期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

龍谷秀昭ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

エジプト、ナイル川の旅に来ています!

2015年02月25日

今朝、4泊5日で旅したナイル川クルーズ船をあとに、
空路、アブシンベルまでやって来ました。

アブシンベル神殿にて

強烈な日差しにラムセス2世の巨大な遺跡が映えます。
そして、久しぶりに訪れたエジプトでのおもてなしにも感動しています。

以下、ツアー中の写真を何枚か紹介しましょう。

ライトアップされたルクソール神殿にて

馬車で訪れたホルス神殿(エドフ)にて

アスワンのスーク(市場)にて

ファルーカ(帆かけ舟)でナイルの舟あそびを楽しみました

ホテルでのんびり昼寝したあとは、
今から名高いアブシンベル神殿「音と光のショー」に出かけます!
アブシンベルにて

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 龍谷秀昭 ( 2015年02月25日 23:36 ) |  メッセージを送る(0)

あれから1年、イースタン&オリエンタル・エクスプレスの旅

2015年02月10日

大雪の成田に帰国したのがちょうど一年前でした。

憧れの豪華列車で旅したバンコクからシンガポール。

少し、写真を紹介しましょう。

発車を待つバンコク駅にて

昼の食堂車にて

夜の食堂車にて

バスルームからの景色@シンガポールのホテルにて

リッツカールトン@シンガポール

アジアン・ホスピタリティを感じる旅、お薦めします!

イースタン&オリエンタル・エクスプレスで行く 
マレー半島縦断の旅 6日間

その他のアジア・コースはこちら

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 龍谷秀昭 ( 2015年02月10日 17:42 ) |  メッセージを送る(0)

オリエント急行の価値

2015年02月01日

旅情を味わうと言えば、鉄道の旅がイチバンですね。

中でもオリエント急行は、その歴史的な価値、品格からして、

誰もが憧れる列車ではないでしょうか。

食堂車にて

1800年代の後半、

西欧からバルカン半島を経て東方オリエントを目指し走り始めたオリエント急行ですが、

終着駅の名は、あえて、「イスタンブール」ではなく、

東ローマ帝国の都「コンスタンチノープル」と呼んでいたそうです。

ピアノラウンジにて

この異文化圏「オリエント」へ向かう列車は、

上流階級や外交官、裕福な商人たちが愛した社交の場でもありました。

芸術作品のような列車内は忠実に当時の様子が再現されています。

また、小説「オリエント急行殺人事件」や映画「007ロシアから愛をこめて」にも登場しています。

パリ東駅にて

旅情を味わうオリエント急行の旅、お薦めします!

3月23日(月)発(催行決定)

オリエント急行にも泊まるベネチア・パリ夢紀行 7日間

※残りのキャビン僅かにつき、お急ぎください。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 龍谷秀昭 ( 2015年02月01日 02:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

龍谷秀昭

(たつたにひであき)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索

龍谷秀昭 プロフィール

グランドツアーでの添乗経験が最も長く、渡航歴は80ヶ国以上、添乗日数は4,200日を超える。特技は、おいしいレストランを見つけること&どこでも寝られること。性格は「ラテン系」、広島県出身。
------------------------------
■添乗モットー
どんな出会いがあるか楽しむこと

■好きな国・地域
トルコ、イタリアの田舎、南仏。

■趣味・特技
趣味:ドライブ。
特技:いつでも、どこでも寝られる。