期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

悠久のエジプトへ

2016年10月24日

クフ王のピラミッド

エジプトの旅を2年ぶりに再開します。

アラブの春以前にエジプトを担当していたこともあり、お気に入りの国の1つ。

4500年前に建造され今でも謎が多いギザの3大ピラミッド、ファラオの墓が集まる王家の谷、隣国との境目にエジプトの権勢を象徴するために建造された巨大なアブシンベル神殿など、毎日が観光のハイライトです。

アブシンベル神殿。近くに宿泊すれば音と光のショーも楽しめます。

そのなかでも私が好きなのは、ナイル川を往くクルーズ船上で過ごす時間。

川沿いに過ぎゆく現代の人々の暮らしや、遺跡群を眺めているだけでエジプトを実感できます。

ナイル川クルーズ船上より

来月、ツアー出発に先駆けて、弊社の担当責任者が現地の受け入れ体制の最終確認に行ってきます。

エジプト、行ってみましょう。

20年ぶりに公開 サッカラ・ウナス王のピラミッド内部にも入場する

アブシンベルにも宿泊する エジプト ナイル川クルーズ 10日間

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年10月24日 18:49 ) |  メッセージを送る(0)

モンテローザ・ヒュッテへの道 完結編

2016年10月21日

だいぶ間が空いてしまいましたが、夏に歩いてきたモンテローザ・ヒュッテへのトレッキングのレポート後編です。

前編はこちら

長いはしごを下り、怖い橋を渡り、ゴルナー氷河の急斜面を下ります。

正面には氷河越しにマッターホルンが見えます。

ゴルナー氷河を下る 8月下旬撮影

すぐ脇にはクレバスが開いています。

隠れクレバスに落ちないよう、赤いポールでルートが示されています。

クレバス

落ちたら自力では上がれないでしょうね。

クレバス帯を抜けたら、今度はマッターホルンを右手に見ながら、氷河をトラバース(横断)します。

正面にリスカム

途中のモレーンにモンテローザ・ヒュッテの文字が見えてきました。

遙か遠くに小屋も見えています。

モンテローザ・ヒュッテが小さく見えています

モンテ・ローザの山塊にとりつきました

氷河を無事渡りきると、いよいよモンテ・ローザの山塊にとりつきます。

ここまで来ると、薔薇のような山容はすっかり姿を変えてしまいます。

この池を過ぎると、最後の登りです。多少の高度感はありますが、特に危ないと感じるところはありませんでした。

リスカムとモンテローザ・ヒュッテ

やっと小屋が近づいてきました。

この小屋は数年前に全面改築されたので、とてもきれいです。トイレはもちろん水洗。

有料ですが、ホットシャワーもあります。

二段ベッドで荷物置き場もあります

写真はありませんが夕食はとても豪華。

スープもメインもスタッフがワゴンでサービスしてくれるので熱々です。しかもおかわり自由。

そして翌朝はもちろん、モルゲンロートを期待して早起きします。

もっとも、宿泊者のうち半分くらいはモンテローザに登頂するため、3時くらいに小屋を出発していきました。

(部屋割りは登頂する人としない人で分けてくれました)

果たして、、、、

モルゲンロート!

90度に折れ曲がるゴルナー氷河越しに、見事なマッターホルンのモルゲンロートを見ることができました。

苦労して登ってきた甲斐がありました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年10月21日 13:28 ) |  メッセージを送る(0)

登ってきました!途中まで。。。。

2016年10月11日

体育の日の3連休を利用して北アルプスに行ってきました。

今回の目標は、西穂高岳。

岐阜側の新穂高ロープウェイで西穂高口(2,156m)まで上がれるますが、途中からは岩登りになる難コースです。

天気予報はいまいちでしたが、一縷の望みを持って朝7時半のあずさで新宿を出発!

10時半過ぎに松本駅に着いた後、平湯温泉行きのバスに揺られること2時間。さらに新穂高ロープウェイ駅までバスを乗り継いで40分。

当たり前ですが上高地以上に遠い!地図を見ると高山や富山まですぐです。

初日はさらにロープウェイで西穂高口まであがり、そこから西穂山荘(2367m)を目指します。3連休初日でしたが、あいにくの天気と天気予報ということもあり、空いていました。

さて、翌日!やっぱり雨。。9時頃から好転するという天気予報(山小屋の支配人の方が気象予報士の資格をお持ちで、詳しく説明してくれました!)だったので、出発を8時半に遅らせて、山小屋を出発。

が、なかなか天気は好転せず、予報通りの約20mという強風。。

山小屋から約1時間の独標(約2701m)以降は、岩をつかんで細い稜線を上り下りするコースなので、

強風に吹かれては滑落の危険が伴います。残念ながら今回のピークはここまでとし、下山。

昨年の体育の日の連休も涸沢までいきながら強風で北穂高岳をあきらめたので、北アルプス2連敗です。なかなか連休と好天がかみ合いません。これも山なので仕方ないです。

次回に期待!

独標

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2016年10月11日 19:49 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として紹介される。パリ駐在経験もある、フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」。百名山完登を目指す横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々や南米のウユニ塩湖。