期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

佐藤明日子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ダナキル砂漠で、快適テント生活

2015年03月03日

ダナキル砂漠の塩湖の近くにあるキャンプ地、アハメッド・エラ。

ここではテントに2泊するのですが、このテントがかなりバージョーンアップ。

昨年より大きく広いテントになっていました。(テントは一人一張りご用意)

地球上で最も過酷な地・ダナキル砂漠も、少しずつですが「快適」になってきています。

あんまり快適になりすぎても面白くないので、興味のある方は早めにお訪ねください。

昨年はテントの中にマットレスでしたが、今年は簡易ベッドが入るくらい大きなテントでした。

簡易トイレも居住性ばつぐん!

キャンプ地を出て5分も走ると、こんな塩の荒野が広がります。

ラクダもへたる暑さです・・・

(写真は全て佐藤撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年03月03日 20:10 ) |  メッセージを送る(0)

トリック写真@ダナキル砂漠

2015年03月01日

面白いトリック写真が撮れる!と、人気爆発のウユニ塩湖ですが、

荒涼とした大平原が続くダナキル砂漠でのトリック写真も、

これがまた、なかなかのものです。

ラクダを背景に、はじけてみました。

 Fly beyond the caravan !  (撮影:Mr. Melaku Tesfa ガイドさん)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年03月01日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

エルタ・アレ火山、活動中!

2015年02月26日

2015年2月13日発 

地球上で最も過酷な地・ダナキル砂漠をゆく エチオピア11日間

アフリカ大地溝帯、ダナキル砂漠を駆けぬけるエチオピアから帰国しました。

生きている火山エルタ・アレ。今回も激しいマグマの活動を観ることができました。

漆黒の闇に跳ね上がる火花と、真っ赤なマグマのうごめき。

ちょうど新月だったので、見上げる空には満天の星が輝いていました。

爆音と熱風、そして鼻をつく臭い。

写真や映像では決してわからない、行った人にしか語れない感動の世界。

ツアータイトル通り過酷な旅でしたが、地球を遊びつくした!その達成感は最高です。

熱風にも負けず/エルタ・アレ火山にて (撮影:佐藤)

《ご参加の皆様へ》

お客様アンケートには、「楽しいトラブル続出の旅に感謝!」の文字が。

トラブルやハプニングが起きるたびに、楽しい想い出ができる、と。

たくましい皆様に心から感謝いたします。

帰路のバンコクの空港で、もう既に「次はどこへ行こうかな~☆」の声。

この地球上に、これ以上過酷で感動的な場所はありませんよ(?!)

でも、もっともっと心ワクワクする新天地を私も探してみますので、

待っていてくださいね。

塩を運ぶキャラバン/アハメッド・エラにて (撮影:佐藤)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年02月26日 17:18 ) |  メッセージを送る(0)

地球を遊ぶ旅、出発進行!

2015年02月12日

2015年2月13日発 

地球上で最も過酷な地・ダナキル砂漠をゆく エチオピア11日間

ツアータイトルどおりの過酷な(?)旅へ、明日出発です。

ホテルもない。トイレもシャワーも何にもないところで、自分探しの旅。

無事生還したときの一回り大きくたくましくなった自分を思い描いて。

地球を遊ぶ・・・もともと、そのテーマから生まれたツアーです。

全員で過酷な環境を遊びつくし、全員で旅の完成形を目指す旅へ。

ワクワクしながら行ってきます!

 溶岩台地の上を、ひたすら・・・ (撮影:佐藤)

《ご参加の皆様へ》

海外旅行と言うよりは「違う惑星」へ旅立つツアーが、いよいよ始まります。

覚悟は決まりましたね。不便なこともありますが、その不便さをも楽しんで、

究極の異次元体験を満喫しましょう。

私も昨年の体験を有意義に活かしながら、その過酷さ不便さを少しでも快適に、

そして笑い飛ばしていただけるよう案内して参ります。

火山で昼寝。この余裕ったら~!(撮影:佐藤)

 

 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年02月12日 19:26 ) |  メッセージを送る(0)

コーヒーセレモニー

2015年02月06日

コーヒー発祥の地、エチオピア。

ゆっくりとコーヒー豆を焙煎し、砕き、沸かしていただくコーヒー・セレモニーは、

エチオピア人の生活にしっかりと根付いています。

忙しい旅の最中に、ゆったりとしたコーヒータイム。憩いのひとときです。

ちょっと濃いめのコーヒー。小さなカップでいただきます(撮影:佐藤)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2015年02月06日 20:36 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

佐藤明日子

(さとうあすこ)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

佐藤明日子 プロフィール

訪問国数120か国以上、添乗日数3,400日以上、世界一周クルーズでの勤務経験あり。世界をバックパックで放浪した経験を活かし、どんな秘境もおまかせできる。米どころ新潟県出身。

------------------------------
■添乗モットー
信頼・平等・笑顔

■好きな国・地域
山と砂漠とバザールのある国

■趣味・特技
トレッキング・貯金