期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

人気のホテル。でもおすすめは・・・

2015年01月15日

数年前、携帯電話のコマーシャルで人気に火がついたシンガポールのホテル、マリーナ・ベイサンズ。

3棟のビルの上に船が乗っているような形と、屋上のプールが人気の理由です。

プールは宿泊者限定ですが、屋上の展望台は有料ですが開放されています。

 

ただ、あまりにもホテルが巨大なので、朝食をとったり出かけたりする際の移動が大変です。

 

個人的におすすめなのは、マリーナを挟んで位置するリッツ・カールトンやフラトンといったホテルのマリーナ側のお部屋です。

リッツカールトンのお部屋からの眺め

夜景もばっちりです。

マーライオンの近くから見た夜景

シンガポールに行くなら、マイペースで楽しめるグランドツアーの個人旅行「ザ・グランシェルジュ」がおすすめです。

動物園や遊園地、カジノ、ショッピング、グルメなどどんな方でも楽しめる都市です。

 

■JAL利用でリッツ・カールトンに泊まるコース

思いのままに楽しむシンガポール 5日間

■シンガポール航空利用でラッフルズに泊まるコース

ラッフルズホテルに泊まるシンガポール 5日間

※ラッフルズはマリーナに面していません。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2015年01月15日 14:26 ) |  メッセージを送る(0)

赤岳・決死の登頂編

2015年01月14日

最初にお伝えしておきますが、ほとんど写真がありません。。

行者小屋から地蔵尾根を稜線まで登り、赤岳展望荘まで約2時間半なのですが、地蔵尾根の険しいところは、写真を撮る余裕すらなく滑落しないように登るのが精一杯でした。

 

赤岳展望荘はこんな風に様変わりしていました。

展望荘(1/12撮影)

白く伸びているのは、海老のしっぽと呼ばれる氷。

一定の気温以下に冷えた風が樹木などに当たるとその衝撃で空気中の水分が氷になります。

そのため、風下ではなく風上に延びていきます。

ちなみにこの日、気温はマイナス19℃、風速15mくらい。寒いと言うより痛い。。

冬季営業している赤岳展望荘で、ゴーグル、目出し帽、二重の手袋を装着して、出発!

赤岳

このときの赤岳の様子です。

登りの傾斜はたいしたことありませんが、風が強くなるとピッケルを刺して身をかがめて踏ん張らないととばされそうです。

無事、登頂したのですが、気温マイナス19℃という環境下では、デジカメもスマホも起動すらせず(電池の性能が極端に落ちるのです)、証拠写真は撮れずじまいでした。

※オーロラなど気温が氷点下に冷え込む環境においては、使い捨てカイロなどでバッテリーの温度をキープしないとあっという間に同じようなことになります。

 

山頂に着く頃にはきれいに晴れわたり、富士山、北岳(たぶん)、鳳凰三山(おそらく)、北八ヶ岳方面まできれいに見えました。

下山は、阿弥陀岳側に少しくだった文三郎尾根を下ります。

地蔵尾根ほどではないですが、かなりの急勾配。アイゼンを引っかけて前のめりに転倒しようものなら、どこまでも落ちそう・・・。

それでも、振り返ると赤岳、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳、正面には木曽駒ヶ岳(たぶん)などなどの絶景が楽しめました。

 

コースタイム

行者小屋~赤岳展望荘(約2時間半)~赤岳~行者小屋(約2時間半)

行者小屋~美濃戸口(約2時間半)

 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2015年01月14日 10:54 ) |  メッセージを送る(0)

厳冬の八ヶ岳・赤岳登頂

2015年01月13日

八ヶ岳の主峰赤岳に登ってきました。

2年前の夏、硫黄岳~横岳~赤岳の縦走を計画しましたが、赤岳展望荘までたどり着いたところで体力切れのため、下山。それ以来の宿題でした。

夏の赤岳

スタートは、入山口の美濃戸口から4時間程度登った行者小屋(週末のみ営業)です。

室内でも息が白くなるくらい冷えます(もちろん、ストーブはありますが、それでも寒い!)

トイレも、、、

トイレ内で遭難しそう・・

個室の外にはストーブが入っていますが、個室内はこのとおり。

長居すると遭難しそうです。

(続く)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2015年01月13日 10:38 ) |  メッセージを送る(0)

150周年

2015年01月08日

2014年は日本とスイスの国交樹立150周年でしたが、2015年は

1865年7月14日、英国人のエドワードウィンパーが初登頂に成功してから150周年になります。

 

ツェルマットの山岳博物館に行くと、当時のザイルなど登山用具が展示されていますが、どれも簡素なもので驚かされます。

 

今では、基本的な登山技術と体力のある方なら1泊2日で登れますが、ハイキングコース上の様々な角度から眺めるだけでも迫力の一端が分かります。

ハイキングコース途中のレストランから北壁をのぞむ(2013年撮影)

 

 

 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2015年01月08日 15:54 ) |  メッセージを送る(0)

もうひとつのリッフェル湖

2015年01月07日

逆さマッターホルンで有名なリッフェル湖ですが、すぐ近くにもうひとつ湖があるのをご存じでしょうか。

 

その名もウンターリッフェルゼー。

ウンターは英語でいえばアンダー、ゼーは湖なので、下のリッフェル湖といったところです。

ウンターリッフェルゼー(13年7月撮影)

天気がよければ、このあたりでは最も標高が高いモンテローザ(左)とリスカム(右)、その間を流れるゴルナー氷河が映ります。

 

人気のハイキングコースのため、シーズンにはたくさんのグループが連なることがあるリッフェル湖ハイキングですが、ここまで足を伸ばすグループはそんなに多くありません。

天気に恵まれればぜひ訪れてみてください。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2015年01月07日 09:29 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として紹介される。パリ駐在経験もある、フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」。百名山完登を目指す横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々や南米のウユニ塩湖。