変わるではないのですがトルクメニスタンでは違うのです。

左、日本のマダム、右、トルクメニスタンのマダム

右がトルクメニスタンの既婚女性です。
指輪以上に分かりやすい見分け方があるのですが分かりますか?

普通分かりますね、これだけ露骨なら。

そう、かぶり物です。

こんな感じで、後頭部をふくらませてスカーフを巻いている方は既婚の女性です。
このふくらみをどうやってつけているのか気になっていたのですが、その答えがアシガバードのトルクチュカバザールにありました。

まず、左のマダム(お客様です)が装着している座布団を加工したような雰囲気の帽子のようなものを後頭部に取り付けます。
そこに激カラフルなスカーフを巻き付けるのです。

では、未婚の女性の場合はどうなるのでしょうか?

マリィのトルクチュカバザールにて

この子たちは学生で着ているのは制服なのですが、やはり頭の部分が見分けるポイントとなります。

なにも被ってなかったり、写真のような小振りな帽子を被っている場合は未婚です。
若い子はみな三つ編みのおさげ姿で、地毛が足りなければバザールで売られている付け毛で対応します。

今回、2名のお客様が長さ1mほどの付け毛を買われたのですが、日本でどのように保管、あるいは飾っているのかは不明です。

万が一必要なケースが出てきたら連絡しますので貸してください。

伝統、文化とはいえここまで分かりやすいというのは権利意識が高まっている先進諸国では女性蔑視と捉えられかねないのではとも思うのですが、鎖国が終わって間もないトルクメニスタンでは普通なんですね。

なお、トルクメニスタンはイスラム(スンニー派)がマジョリティのため女性は基本的に結婚まで純潔を守るそうです(例外はあると思います、たぶん)。

結局のところ、所変われば品変わるの一例がここにもある、ということなのでしょうか。

ちびっこたち

女子が被っていた帽子は男子も被ります。
写真はアシガバード近郊の世界遺産、ニッサのパルティア遺跡で出会った社会科見学風のちびっこ集団。

右端のド派手な服装の先生に率いられ、遺跡見学に来ていました。

なお、このあと軍隊のご一行様も遭遇したのですが、さすがにこの帽子は被っていませんでした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2014年05月22日 13:20 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

黒石智之 プロフィール

ハイキング倶楽部を運営し、隠れファンの多い(?!)ブログにもハイキングや山の話題が多い。
苦手なものは虫(特に蛾と蝶)、嫌いな食べ物はグリンピースと空豆。
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

------------------------------
■プロフィール
富士山のお膝元、静岡県富士市出身。干支は亥年、星座は水瓶座、血液型はA型(両親、妹もすべてA型)です。最近は老化とともに物忘れがひどくなってきて、物や人の名前が思い出せないことが増えてきました。

■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/8(水)発 催行決定!】天空都市マチュピチュと雨季のウユニ塩湖 10日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求