期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

佐藤明日子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

2015年最後の旅は、ユーラシア大陸最西端へ

2015年12月25日

2015年12月26日発 哀愁のポルトガル 8日間

2年連続のエチオピア・ダナキル砂漠から始まった2015年。

締めくくりは、ユーラシア大陸最西端の国、ポルトガルです。

10月にはアメリカ東部の4都市を旅したばかりですから、

今年は、東へ西へ、本当に地球をくまなく巡った一年でした。

3月にネパールを訪れ、帰国して1ヶ月後に彼の地を大地震が襲い、

私個人的には大きなショックを受けました。

そんな中、今年は76名のお客様と14ヶ国をめぐり感動の時を一緒に過ごし、

元気やエネルギーをたくさん頂きました。あらためて感謝申し上げます。

では、2016年をポルトガル北部のポルトで迎える旅へ。行ってきます!

ロカ岬(撮影:龍谷)

《ご参加の皆様へ》

日出づる国ニッポンから、ユーラシア大陸最西端のポルトガルへ。

リスボンではファドを聴きながら、しみじみと2015年を振り返りましょう。

大航海時代、大海原の向こうに夢を馳せ船をこぎ出した男たちのように、

ロカ岬では2016年の夢を語りあいましょう。

ポルトガルの年越しは、12時の鐘の音に合わせて干しぶどうを食べるそうですよ。

面白いですね!浪漫あふれる年越しになりそうです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年12月25日 10:05 ) |  メッセージを送る(0)

こんな時だからこそ。

2015年12月17日

ヒマラヤの大地、ネパールの追加コースを企画・発表しました。

地震被害の無い地域でヒマラヤを堪能する

ネパール・ヒマラヤの休日 シャクナゲの花は咲く 6日間


ネパールを襲った大地震から7ヶ月。

復旧作業は進んでいますが、今いちばんの問題は、

観光客が来てくれないこと。

ネパールは観光立国ですので、観光客の減少は

そのまま国の経済に大きな打撃を与えます。

国花のシャクナゲと名峰マチャプチャレ(2015年3月/佐藤撮影)

3月になれば、今年もまた、

国花のシャクナゲが大輪の花を咲かせることでしょう。

なんとか、ネパールを応援したい!

そんな気持ちが、いっぱいつまったツアーです。

こんな時だからこそ、ご検討をお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年12月17日 10:45 ) |  メッセージを送る(0)

2つの新天地

2015年12月14日

2015年。
今年の私のテーマは「新天地へ」・・・でした。

好奇心旺盛な皆様に、新たな旅先(新天地)をご提案したい。

そんな気持ちから、今年度はじめに2つのツアーを企画しました。

***

◆バルカン半島3ヵ国をめぐる アルバニア・マケドニア・コソボ 10日間

◆ダルワザの「地獄の門」と3大世界遺産をめぐる トルクメニスタン探訪 9日間

***

バルカン半島は、昨年の休暇を使って個人的に訪れた、思い入れのある国々です。

5月にツアーが催行し、ツアー責任者は岩井でした。オフリド湖の朝、美しい写真ですね。(撮影:岩井)

トルクメニスタンは、昨年11月に視察旅行に行かせていただき、

とっても興味深い国でしたので、これは多くの人に訪れて欲しい!と思い、

ツアーを造りました。

人気者のツアー責任者・綾部のおかげで10月と11月、2ヶ月連続で催行しました。「地獄の門」は必見ですよ!(撮影:綾部)

多くのお客様にご参加いただき、心から御礼申し上げます。

***

私個人的には、9月と10月、2ヶ月連続でアメリカ大陸へ添乗し、

「新大陸=新天地」そんな気分で、偉大なる国アメリカを体感しました。

雄大な風景をたくさん観ました。大好きなのは、やはりグランドキャニオンです!(撮影:佐藤)

未だ観ぬ世界は数多くあります。一つでも多くご紹介していきたい。

その気持ちは今も変わりません。

安全に配慮しながら楽しい旅を提供し続けることが、私の今後の目標です。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年12月14日 17:18 ) |  メッセージを送る(0)

年末年始はポルトガルへ

2015年12月11日

12月の添乗が決まりましたのでお知らせします。

2015年12月26日発 

ユーラシア大陸最西端をめざして 哀愁のポルトガル 8日間


ユーラシア大陸最西端の国で新しい一年を迎えます。

スペインで新年を迎えたことはありますが、ポルトガルでのお正月は私も初めて。

ポルトガルならではのイベントがあるかも知れません?!

このコースでは、リスボンやポルトといった大都市だけでなく、

城壁に囲まれた小さな町、オビドスにも宿泊します。

城壁のすぐ近くに建つ修道院を改装した趣あるホテルをご用意しましたので、

通常の観光だけでなく、ロマンチックな夜の街歩きにもご案内したいと思っています。

城壁に囲まれたオビドスの街(撮影:山口)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年12月11日 10:55 ) |  メッセージを送る(0)

トルコと日本、その絆の物語

2015年12月07日

昨日、久しぶりに映画館へ行き、「海難 1890」を観てきました。

今から125年前、和歌山県串本沖で実際におきた海難事故の史実をもとに、

つくられた映画です。

トルコ(当時はオスマン帝国)の帆船エルトゥールル号。

台風に遭遇し、帆船は座礁し荒れ狂う海に沈没。

500名以上の被害者を出した大事故の中、

串本の住民が自らの命を顧みずトルコ人たちの救助にあたりました。

その壮挙は、100年以上たった今日でもトルコ人の間で語り継がれ、

小学校の教科書にも書かれているそうです。

イスタンブールの夕景/ガラタ塔から(撮影:佐藤)

最近、治安の面での心配が後を絶たないトルコ。

グランドツアーでも、トルコへ行くツアーの催行がめっきり減ってしまいました。

銀幕の中で、久しぶりに観たイスタンブールの街並みと、

耳に心地いいトルコ語のやわらかな響き。

トルコは優しい人が住む国です。

いつか必ずもう一度行きたい、そして昔のように多くのお客様をご案内したい。

そんなことを思いながら、映画館でのひとときを過ごしました。

トゥズ湖の夕日(撮影:佐藤)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年12月07日 12:13 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

佐藤明日子

(さとうあすこ)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

佐藤明日子 プロフィール

訪問国数120か国以上、添乗日数3,400日以上、世界一周クルーズでの勤務経験あり。世界をバックパックで放浪した経験を活かし、どんな秘境もおまかせできる。米どころ新潟県出身。

------------------------------
■添乗モットー
信頼・平等・笑顔

■好きな国・地域
山と砂漠とバザールのある国

■趣味・特技
トレッキング・貯金