期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

マムート・カー

2017年02月24日

シャモニーにて

シャモニーで見かけたマムートのラッピングカーです。

マムートはスイスのメーカーですが、クライマーのメッカ・シャモニーにも

もちろんお店があります。

マンモスがトレードマーク。

シャモニーのあるフランスの登山用品メーカーで人気なのはミレーですね。

ミレーはエギーユ・デュ・ミディ展望台のスタッフのユニフォームに、マムートはユングフラウ登山鉄道や

ゴルナグラート登山鉄道、モンテローザ・ヒュッテ(山小屋)のスタッフのユニフォームになっています。

いずれも日本でも買えますが、本場で買うと何となくありがたみがあります。

私もツェルマットで買ったヘルメットを愛用しています(日本では滅多に出番はありませんが)

登山に興味がない方でも、スイスの山容の迫力には圧倒されます。

何よりも、蒸し暑さとは無縁の透きとおった空気に触れるだけでもリフレッシュ間違いなし。

今年の夏はスイスへGo!

スイスのツアー一覧(個人旅行もあります)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年02月24日 08:12 ) |  メッセージを送る(0)

遅ればせながら登頂報告

2017年02月21日

昨年、夏季休暇を使ってアルプスの山に登ってきました。

いつも展望台から眺めるだけだった山にいつか登りたいと思っていたので、念願かないました。

登った山は、4000m峰のなかで最も難易度が低いであろう、ブライトホルンです。

標高4164mですが、グレイシャーパラダイス展望台3883mから登り始めますので、半日程度で日帰りできます。

看板

観光客やスキー客が安全に歩けるエリアと、登山者のみが自己責任で立ち入るべきエリアとの境目をしめす看板です。

左手前の山がブライトホルン。つづいて、ポリュックス、カストゥール、リスクカムと続きます。みな4000m峰です。

登っている途中

とりつきまでしばらくは平らな雪の上を歩いていきますが、標高4000m近いので息が上がります。

登り始めるとこんな様子です。

かなりの傾斜がありますので、アイゼンをつけてジグザグに登っていきますが、1箇所だけ

岩を超える場所があり、緊張します。

山頂

山頂はこんな様子。

左側はゴルナー氷河まで切れ落ちています。なので、多くの登山者は、ガイドとザイルをつないていました。

スケールは違いますが、先月登った武尊山の剣が峰と非常に良く似ています。

ブライトホルン山頂からモンテローザを望む

モンテローザ方面です。

猫の耳のような形をしています。

この日は天気が本当に良く、気温はマイナス8度くらいでしたが日差しが暖かいくらいでした。

この休暇を利用して、普段のツアーで行かないようないろいろな場所を見てきました。

それを活かして、「2度目のスイス周遊」という旅を企画しました。

これまでありそうでなかった、滞在地は一般的なスイスのツアーと同様ながら、観光場所・展望台を2度目の方向けにアレンジしました。

モンブランや、ユングフラウ3山、マッターホルンなどを違った角度からたのしみます。

観光はハイキングと、ハイキングをされない方向けの観光を選べるようにしました。

ハイキングはハイキングガイドが、観光はツアー責任者がご案内します。

全都市3連泊でめぐる2度目のスイス周遊 11日間

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年02月21日 16:19 ) |  メッセージを送る(0)

スイス絶景ハイキング!

2017年01月30日

エーデルワイスの記事がたいへん好評だったので、続けてスイスのネタを。

日本の山の場合、基本的には登山口から山頂までほぼ全て歩いて登らないといけません。

スイスは、ケーブルカーや登山列車で森林限界線より高い場所に行かれますので、苦しい思いをして登らなくても、お散歩気分で絶景が楽しめます。

逆さマッターホルンだって、駅から5分くらい歩けばこんな感じで見えます。

リッフェル湖(8月下旬撮影)

ハイキングではなくお散歩程度でこの景色が楽しめます。

もちろん、ちゃんと歩きたい方は、1時間くらいのものから3時間以上までハイキングコースが無数にあります。

そしてそのほとんどが森林限界より高い場所にあるので、アルプスの山々を眺めながら歩けるのです。

ほんとに贅沢です。

今年の夏は、スイスをお散歩してみませんか?

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年01月30日 11:52 ) |  メッセージを送る(0)

エーデルワイスの見頃

2017年01月18日

スイスのもっとも人気のシーズンは、6月下旬~7月中旬です。

この時期、高山植物のお花が色とりどり咲き乱れます。

アイガーグレッチャー駅からウェンゲン方面へ下ったところ

同じような景色を日本でご覧いただくためには何時間もハイキング(登山)しないといけませんが、登山列車で簡単に登れてしまいます。

なかでも1番人気はエーデルワイス。スイスの国花でもあります。

しかしながら、エーデルワイスは簡単には見つけられません。登山列車等の駅の周辺には咲いていないのです。

ただ、例年咲いている場所はほとんど変わらないので、ご希望の方をお連れしています(ちょっと歩きます)

エーデルワイス

見頃は例年6月ですが、年によっては8月くらいまで花が残っていることもあります。

エーデルワイスをどうしても見たい!という方は、6月中の出発日がお勧めです。

これから2月中旬くらいまでが、スイス旅行が最もお申込みが集中する時期です。どうぞお早めに!

スイスの旅一覧はこちらへ。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年01月18日 09:30 ) |  メッセージを送る(0)

セビリアの名門

2016年11月01日

アルフォンソ13世

今年ゴールデンウィークにご一緒したスペインのツアーで滞在したセビリアのホテル『アルフォンソ13世』

その名の通り、スペイン国王が当地で開催した博覧会の際に、国賓を宿泊させるために建てさせたホテルです。

旧市街の入り口の広場に位置するので、自由行動の際に散策や馬車に乗ったりするのにもとても便利。

内装もどことなく異国情緒があって、華やかです。

モザイクが美しい階段

素敵なホテルでも滞在時間が短いと十分に楽しめませんが、今回のツアーでは2泊して自由行動もあるくらいだったので、のんびり。

マドリッドのリッツや、バルセロナのパラスホテルに比べれば知名度はありませんが、食事の美味しさやスタッフのサービスなど全ての点において引けをとらない素晴らしいホテルで、ヨーロッパのなかでも指折りのお気に入りです。

【年末年始限定】日本航空で往くスペイン夢紀行 8日間

催行決定!ビジネスクラスの残席あります(11/1現在)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年11月01日 17:48 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの番組「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として紹介される。
観光局認定の資格を持つスイス、ベルギーと、駐在経験もあるパリのほか、南アフリカやナミビアなど南部アフリカの国々やウユニ塩湖も得意。
休日は山にこもる横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■プロフィール
スイス政府観光局認定スイス・スペシャリスト。フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」。
また、2014年10月と2015年3月、2016年3月の3回、日本テレビの番組「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として紹介されました。

生まれも育ちも横浜の生粋の浜っこ。浜っこの特性は、「進取性、開放性が高く、因習にとらわれない」(横浜市のホームページより) 要するに、新しいもの好きということでしょうか。常に新しい楽しみや方法を探すのは、仕事でも心がけています。

■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々や南米のウユニ塩湖。