期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

松前光男ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

スロクロお疲れ様でした!

2017年05月29日

私ども社員の間ではスロベニア・クロアチアを略してスロクロと呼んでおります。

(なんとなく ノラクロを思い出す、って古いなぁ)

とにかく5/11発「スロベニア・クロアチア紀行 10日間」にご参加のお客様、

たいへんお疲れ様でした!

今回は最初のリュブリアナと最後のドブロブニクに3泊ずつできたのが良かったですね。

各地でタイミング良くお天気にも恵まれ、美しい景色をたくさん眼にしました。

アジアからの観光客も大幅に増えているせいか、ドブロブニクなどは物価がだいぶ

高くなってきているな、というのが私の印象です。

海に面した、また緑に囲まれたレストランなどで取った食事はいかがでしたでしょうか?

また近い将来、ご一緒できる機会を楽しみにしております。

ドブロブニクの素敵な旧市街を散策しました(撮影:松前)夕食フリーの日、ご希望のお客様と隣の港町へシーフードを食べに出かけました(撮影:松前)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2017年05月29日 16:52 ) |  メッセージを送る(0)

クロアチアより松前です!

2017年05月15日

美しいリュブリャナの街に3泊も出来ました(撮影:松前)

「スロベニア・クロアチア紀行10日間」のツアー責任者、松前です。
こちらも日本同様に、
春は変わりやすい不安定なお天気なのですが、
うちのグループは要所に来ると青空になると言う巡り合わせで、
良い写真も取れています。

最初に3泊したスロベニアの首都リュブリャナはこぢんまりした美しい街で皆様、
気に入ったご様子。

昨日は国境を越え、クロアチアに入りました。

プリトビチェでは予定時間を延長して、ゆっくり歩きました(撮影:松前)

プリトビチェ国立公園でも昼食の最中に大雨、
我々は晴れ間が出てから歩くことが出来ました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年05月15日 15:39 ) |  メッセージを送る(0)

ポルトガルの次はクロアチアです!

2017年05月11日

先日、ポルトガルへご一緒したお客様、大変お疲れ様でした。
好天に恵まれ、楽しく、美味しい旅を実感して頂けましたでしょうか?
さて、今日からは、スロベニア・クロアチア10日間の旅です。
こちらもまた美しい場所とアドリア海の海の幸などが魅力的な方面です。
また、この続きは現地から報告しますね!
リスボンの発見のモニュメントも青空に映えていました(撮影:松前)
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年05月11日 09:43 ) |  メッセージを送る(0)

ポルトガルは、五月晴れ!

2017年05月02日

ジェロニモス修道院訪問後に行列の出来る店で買ったパステル・デ・ナタ(エッグタルト)をご賞味いただきました!(撮影:松前)
オビドスでは城壁を歩く時間もお取りしました。おかげで筋肉痛に!?(撮影:松前)
コインブラでは、モンデゴ川にも近いロマンチックなホテルに宿泊しました。(撮影:松前)
こちらに来て最初の観光の日は激しい雨がホテル出発前まで降っていましたが、その後、曇りから晴天へと変化しました。世界遺産のジェロニモス修道院も美しく陽光に映えていました!

メイデイの昨日は朝から快晴。「谷間の真珠」
オビドスや聖地ファティマに寄り、大学の町コインブラまで移動しました。
ヨーロッパの人にとってもお休みの時期なので、どの場所も観光客で盛況です!
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年05月02日 10:16 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

松前光男

(まつまえみつお)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

松前光男 プロフィール

クールに生きたいサソリ座の男。社内でもダントツの通算6,700日以上の添乗経験から、どんなトラブルにも対応できる。太平洋でうぶ湯につかった伊豆大島出身。

------------------------------

■添乗モットー
郷に入っては郷に従え。
旅は道づれ世は情け。