期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

松前光男ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

次は南米大周遊です!

2016年01月20日

1/27出発「ナスカ、マチュピチュとチチカカ湖、イグアスを一度にめぐる

南米大周遊 18日間」にご参加のお客様、この度はありがとうございます。

ツアー責任者の松前光男です。どうぞよろしくお願い致します。

このコース長いツアータイトルからも分かるように、南米の魅力を

ふんだんに楽しんでいただく内容です。古代文明・大自然・地元の料理とお酒。

なかでも出色はリオのカーニバルの本選を特別観覧席で鑑賞していただくことです。

強烈なサンバのリズムに合わせて、私たちも楽しみましょう!

マチュピチュ遺跡(撮影:松前)タンゴ発祥の街カミニート(撮影:松前)迫力あるイグアスの滝ボートツアー(撮影:松前)熱狂のカーニバル(撮影:川井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2016年01月20日 10:26 ) |  メッセージを送る(0)

ウユニから戻りました!

2015年02月25日

イグアスではボートに乗り、滝壺近くまで接近。びしょ濡れになりました。

マチュピチュで登山した方は筋肉痛になった方も多かったのでは?

雨季のウユニでは毎日良いお天気で、すっかり写真三昧でしたね!

「塩のホテル」の素朴なサービスも日頃は経験できないものでした。

いろいろと思い出に残る南米の旅になったことと思います。

ウユニの想い出(モデル:松前)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2015年02月25日 17:34 ) |  メッセージを送る(0)

まもなく南米へ出発します!

2015年02月03日

「イグアスとマチュピチュを訪ね 雨季のウユニ塩湖へ 16日間」の

ツアー出発日が迫って参りました。

はやる気持ちで素敵な写真をたくさん撮りたいと張り切っていらっしゃるお客様、

高山病にならぬよう、標高の高い場所では、どうかゆったりした気持ちでゆっくりと

行動して下さるようにお願いいたします。

スケールの大きな南米の観光と地元のお食事を存分に楽しんでいただきましょう。

雨季のウユニ塩湖 (撮影:三谷)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2015年02月03日 17:37 ) |  メッセージを送る(0)

2月は南米です!

2015年01月14日

「イグアスとマチュピチュを訪ね 雨季のウユニ塩湖へ 16日間」

ご参加のお客様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

見どころ満載、移動距離も長いのですが、その苦労に応える感動が待っています。

南米特有の時間の観念やサービスなどに最初は戸惑うかも知れませんが

郷に入っては郷に従え、皆様おおいに楽しんでまいりましょう。

マチュピチュ遺跡(撮影:青沼)

 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2015年01月14日 11:52 ) |  メッセージを送る(0)

松前です。ペルー夢紀行から帰国!

2014年02月20日

夢ペルー9日間から帰りました。

ナスカの地上絵といい、マチュピチュの遺跡といい、

不思議空間をいつも感じます。

今回のお客様は皆さま

ハイラム・ビンガム号の車中バーでの音楽を楽しんで、踊りまくりでした!

こちらは誰かしら酸欠になるのでは?と心配しましたが、杞憂に終わりました。

クスコのホテルは部屋に酸素が供給されるという珍しいところ。

いろいろ印象に残るペルーの旅でした。

ご一緒した皆さま、ありがとうございました!

ハイラム・ビンガム号 車中のBARにて 【撮影:龍谷】

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by JTBグランドツアー ( 2014年02月20日 19:54 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

松前光男

(まつまえみつお)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

松前光男 プロフィール

クールに生きたいサソリ座の男。社内でもダントツの通算6,700日以上の添乗経験から、どんなトラブルにも対応できる。太平洋でうぶ湯につかった伊豆大島出身。

------------------------------

■添乗モットー
郷に入っては郷に従え。
旅は道づれ世は情け。