期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

清水喜裕ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

空港のある風景・ウユニ

2017年04月07日

前回のこのブログに続き、続編を。

昨年12月~今年3月は「縁あって」4カ月連続でウユニ塩湖へ

ご一緒させていただきました。

12月、2月 天空都市マチュピチュと雨季のウユニ塩湖 10日間

1月 パタゴニア、ペリト・モレノ氷河と雨季のウユニ塩湖 11日間

3月 神秘のイースター島と雨季のウユニ塩湖 12日間

というワケで写真はウユニ空港。

空港から塩湖までは4WD車で約25分です。

雲は塩湖にそっくり!?(2017年2月・清水撮影) 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年04月07日 18:09 ) |  メッセージを送る(0)

謎の税関職員

2017年03月22日

3/19(日)夕刻に無事、ロサンゼルスを経てリマから帰国しました。

3/8(水)発 神秘のイースター島と雨季のウユニ塩湖 12日間

ご参加のお客様、お疲れ様でした。お疲れは出ていらっしゃいませんでしょうか?

イースター島は3/6(月)のこのブログのとおり、とにかく遠い...

2回目の乗り継ぎ地であるサンティアゴ。入国審査が済み、通関(ともに1階)の際

そこにいた税関職員(と思われる係員)が「これからイースター島へ行くのか。

乗り継ぎ手続きは3階だ。案内してやる」と頼んでもいないのに自ら先頭に。

私も仕方なくチップを支払うハメに。

過去、いろいろな空港を利用しましたが、税関職員に先導されるのは

初めての経験でした。

モアイの製造工場ラノララク(2017年3月・清水撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年03月22日 09:05 ) |  メッセージを送る(0)

世界遺産の街の洗濯屋さん

2017年03月14日

2月は16(木)から、現在弊社の南米人気No.1コースである

天空都市マチュピチュと雨季のウユニ塩湖 10日間

同行させていただきました。

このコース、マチュピチュ村へはスーツケース等、大きな荷物を

持っていけませんので別途、小さなバッグの用意が必要になり

その分、荷物の総重量が重くなってしまいがちです。

そこで今回は着替えを減らすべく、クスコの街角にある洗濯屋さんの

お世話になりました。

アンダーウェア、靴下やタオル計12点を4日目の夕食後にお願いし

受け取りは翌5日目の午前7時。おねだんは16ソーレス(約633円)でした。

おねだんももちろん、ホテルでは対応してくれない上記のような

時間帯でもOK!ですので使い勝手ヨシ、仕上がりも「満足のデキ」でした♪

インティプンク(太陽の門)から(2017年2月・清水撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年03月14日 07:00 ) |  メッセージを送る(0)

ボリビア・ペルー国境越え

2017年03月01日

天空都市マチュピチュと雨季のウユニ塩湖 10日間では

実質現地最終日の8日目、デサグアデーロという国境の街でボリビアからペルーへ

陸路で国境を越えます。

ボリビア側の専用車は国境でお役御免、国境通過後の駐車場で

ペルー側の専用車が待機しています。

我々は歩いて国境を越えますが、スーツケースは...

下記のとおり、改造自転車で「運び屋」さんが運んでくれます♪

スーツケースはこんな感じです。(2017年2月・清水撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年03月01日 16:47 ) |  メッセージを送る(0)

雨季ならでは!の絶景♪

2017年02月27日

2/25(土)の夕刻、南米から無事、帰国しました。

2/16(木)発 天空都市マチュピチュと雨季のウユニ塩湖 10日間

ご参加のお客様、お世話になりまして誠にありがとうございました。

お疲れが出ませんよう、どうぞくれぐれもご自愛ください。

マチュピチュ村、クスコ、ウユニ塩湖、ラパスと標高の高い訪問都市が続き

旅行中、体調を壊される方もいらっしゃいましたが、2/25(土)夕刻の成田では

皆様、笑顔でお別れすることができ、本当にホッとしました。

今回はお客様、特に女性陣にいわゆる「晴れ女」が揃い

「雨季」にもかかわらず、各地、天候に恵まれました。

「晴れ女」の皆様、あらためて御礼申し上げます。

一方、「雨季」ならではの絶景もご覧いただけました。

下記のマチュピチュ、なんとも幻想的ですね!

幻想的なマチュピチュ遺跡(2017年2月・清水撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年02月27日 14:40 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

清水喜裕

(しみずよしひろ)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

清水喜裕 プロフィール

ニュージーランド南島マールボロ産の白ワイン・ソーヴィニヨンブランをこよなく愛するワインラヴァー。特技は長年にわたる投資にもとづく、美味しい♪レストランやオシャレなバーを見つける術。

--------------------------------------------------------------------------------
■添乗モットー
初心忘れず、手抜きせず、常に一生懸命に

■過去、印象に残った国・地域
1位マリ サハラ砂漠南端の、珠玉の世界遺産にただただ驚嘆
2位パプアニューギニア 空港到着ホ-ルで待ちかまえる羽根飾りの男性集団にビックリ!
3位イエメン これほど「フォトジェニック」な国を訪れた経験は、ほかにはない

■好きな国・地域
1位ハワイ 早朝、ジョグにでかける際の小鳥のさえずりや花の甘い香りにぞっこん
2位バンコク ひたすらタイ料理を食す、これに尽きる
3位由布院 行きつけの宿で過ごす、年1回の週末は、まさに至福のひととき♪

■趣味 
旅行(海外、国内問わず)、飲食(コストパフォーマンスの高いバルを見つけ出す"こだわり"は半端ではない)、ジョグ(時計と反対回りの皇居周回や自宅のある多摩のアップダウンを駆ける)、ドライブ(現在の愛車は自身3台目、赤のフィアット・チンクエチェント)

■特技
"アタリ"のお店(飲食店)を見つけること(今までの多大な先行投資が結実、昨今はまず、ハズレなくなった)、荷造り(周囲には「自己満足」の声も)