期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

松前光男ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

スペイン アンダルシアの想い出②

2015年11月19日

スペイン語でパラドールというと、「休息するところ」の意味ですが

現在、固有名詞としては1928年に始まった、古城や宮殿、修道院や景勝地に

建てられた半官半民のホテルチェーンで、その数は約90か所です。

今回の「陽光のスペイン アンダルシア地方 ジブラルタル海峡と白い街 8日間」では

グラナダのアルハンブラ宮殿の敷地内にある、大人気のパラドールに連泊しました。

このパラドールはイスラム教徒とカトリックの戦いの歴史が凝縮されています。

14世紀中頃のアラブの王、ユスフ1世によってイスラム寺院、王宮の一部として建築され

カトリック両王による征服後に、修道院「サン・フランシスコ」として改装されました。

かつてはカトリック両王が葬られた礼拝堂も残る建物は最近になって、客室はモダンに

改装され、たいへん快適に過ごすことができます。

部屋数は40しかなく、年間通じて100%近い稼働率を誇り、なかなか予約が取れません!

早朝や夕日の後は宿泊しているお客様だけがアルハンブラの一角を散歩でき、

とっても優雅で贅沢な雰囲気に浸ることができます。私がこのコースをお勧めする理由のひとつです。

パラドール正面(撮影:松前)パラドール中庭(撮影:松前)パラドール内側(撮影:松前)パラドールのベッドルーム(撮影:松前)お部屋のバスルーム(撮影:松前)パラドールのレストラン(撮影:松前)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2015年11月19日 15:30 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

松前光男

(まつまえみつお)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

松前光男 プロフィール

クールに生きたいサソリ座の男。社内でもダントツの通算6,700日以上の添乗経験から、どんなトラブルにも対応できる。太平洋でうぶ湯につかった伊豆大島出身。

------------------------------

■添乗モットー
郷に入っては郷に従え。
旅は道づれ世は情け。