期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

山本光一ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

リマで泥酔!?したくなる気分

2016年05月15日

リマといえば、シーフード

(撮影 山本)

旅の終わり。

乗り継ぎのリマで、時間がありましたのでお食事にでかけました。

しばらく、二重内陸国のボリビア、山間部のクスコやマチュピチュそしてウユニ塩湖にいましたので、

ここはやはり、シーフードとワインで盛り上がりました。

ペルーの名物セビーチェや、魚介などをご紹介しましたが、

一番消費したものは、ワインでしたね。

そう!標高が0メートルレベルまで降りてきた爽快感とともに乾杯しました。(私以外)

リマ空港までの車中は、皆様熟睡でしたね。

いまふりかえっても、皆様よくお休みでしたね!

でも、途中ほんの一瞬ですが横並びになった乗用車から声をかけてきた陽気な家族の笑顔が、私は忘れられません。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山本光一 ( 2016年05月15日 00:00 ) |  メッセージを送る(0)

ラパス月の谷でバードウォッチング

2016年05月14日

ラパスの月の谷で、偶然見かけました。

名前は聞きませんでしたが、見とれてしまいました。

アンデスの鳥でしょうか?

お客様はどちらかというと、男性人は隣のゴルフ場に、

女性陣は撮影にと夢中でしたね。

私は、エル コンドル パサ♪を口づさんでいました。

(撮影 山本)

顔のきれいな発色ですね

こちらの顔の発色も綺麗:マダラコシジカラカラ

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年05月14日 00:00 ) |  メッセージを送る(0)

アンデス音楽に酔いしれる

2016年05月12日

この奏者は抜群でした!

(撮影 山本)

お客様のご希望にもあった、アンデス音楽を楽しむこと。

途中、ペルーでも生演奏を聴く機会はありましたが、

最後、ボリビアのラパスで民族舞踊とともにお楽しみいただきました。

印象的な仮面や衣装も素晴らしいですが、私はこの奏者に釘付けでした。

アンデスの楽器のなかでも好きな、サンポーニャ。

アイマラ語でシークと呼ばれるこの楽器は、さらに細分化された呼称があります。

あのリズムと音色が忘れられません。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山本光一 ( 2016年05月12日 00:00 ) |  メッセージを送る(0)

ラパスでちょっと乾杯

2016年05月10日

キヌアのパエリア 巨大アルゼンチン牛ステーキ お気に入りは、ババロア

(撮影 山本)

ラパスに到着し、ひと息。

旅の二大メイン、マチュピチュ遺跡とウユニ塩湖をお楽しみいただき、

高山病の心配もうすまり、ラパスで少し気軽に食事しました。

まだ3,000メートルを越えている土地ですが、高度順応を繰り返していた皆様だけに、

体調も万全でした。 

高山病対策で、ウユニ塩湖宿泊時は食事も控えめでしたが、ここではお酒も食事も。

旅の達成感とともに、盛り上がった一晩でした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山本光一 ( 2016年05月10日 00:00 ) |  メッセージを送る(0)

ラパスの空中散歩

2016年05月09日

ラパスの空中散歩

(撮影 山本)

標高4,000メートル以上のエル・アルトからラパスへの移動。

庶民の足でもあるテレフェリコ。

ラパスのホテルへ向かう際に、空中散歩をお楽しみいただきました。

すり鉢状のラパスの町並みを、空中からご覧いただけました。

K様の忘れていたご希望だったようで、輪をかけてよかったです!

イエローラインとグリーンラインの2路線を満喫いただきました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山本光一 ( 2016年05月09日 00:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

山本光一

(やまもとこういち)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

グランシェルジュCAFE
表参道通信
世界のパンをご紹介
ご挨拶
ご参加のお客様へ
ライヴ!グランドツアー
西欧
イタリア
フランス
スイス
スペイン・ポルトガル
ドイツ・オーストリア
オランダ・ベルギー
イギリス・アイルランド
東欧
スロヴェニア・クロアチア
チェコ・スロヴァキア・ハンガリー
ポーランド
ルーマニア・ブルガリア
アルバニア・マケドニア・ボスニア・ヘルツェゴビナ・モンテネグロ
北欧・オーロラ・ロシア
北欧
アイスランド・グリーンランド
ロシア・バルト3国
北極
オーロラ
中南米
南米周遊
ペルー
リオのカーニバル
ウユニ塩湖
ガラパゴス諸島・イースター島
メキシコ・キューバ・パナマ運河・コスタリカ
中近東・中央アジア
トルコ
シリア・ヨルダン
イスラエル
中央アジア諸国・トルクメニスタン・イラン
コーカサス3国
アラビア半島(オマーン・アラブ首長国・ドバイ・カタール)
アフリカ
南部アフリカ
東部アフリカ
マダガスカル
エジプト
アジア・中国
インド・ネパール・スリランカ
ブータン
カンボジア・ベトナム
タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア(バリ島)・ブルネイ
台湾
中国・中央アジア・シルクロード
オセアニア
ニュージーランド
オーストラリア
タヒチ・バヌアツ・クック諸島(南太平洋の島々)
北米・ハワイ
カナダ・アメリカ

検索

山本光一 プロフィール

ダナキル砂漠といった秘境地域を含め、訪問国は100か国以上。
豪華客船クルーズ乗船経験は20回以上あり、社内で一番詳しい。
アクセス数No.1のブログは旅に行きたくなると定評がある。
趣味は四国の自然を歩いて楽しむこと。
長野生まれ埼玉育ち。

------------------------------
■プロフィール
高校生の時に、初めて訪れた中国でカルチャーショックを受けるとともに、添乗員という職業を目の当たりにし憧れる。一人旅にも夢中になり、西アフリカのドゴン族の村まで旅しました。欧米諸外国、秘境、豪華客船など、どんな旅でもご案内いたします。

■添乗モットー
時には強引に、時には静かに待つ。

■好きな地域と都市
地域 地中海沿岸全て・中東・西アフリカ・
ポリネシア・スペイン語圏・インドシナ半島

都市 シエナ・バクタプル・上海
・ワイキキ・パリ・フィンチレイ
・モプティ・カイロ・京都

■特技&趣味
特技:どこでもよく眠り、どこでもよく食べ、どこでもよく笑う。
趣味:四国の自然を歩いて楽しむこと。