期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岡田彩ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

行ってきました!トルクメニスタン

2017年05月23日

迫力満点のヤンギカラ(撮影:岡田)

一昨日、トルクメニスタンより帰国しました。

予想以上にすばらしかった渓谷美のヤンギカラでは、
多分、人生で最もおいしい鶏肉のバーベキューをいただきました。

お客様と「燃えろよ燃えろ」を歌ったダルワザの"地獄の門"では、
地平線から地平線まで大きな夜空に輝く星を眺めることができました。
夜中に1人、"地獄の門"を訪れた際には、
なんだか炎の中に吸い込まれそうになるような不思議な気分になりました。

12年前に1度訪れたアシガバートは、その規模が何倍にも拡張されていて、
大理石でできた白亜のマンション群が建ち並び、
いろいろなところにモニュメントが建ち、
とにかくその発展ぶりに驚かされました。

私にとっては6年ぶりの添乗。
お客様に助けられながら、和気あいあい旅を終えることができました。
考えていた以上に、まだまだ実態がつかめない不思議な国。
もう1度、訪れたくなりました。

ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。
本当に、ありがとうございました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岡田彩 ( 2017年05月23日 15:11 ) |  メッセージを送る(0)

トルクメニスタンへ行ってきます!

2017年05月09日

地獄の門(撮影:綾部)

今週末、いよいよトルクメニスタンに出発します。
6年ぶりの添乗。
緊張しているかと思いきや、ツアーの準備をしていると、
ワクワクしている自分がいて、意外に感じています。

先日、スキーに10年以上ぶりに行ったのですが、
体が覚えているようで、すぐにスピードにも慣れ、
ある程度は滑ることができました。

久々ではあるものの、
10年間ほどで合計90カ国、1000日間以上の添乗経験を積んできました。
良いことも悪いこともあるけれど、いつも天職だと思って、
お客様と旅行を楽しみました。

今回もこの経験を頭や体が覚えていること、
これまで通り動けるといいなぁと思いながら、
一方では、初心に返り、添乗業務のマニュアルも読み返しています。

昨日、出発前説明会を終え、
ご参加者の皆様にご挨拶もさせていただきました。
あとはお客様と一緒に、観光・食事を楽しむこと。
もちろん、飲酒も。

トルクメニスタンという未知の世界を存分に心に染み込ませたいと思っています。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岡田彩 ( 2017年05月09日 14:24 ) |  メッセージを送る(0)

トルクメニスタンにご一緒しませんか?

2017年03月28日

地獄の門(撮影:綾部)

5月14日「ダルワザの「地獄の門」と3大世界遺産をめぐる トルクメニスタン探訪 8日間」
が催行決定しました!

そして、そのコースに同行させていただくことが決まりました。
私にとっては、6年ぶりの1人での添乗。
先日は、謝恩企画で香港に行かせていただきましたが、
通常のツアーでの同行は本当に久しぶりです。
多少の緊張はありますが、どちらかといえば、ワクワク。

またお客様と、旅の感動を共有できることを、心から楽しみにしています。

5月のトルクメニスタンは、暑すぎず、寒すぎず、
1年の中では最も過ごしやすい時期です。

私自身、トルクメニスタンは以前訪れたことがありますが、
前大統領の時代でした。
その際は、陸路で入りましたが、国境の係員が昼食に出てしまい、
1時間ほどコンクリートの簡素な建物の前で、お客様と座り込んで、おしゃべりをしていたことを思い出します。
お嫁さんが義父と話してはいけない、
など男性優位の考え方の強い国だという印象が強烈でした。
また、博物館に展示されている絨毯が、トルコのそれに劣らないほど素晴らしかったことも覚えています。

いつかもう1度、訪れたい・・
そう思っていた国でした。
恐らく、私が前回行った時より、さらに近代化が進み、
周囲の国との関係も変化しているのではないかと思います。
そのお国柄また、変化を知ることが本当に楽しみです。

お客様と「地獄の門」を見ながら、
星空を見ながらのテント泊も童心に返って満喫したいと思います。

ビザの関係から、来月上旬が、募集できる期限となります。
この機会に是非!という方がいらっしゃいましたら、
お早めにお問い合わせくださいませ。

ご一緒にトルクメニスタンという未知の世界を探検しに行きましょう!


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岡田彩 ( 2017年03月28日 15:25 ) |  メッセージを送る(0)

ラヴ スイカ

2014年07月22日

トルコのボスポラス海峡(撮影:岡田)
梅雨明けも間もなく、スイカがおいしい季節になりました。
何故か、これまでスイカにあまり魅力を感じることのなかった私。

先日、スイカを食べていた際、「こんなにおいしいのに、何故好きでなかったんだろうなー」と
ふと考えました。

そして出てきた答え。
「恐らく、暑い国に添乗することが多かったので、年間を通してずっとスイカがテーブルに並んでいたからだろう」と。
今思えば、本当に贅沢な理由でした。

思い返せば、スイカの思い出はいっぱい。
ギリシャやトルコのビーチで、お客様とゲラゲラ笑ったスイカ割り。
スーパーで購入したモップの柄を棒がわりに、機内用のアイマスクを目隠しに、
近くの現地の方も交えて楽しみました。
それほど好きでなかったスイカの味も、
あの一部が歪に割れたスイカだけは、本当に美味しかったのを覚えています。

今は、季節の果物を子供と一緒にほおばっては、
ささやかな幸せを感じている毎日です。

いつかまたあの歪スイカの味を、
お客様と共有したいです。


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2014年07月22日 09:31 ) |  メッセージを送る(0)

写真で振り返る思ひ出 ~今頃のトルコ~

2014年05月09日

8年前の今頃、トルコにいました。
トルコといえば、ヨーロッパとアジアの間に位置することから育まれた独自の文化と
奥深い歴史、子供たちの笑顔など、本当にたくさんの魅力があります。

そして、美しく広大な自然もその魅力のひとつ。
きっと今頃のトルコは、どこまでも続く大地をケシの花が埋め尽くしていることでしょう。
途中で立ち寄ったドライブインで食べた、ねっとりしたヨーグルトにケシの実をかけたデザートも
トルコならではで、忘れがたいものでした。

ケシの花畑(撮影:岡田)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2014年05月09日 11:17 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岡田彩

(おかだあや)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

岡田彩 プロフィール

おっとり、ゆっくり、マイペースな浪速娘(なにわっこ)。ギリシャ・ローマ遺跡が大好き。ママ業で頻繁に添乗に出られない分、80ヶ国の以上の訪問経験を活かした旅の手配に全力を尽くす。

------------------------------
■添乗モットー
お客様と同じ目線で、旅を楽しむこと!

■好きな国・地域
文化・遺跡系 1位 シリア・ヨルダン、2位 ギリシャ、3位 トルコ / 自然系 1位 アルゼンチン・チリ(パタゴニア)、2位 アイスランド 、3位 スイス

■趣味・特技
秘湯巡り・日本列島ドライブ・おいしいお酒とご飯・泳ぐこと