期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

佐藤明日子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

マダガスカルのサカイさん

2014年11月07日

マダガスカル料理に欠かすことが出来ないもの。

それは・・・、ピリピリ辛い「サカイ」です。

唐辛子をすりつぶしたものですが、レモンや玉ねぎなどの野菜や

椰子の木の芯や熟す前のマンゴーなども入っているそうで、

ただ辛いだけではなく、そのお味はかなり複雑。

スープに、ちょこっ。ラビトゥトゥなどの煮込み料理にも、ちょこっ。

どんな料理でも、ちょこっと加えるだけで味が引き締まります。

素敵な調味料サカイ。ウチの会社の酒井にも振りかけたい。。。

自家製もありますが、スーパーでも簡単に買えます。私も一年分、大人買いしました。

 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2014年11月07日 09:55 ) |  メッセージを送る(0)

バオバブ写真を撮るために

2014年11月04日

パンフレット用の写真を撮ることも、私たちスタッフの隠れた仕事の一つ。

プロの写真には当然かないませんが、でも、自分たちで撮影しているので、

「いつ」「どこで」撮影すれば、「どんな」写真が撮れるのか~?

グランドツアーのスタッフなら、みんな知っています。

そして添乗中、お客様をとっておきの写真スポットにご案内したり。

おなじみのバオバブの夕景

2年前、グランドツアーのパンフレットの表紙を飾ったこともあるバオバブ並木の夕景。

今回もまた撮影にのぞみました。

季節によって日の沈む場所や角度が微妙に変わってくるので、撮影ポイントは毎回同じとはかぎりません。

バオバブ並木と地元の人々

バオバブは巨大なので、人物を一緒に入れると、より大きさがわかりますね。

観光客が多い場所なので、地元っぽい雰囲気を出すのはけっこう大変です。

双子バオバブと一緒に

ときにはご参加のお客様達も被写体に!

(写真はすべて佐藤撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2014年11月04日 12:58 ) |  メッセージを送る(0)

大ツィンギー・トレッキング報告

2014年11月01日

世界遺産ツィンギー・デ・ベマラハ厳正自然保護区。

ここには尖塔のような奇岩が果てしなく広がっています。

自然保護区内にはいくつかのトレッキングコースがありますが、

観られる景観の違いから「小ツィンギー」と「大ツィンギー」に分けられています。

今回のツアーでは、自然保護区の専門ガイドを2名雇い「大ツィンギー」を歩いてきました。

 まずは安全のためにハーネスを装着します。使い方は簡単!

 最初の40分間は平坦な樹林地帯を歩きます。ひょうきんな顔をしたシファカが登場!

 樹林地帯をぬけると、こんな岩場が始まります。慎重に!

 洞窟もあったりして、なかなか変化に富んでいます。中は真っ暗!

 洞窟をぬけると、さらなる登りが。ちょっと怖い~!

 第1展望台に到着!(この写真は遠景)すごいところに建っていますね。

 第1展望台からの眺め。見渡すかぎり針の岩。

 下を見ると目がくらむ~

 次の展望台へ。高さ約70mの吊り橋を渡ります。(落ちたら刺さりそう)

第2展望台に到着。思わずガッツポーズが!

第2展望台からの眺め。ここまで来た人にだけ与えられる幸せの風景。

登ったら下りなきゃね・・・。下り道もけっこうハードです。

ルートを示す看板。私たちは3~4時間コースを歩きましたが、5~6時間コースもあるらしい。

トレッキング後はホテルに戻って、くつろぎの時間。私は昼寝・・・。

いかがですか?大ツィンギー・トレッキング。

楽しそうだなと思った方は、ぜひ来年!

(写真はすべて佐藤撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2014年11月01日 09:40 ) |  メッセージを送る(0)

マダガスカルから生還

2014年10月29日

2014年10月14日発 マダガスカル周遊 12日間

台風19号から逃げるように羽田を出たのが、10月12日(日)のことでした。

まさに半月も旅をしていたことになります。社会復帰危うし?!

マダガスカルに着いてからは、心配していた国内線も順調に飛び、

無事すべての観光ポイントを皆様にお楽しみ頂くことができました。

今回の一番の目的は、ツィンギー・トレッキング

パンフレットでは「小ツィンギー」をお勧めしていたのですが、

「どうせ行くなら大ツィンギーを!」と言うお客様の声を反映し、

7名様全員で、大ツィンギーを歩いてきました。

その様子は、また後日、このブログでご紹介していきます。

絶景!大ツィンギー

《ご参加の皆様へ》

胃袋がひっくり返りそうなガタボコ道も、停電や断水、そして雨漏りさえも、

今となっては美しい(?)想い出。腹の底から笑って話せる自分がいます。

このツアーで随分たくましくなりましたよね、私たち。

チームワークばっちりの皆様の笑顔に、私も本当に助けられました。

いかなる状況でも、ずっと笑っていられる人って、なんだかステキ☆

皆様から大切なことを教わったような気がします。

こんにちは。イタチキツネザル

(写真は佐藤撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2014年10月29日 08:56 ) |  メッセージを送る(0)

日本脱出!マダガスカルへ

2014年10月11日

2014年10月14日発 マダガスカル大周遊 12日間

台風19号接近中!

このツアーの出発日である14日(火)が、どうやら関東地域直撃らしいので、

ひとあし早くバンコクへ飛ぶことになりました。

明日12日(日)に羽田空港ご集合。13日(月)の深夜の便でバンコクへ向かい

バンコクで1泊。

そのあと、14日(火)のマダガスカル航空でマダガスカルへ向かいます。

マダガスカル航空は週2便しか飛んでいないので、これが最良の判断でしょう。

マダガスカルは遠い、でも必ずや私たちを待っていてくれています!

台風から逃げるように旅立ちます。

急がばまわれ (撮影:佐藤)

《ご参加の皆様へ》

ご出発が1日半も早まることになり、皆様大変かと思います。

7名様全員が「お任せしますよ!」と、おっしゃって下さいました。

その一言で、大きな決断をすることが出来ました。ありがとうございます。

バンコクへ着いたら、まずは美味しいタイ料理とシンハビールで乾杯しましょう。

そして英気を養って、マダガスカルへ向かいたいと思います。

マダガスカルへ着いたら、もう何も心配することなく思う存分お楽しみいただけるよう、

私も精一杯つとめます。

大きな夕日、果てしないモザンビーク海峡、かわいいキツネザルたち、新鮮なシーフード。

そして、はにかんだ笑顔を絶やさないマダガスカルの人々。

どこを切り取っても文句なし、楽しく心癒される国マダガスカルまで。

あともう少しです!

まずはバンコクへ (撮影:岩井)

 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2014年10月11日 13:47 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

佐藤明日子

(さとうあすこ)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

佐藤明日子 プロフィール

訪問国数120か国以上、添乗日数3,400日以上、世界一周クルーズでの勤務経験あり。世界をバックパックで放浪した経験を活かし、どんな秘境もおまかせできる。米どころ新潟県出身。

------------------------------
■添乗モットー
信頼・平等・笑顔

■好きな国・地域
山と砂漠とバザールのある国

■趣味・特技
トレッキング・貯金