期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

山口瞳ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

縁あって今年も!

2017年07月06日

ついこの前ゴールデンウィークが過ぎたと思ったら、あっという間に7月です。
そうこうしているうちにもうすぐお盆のシーズンを迎えます。
ピーク時の添乗は毎年のことなので、今年はどこへ行くのだろう~と
楽しみにしていた矢先、決まりました。

■8月11日(金)発
コッツウォルズの優雅なマナーハウスに2連泊
スコットランド・イングランドの旅 10日間

昨年も同時期・同コースに添乗しました。
2年連続で行けるとは、これも縁です。

このツアーの目玉はミリタリータトゥー!
スコットランド最大の祭典と言われている大イベントで、世界中からこれを楽しみに人々が集まります。
昨年のミリタリータトゥー、クライマックス(撮影:山口)夏とはいえ、北海道よりはるか北、モスクワとほぼ同じ緯度のため、夜はとっても冷え込みます。
ご参加の皆様、8月ですがダウンコートお持ちくださいね。寒がりな方はホッカイロもあると良いです。

全体的にのんびり、ゆったりとしたツアーです。
お仕事をされている方が多いので、この10日間は日頃の忙しさを忘れて、
リフレッシュしていただきたいと思っています。

その前に、明日からスイスへ行ってきます。
早くフレッシュな空気に包まれたい!
どうか、お天気に恵まれますように。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2017年07月06日 17:28 ) |  メッセージを送る(0)

ステキなグレートブリテン!

2016年09月01日

ベストシーズンのスコットランド、イングランドより帰国しました。

時期的にリオオリンピックを気にしながらの10日間、
スコットランドではミリタリータトゥーに感激し、
イングランドでは田舎時間に合わせ、私達もの~んびり、ゆ~ったりとした時間を過ごしました。

緯度が高いことから、ベストシーズンといっても涼しく、時には寒いほど。
ですが、最後のロンドンでは32℃という稀にみる暑さでしたが、これもまた良い思い出です。
涼しい夏っていいですね。

では、写真で振り返ります。
ミリタリータトゥー(撮影:山口)バグパイプ奏者(撮影:山口)ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターが暮らしたヒルトップの庭(撮影:山口)白壁に黒い木枠の家々が印象的なチェスター(撮影:山口)ヒースの花、咲いてました!(撮影:山口)パブでのひととき(撮影:山口)優雅なアフタヌーンティーの時間(撮影:山口)お・ま・け(撮影:山口)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2016年09月01日 15:06 ) |  メッセージを送る(0)

大興奮!ミリタリータトゥー

2016年08月19日

8月のスコットランド・エジンバラは1年で最も賑わう月。
1950年から毎年欠かすことなく開催されるミリタリータトゥーをはじめ、
各地で様々なフェスティバルが催されます。
今回はミリタリータトゥー観賞に合わせてのツアー。
スコットランド伝統のタータンチェックキルトを身にまとった兵士達が
バグパイプの音色とともに行進する姿に、
歌や踊りのパフォーマンスや花火も加え、とっても華やか!
そしてバックのエジンバラ城にプロジェクションマッピングの演出。
会場は大迫力に包まれ、最後はスコットランド民謡の"蛍の光"を全員で熱唱。
気温一桁であることを忘れるほどの大興奮の夜でした。 撮影:山口

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2016年08月19日 05:13 ) |  メッセージを送る(0)

明日より英国へ!

2016年08月15日

明日より英国の添乗へ行ってまいります!

■8月16日(火)発
誇り高きスコットランドと伝統のイングランドをめぐる旅 10日間

"英国で最も美しい村"と賞賛されたバイブリー(撮影:山口)

今回の目玉は何と言ってもスコットランド最大の祭典、ミリタリータトゥー
ライトアップされたエジンバラ城にてタータンチェックのキルトを身につけた兵士達が
バグパイプの音色とともに行進する圧巻のイベントです。
1950年から続くこの時期限定のミリタリータトゥーを観に、きっとたくさんの方が訪れることと思います。
このツアー前半の楽しみです。

もちろんミリタリータトゥー以外にも、英国らしい要素を盛り込んだ10日間。
ご参加の皆様、よろしくお願いします!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2016年08月15日 16:39 ) |  メッセージを送る(0)

どうなる?ユニオンジャック

2014年09月16日

先日、英国より帰国しました。
今年は珍しく9月にしては気温が高く、晴天も続き、ラッキーなことばかり!
湖水地方、コッツウォルズ、首都ロンドン、どれも良いコンディションの中で
お楽しみいただくことができました。
バッキンガム宮殿の衛兵交代式(撮影:山口)
あまり良いイメージのないイギリス料理ですが、そんなのとうの昔の話。
そんなイメージも払拭される、どれもレベルの高いお料理でした。
特にイギリスならではのアフタヌーンティー。
貴婦人になった気分で上品なひとときを楽しみました。アフタヌーンティー(撮影:山口)そして現地滞在中も話題だったスコットランド独立問題。
独立が決まれば国旗「ユニオンジャック」も当然変わるわけで。
ご存知の通り、ユニオンジャックはイングランド、スコットランド、北アイルランドの
3つの国旗を組み合わせたもの。
ウェールズはユニオンジャックが作られる前に合併されたため、国旗には反映されていませんが
もしスコットランドが独立となるとウェールズの国旗も一部反映されるのでしょうか?
色々な意味で数日後の住民投票がとても気になります。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2014年09月16日 14:59 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

山口瞳

(やまぐちひとみ)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索

山口瞳 プロフィール

小柄な見た目とは裏腹に、相当なアクティブ人間。好きな国は長期留学もしていたカナダと観光局認定の資格も持つスイス。休日はヨガに没頭する。新潟出身千葉育ち。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と一緒に旅を楽しみ、共に過ごす時間を大切にすること

■好きな国・地域
欲張りなので、世界中どの国も好き!
と言いつつ、1番はカナダ

■趣味・特技
スノーボード、写真、路地裏めぐり、最近はウォーキングも日課です