期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

3度目の正直

2017年05月18日

5~6年前から始めた登山ですが、いまのところ同じ山に挑戦したのは1か所だけです。

それが、北穂高岳。

穂高岳として100名山になっていますが、奥穂高、前穂高、北穂高と穂高の名のついている山頂は3つ

あります。

最も高い奥穂高岳は最初の挑戦で登頂しましたが、北穂高岳は最初の挑戦は中腹までさしかかったところで雷雨のため撤退。

2回目は一昨年秋でしたが、登山口の涸沢カールまで行ったところで暴風雨のため撤退。

そして3回目の今年、ようやく山頂を踏むことができました。

涸沢ヒュッテから見た北穂高岳(左から2番目のピーク)

涸沢ヒュッテに泊まり、翌朝4時にヒュッテを出発。

今年は気温が高いので、雪が緩むと歩きにくいうえに雪崩の危険もあるということ。

前穂高岳のモルゲンロート

夏道と違い、冬道は直答。

斜度はこの写真のような感じです。左下にテントが小さく見えます。

いつか登りたい前穂が朝焼けに染まります。

右後方を振り返ると、3年前に登った常念岳と常念小屋、その手前には北穂の東稜とそこを登るパーティが見えます。

ピラミッド型の常念岳

この日はヘリコプターがたびたび飛んでいました。

奥穂で雪崩があったり、前穂では滑落事故があったようです。

北穂の山頂はあいにくガスで視界はあまりありませんでしたが、涸沢から登り4時間弱、下り2時間強の道中では、南アルプスや富士山、浅間山などがきれいに見え、大満足でした。

吊り尾根と。

昨年12月にニュージーランドのマウントクック国立公園でお世話になったガイドさんが、

夏は穂高岳山荘で働いているというので、今度は岳沢小屋から前穂高、吊り尾根を通って

奥穂高岳、穂高岳山荘の周回ルートを歩いてみたいと思います。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2017年05月18日 14:49 ) |  メッセージを送る(0)

快晴の「ほたか」へ

2017年01月31日

週末に、ほたかに登ってきました。

ほたかはほたかでも、穂高岳ではなく武尊山です。

武尊と書いてほたかと読みます。

谷川岳よりやや南、群馬県にあります。

1/28(金)

7:48 東京駅発の上越新幹線で上毛高原へ。

9:00 上毛高原着後、川場スキー場の無料送迎車でスキー場へ。

9:50 川場スキー場着。

    登山者用のリフト券を購入し、スキー客と一緒に乗り継いで山上へ。

11:00 いよいよ登山開始!

    他に登山者の姿はなく、背中に視線を感じながら登っていきます。

    行程中最大の難所がこちら。剣が峰と名付けられた痩せたピークです。

    登りはなだらかですが、山頂は幅がなく、左右が数百メートル切れ落ちています。

    そして剣が峰を乗り越しての下りは、アイゼンとピッケルを効かせながらクライムダウンで下ります。滑落したら止まらなそうなので緊張。。

振り返るとこんな感じ。

剣が峰。人が立っているところが頂上で、そこからこちら側に下るのですが、下りは怖い!

12:20 ようやく武尊山本体が見えてきました。

遠くに見える高い場所が頂上です

近づいてきました

ここからが正念場。

気温は-5℃ですが風が弱まると、全く寒くありません。

帰りの送迎車の時間を考えながら進みます。

13:10 頂上着。

武尊山山頂

あまりに寒くて写真がありませんが、浅間山、八ヶ岳、富士山などなど、360度の絶景でした。

山頂付近より浅間山と八ヶ岳方面

帰り道に剣が峰でパチリ。

現在の冬山フル装備

左右ともかなり切れ落ちていて、昨夏に登ったスイスのブライトホルンのようでした。

15:00 無事帰着。

16:00 スキー場の送迎車で上毛高原駅へ。翌日の天気予報次第で、水上温泉あたりに1泊し、谷川岳に挑戦しようと思いましたが、ホテルが1室も空いておらず断念。。

谷川岳は数年前の12月に登っていますが、悪天候で視界ゼロでした。リベンジならず。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2017年01月31日 14:12 ) |  メッセージを送る(0)

年末のご挨拶の後ですが、、、登ってきました

2016年12月27日

年末のご挨拶をしたばかりですが、クリスマスの山行のご報告を。

昨シーズンは1回も冬山に行かれなかったので、今シーズンの到来を楽しみにしていました。

12/22(木)が忘年会だったことと、12/23(金)の天気予報がいまいちだったので、12/24~25の土日に登ることに決定。

営業している山小屋と、地域ごとの天気予報を見ながらぎりぎりまで山を迷っていました。

結局、八ヶ岳山系の天狗岳(2,645m)にしました。

茅野駅から路線バスで渋ノ湯へ。登山口から約2時間半で黒百合ヒュッテに到着。

黒百合ヒュッテ

ほぼ満員に近い状態でした。翌日の天気に期待して20時消灯。

さて、翌日の天気は、う~ん、いまいち。

めげずに、クリスマス登山スタート!

こんなところを登りました。

分かりづらいですが、かなりの急傾斜です。ピッケルとアイゼンを効かせながら登ります。怖い方は巻き道もあります。

気温はマイナス10度。くわえて強風で手袋の下の指もかじかみます。

ただ、日が昇ってくるにつれ、だんだんと青空が広がってきました。

そして、、、

北アルプスの山々が勢揃い!

青空の下、北アルプスがきれいに。

槍ヶ岳、穂高など。写っていませんが笠ヶ岳、乗鞍、御嶽山、木曽駒ヶ岳などなど。

久しぶりのピッケル、アイゼン歩行も楽しめました。

追伸

下山途中に、デジカメを落としてしまいました。気がついて、探しに戻るか諦めるか悩んでいるとき、後続の方が拾って届けてくれました。

写っている人物を見れば、すれ違った人か先行者か分かるのでは?とアドバイスしてくれた方が別にいて、その人が私の写真を見て先行者だと教えてくれたんだそうです。

おかげさまで無事にカメラが手元に戻りました。

このブログをご覧になることはないかもしれませんが、本当にありがとうございました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年12月27日 19:29 ) |  メッセージを送る(0)

今年初の快晴に恵まれました

2016年11月14日

100名山15座めのみずがき山(2,230m)に登ってきました。

紅葉はピークを少し越えたくらいでしたが、日本の山で今年初めての晴天に恵まれ、絶景を楽しんできました。

JR韮崎駅から登山口までバスが走っていますが、行程の自由度を優先して車で登山口へ。往路は東京から約2時間少々。

山頂に近づけば近づく近づくほど登りが急になりますが、久しぶりの好天でテンションも高くコースタイムより30分以上早い3時間弱で頂上着。

みずがき山山頂(11/13撮影)

山頂の標識の右側に、以前登った仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳が見えています。

標識の奥には北岳など白根三山が見えました。

さらに、

みずがき山山頂から八ヶ岳

夏・冬と2度登った八ヶ岳。

そして、、

圧倒的な存在感

すっかり雪をまとって白くなった富士山!

他にも、木曽駒ヶ岳や御嶽山、穂高連峰、浅間山など、これまで登った山々が一望できました。

なお、山行は往復6時間(2度の大休止含む)でしたが、帰りに中央道の大渋滞にはまり所要6時間....

相変わらずの大渋滞には参りましたが、大満足の山行でした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2016年11月14日 18:44 ) |  メッセージを送る(0)

登ってきました!途中まで。。。。

2016年10月11日

体育の日の3連休を利用して北アルプスに行ってきました。

今回の目標は、西穂高岳。

岐阜側の新穂高ロープウェイで西穂高口(2,156m)まで上がれるますが、途中からは岩登りになる難コースです。

天気予報はいまいちでしたが、一縷の望みを持って朝7時半のあずさで新宿を出発!

10時半過ぎに松本駅に着いた後、平湯温泉行きのバスに揺られること2時間。さらに新穂高ロープウェイ駅までバスを乗り継いで40分。

当たり前ですが上高地以上に遠い!地図を見ると高山や富山まですぐです。

初日はさらにロープウェイで西穂高口まであがり、そこから西穂山荘(2367m)を目指します。3連休初日でしたが、あいにくの天気と天気予報ということもあり、空いていました。

さて、翌日!やっぱり雨。。9時頃から好転するという天気予報(山小屋の支配人の方が気象予報士の資格をお持ちで、詳しく説明してくれました!)だったので、出発を8時半に遅らせて、山小屋を出発。

が、なかなか天気は好転せず、予報通りの約20mという強風。。

山小屋から約1時間の独標(約2701m)以降は、岩をつかんで細い稜線を上り下りするコースなので、

強風に吹かれては滑落の危険が伴います。残念ながら今回のピークはここまでとし、下山。

昨年の体育の日の連休も涸沢までいきながら強風で北穂高岳をあきらめたので、北アルプス2連敗です。なかなか連休と好天がかみ合いません。これも山なので仕方ないです。

次回に期待!

独標

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山智 ( 2016年10月11日 19:49 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として紹介される。パリ駐在経験もある、フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」。百名山完登を目指す横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々や南米のウユニ塩湖。