期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

早くも夏を感じた仙丈ヶ岳

2015年05月08日

百名山の1つ仙丈ヶ岳に登ってきました。

夏は、甲府駅からバスを乗り継いで登山口北沢峠(2,032m)まで行かれますが、この時期はまだ冬季閉鎖中。

長野側から歌宿(1,830m)までバスで行き、そこから北沢峠までは徒歩です。

 

夜行バスと路線バスを乗り継いで歌宿に着いたのが6時30分。

8時15分頃北沢峠に着き、テントを設営。それから出発!

北沢峠の登山口からみても1,000mを登ることになります。しばらくは樹林帯、その後は山梨県と長野県の県境にあたる尾根を登っていきます。

 

そして森林限界を超えると、素晴らしい景色が広がっていました。

昨年登った甲斐駒ヶ岳(2,967m)と、その左には1月に登った赤岳(2,899m)

さらに歩を進めると、小仙丈ヶ岳に通じる稜線にでます。

左から北岳(3,193m)、その右が間ノ岳(3,189m)、さらに塩見岳(3,047m)

槍・穂高方面

正面に目を向けると、アルプスの女王の名にふさわしい仙丈ヶ岳のカールが。

これが見たかった!

ただ、この時期にしては雪が大変少ないです。

仙丈ヶ岳に限らず、どの山も平年より1ヶ月くらい雪解けが早く進んでいるようです。

この日は風もほとんどなかったので、夏山のように暑く感じました。

冬用の帽子、オーバー手袋は使わずじまい、ハードシェルも日中は脱いでいました。

さて、カールを越えると山頂が見えてきます。

人が立っているのが小さく見えます

が、その前に・・

緊張・・

今回の山行で心配していたナイフリッジです。

こんな感じ

が、気温が高いので雪がゆるみ、さらにほぼ無風なので問題ありませんでした。

そしてついに登頂!

奥に見えるのは木曽駒ヶ岳、宝剣岳方面

富士山、北岳、間ノ岳、木曽駒ヶ岳、穂高、槍ヶ岳、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳などなど360度のパノラマ大絶景でした。

(そのなかには昨年火山災害の起こった御嶽山も・・。しばし黙祷。。)

 

早くも夏を感じるような陽気でいつまでも山頂にいられそうでしたが、この時点ですでに14時過ぎ。

下山の時間を考えると長居もできず、後ろ髪を引かれながら山頂を後にしたのでした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2015年05月08日 07:42 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として紹介される。パリ駐在経験もある、フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」。百名山完登を目指す横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々や南米のウユニ塩湖。