期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

佐藤明日子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

野天とテント

2014年03月03日

ダナキル名物「野天泊」。でも、完全な野宿ではなく、石組の小屋があります。

快適な個室空間!エルタ・アレ火山ベースキャンプでは、この小屋の中に簡易ベッドを。

火山の山頂では、同じような小屋の中にマットレスを敷いてくれます。

シーツは2日に1回交換。枕カバーも石鹸の香が。もちろん虫もいません。

石組の小屋。地元の人はオシャレに「コテージ」と呼んでいました。快適な個室。「お好きなコテージをお選び下さい!」

山頂の「コテージ」の中。昼間でも風が入り以外と涼しい。夜はエルタ・アレ火山の噴火音と火花が!

硫黄泉の奇観で知られるダロール地区では、テントに泊まります。

ガイドさんやドライバーさん達スタッフが、総出でテントを組み立ててくれます。

一人1張り。こちらも快適な個室空間が約束されています。

このキャンプサイトでは、水浴び用のシャワー室と簡易トイレまでセッティングしてくれました。

テント設営中。スタッフはみんな働き者。頭が下がります。このあとシャワー室とトイレも完成。

私は閉所恐怖症でテントが苦手なので外で就寝。明け方はちょっと寒いくらいでした。

現地の受け入れ体制は、日々進化しています。

あとは皆様の旺盛な好奇心と、ほんの少しの勇気があれば、ダナキル砂漠はそんなに遠い場所ではありません。 

地球規模の感動との出逢い。来年の旅先に。。。ぜひ加えてみてください!

(写真はすべて佐藤撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2014年03月03日 20:50 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

佐藤明日子

(さとうあすこ)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索

佐藤明日子 プロフィール

訪問国数120か国以上、添乗日数3,400日以上、世界一周クルーズでの勤務経験あり。世界をバックパックで放浪した経験を活かし、どんな秘境もおまかせできる。米どころ新潟県出身。

------------------------------
■添乗モットー
信頼・平等・笑顔

■好きな国・地域
山と砂漠とバザールのある国

■趣味・特技
トレッキング・貯金